松永エリック・匡史

青山学院大学 地球社会共生学部 教授 学部長 15歳からプロミュージシャンとして活動。…

松永エリック・匡史

青山学院大学 地球社会共生学部 教授 学部長 15歳からプロミュージシャンとして活動。外資系コンサルでパートナーを歴任後、19年青山学院大学 教授に就任、アーティストの感性を生かし「アーティスト思考」を提唱。共感と創造の場「エリックゼミ」で社会課題の解決に挑む。23年4月より現職

マガジン

  • エリックゼミ 変革の軌跡/松永エリック・匡史と変革のメンバー

    • 142本

    青山学院大学教授で音楽家そしてビジネスコンサルタントの松永エリック・匡史とともに、世界を変革していくメンバーたちが、活動の軌跡をアップしていきます。 「直観、共感、官能 思うままに創造し、未来をトランスフォームする」  Z世代の情報発信、エンタテインメントの変革、社会課題の解決、クリエイティブ思考、など http://ericmatsunaga.jp/

  • 青学 エリック学部長/直感・共感・官能で世界を変える!

    青山学院大学 地球社会共生学部 教授 エリック 学部長です。エリックゼミで活動していること、青山学院大学や地球社会共生学部に関すること、日々の活動などを書いていきます。フォローお願いします! ---------------------- 松永 エリック・匡史/青山学院大学 地球社会共生学部 教授 学部長 幼少期を南米で過ごしプロミュージシャンとして活動、バークリー音楽院出身。アクセンチュア、デロイトトーマツ コンサルティング、PwCコンサルティングなどでパートナーを歴任。現在も大手企業を中心にDXなどのコンサルを行う。2019年青山学院大学 地球社会共生学部 教授に就任、自らのアーティストの感性を生かした「アーティスト思考」を提唱。学生と社会人の共感と創造の場「エリックゼミ」において社会課題の解決に挑む。2023年4月より同学部長就任。事業構想大学院大学 特任教授。聖ステパノ学園 理事

  • アーティスト思考:青学フレッシャーズ・セミナー

    青学フレッシャーズ・セミナーの講座「アーティスト思考」の補足記事です。

  • エリック教授の超音楽的映画論

    No Music, No Life ! 音楽にはストーリーがあります。人はストーリーに感動し、感動から様々な事を学びます。ところが音楽でもサブスクのサービスが一般的になり、音楽が水道水のように聴き流されるのではないかと一音楽を愛するものとして心配してます。ここでは、様々なミュージシャンを描いた映画を介し、楽曲の背景に潜む感動のストーリーから音楽の深みを感じていただきたいと思います。

最近の記事

会議を制する者がビジネスを制す 『バリューのことだけ考えろ』#3

本記事は、私の新著 『バリューのことだけ考えろ』(2024年6月30日発売) からの抜粋です。 私は20年以上、アクセンチュア、デロイト、PwCといった大手コンサルティングファームでキャリアを積み、最終的にはパートナーにまで上り詰めました。 その経験を通じて培った思考法を、これからのAI時代を生き抜こうとするビジネスパーソンの皆さんに伝えたいと思いました。 単なるコンサルティングスキルの解説にとどまらず、すべてのビジネスパーソンが自らの市場価値を高め、キャリアを築いてい

    • 「ワークライフバランス」は罠かもしれない 『バリューのことだけ考えろ』#2

      本記事は、私の新著 『バリューのことだけ考えろ』(2024年6月30日発売) からの抜粋です。 私は20年以上、アクセンチュア、デロイト、PwCといった大手コンサルティングファームでキャリアを積み、最終的にはパートナーにまで上り詰めました。 その経験を通じて培った思考法を、これからのAI時代を生き抜こうとするビジネスパーソンの皆さんに伝えたいと思いました。 単なるコンサルティングスキルの解説にとどまらず、すべてのビジネスパーソンが自らの市場価値を高め、キャリアを築いてい

      • 「コンサル2万人時代」で生き残れる人、生き残れない人 『バリューのことだけ考えろ』#1

        本記事は、私の新著 『バリューのことだけ考えろ』(2024年6月30日発売) からの抜粋です。 私は20年以上、アクセンチュア、デロイト、PwCといった大手コンサルティングファームでキャリアを積み、最終的にはパートナーにまで上り詰めました。 その経験を通じて培った思考法を、これからのAI時代を生き抜こうとするビジネスパーソンの皆さんに伝えたいと思いました。 単なるコンサルティングスキルの解説にとどまらず、すべてのビジネスパーソンが自らの市場価値を高め、キャリアを築いてい

        • Passion for Participating in Rainbow Pride 2024

          Rainbow Pride 2024 was held at Yoyogi Park this year again. The theme was "Never give up until we change." While the awareness of sexual minorities is increasing in Japan, Japan is the only country among the seven industrialized countries (

        会議を制する者がビジネスを制す 『バリューのことだけ考えろ』#3

        マガジン

        • エリックゼミ 変革の軌跡/松永エリック・匡史と変革のメンバー
          142本
        • 青学 エリック学部長/直感・共感・官能で世界を変える!
          15本
        • アーティスト思考:青学フレッシャーズ・セミナー
          1本
        • エリック教授の超音楽的映画論
          2本

        記事

          エリックゼミのレインボープライド参加に向けた熱い想い

          エリックゼミは毎年、レインボープライドに参加しています。今年もレインボープライド2024が今年も代々木公園で開催されました。テーマは「変わるまで、あきらめない。」日本は、性的少数者の認知度が高まる一方、先進7カ国(G7)で唯一、同性婚や国レベルのパートナーシップ制度を導入していません。レインボープライドの盛り上がりは良いことですが、改めてレインボープライドとは何かをエリックゼミとして考えなおす貴重な機会でもあります。 レインボープライドは、1969年のニューヨークのストーン

          エリックゼミのレインボープライド参加に向けた熱い想い

          アーティスト思考#1:人生を選ぶのは自分しかない、誰のせいにもできない。RHYMESTERが訴える哲学。

          RHYMESTER(ライムスター)は、日本のヒップホップシーンにおける重要な存在であり、1993年にMC 宇多丸、MC Mummy-D、DJ Jinの3人によって結成されました。彼らは、日本語ラップの先駆者として、その独自のスタイルとクオリティの高い楽曲で多くのファンを魅了しています。RHYMESTERの楽曲は、幅広いテーマを扱い、時には社会問題や政治的なメッセージを込めた曲もありますが、同時に日常生活や個人の成長に焦点を当てた楽曲も披露しています。彼らの音楽は、耳に残るフッ

          アーティスト思考#1:人生を選ぶのは自分しかない、誰のせいにもできない。RHYMESTERが訴える哲学。

          2024年第100回箱根駅伝青山学院大学優勝と原監督&エリックの共感

          2024年の箱根駅伝、青山学院大学が2年ぶり7回目の総合優勝を見事に果たしました。往路は、青山学院大学が2区では私の所属する地球社会共生学の黒田朝日さんが区間新記録をマークするなど、各区で好走し、1時間06分13秒でトップに立ちました。復路では、青山学院大学が各区でさらにリードを広げ、10時間41分25秒の大会新記録でフィニッシュ。今大会は、箱根駅伝100回目の記念大会として開催され、多くの観客が沿道で応援しました。また、テレビの平均視聴率は、往路が15.7%、復路が17.5

          2024年第100回箱根駅伝青山学院大学優勝と原監督&エリックの共感

          障がいのあるピアニストとヤマハの最先端技術が、崇高で素晴らしい音楽を生み出した奇跡のコンサート『だれでも第九”』

          12月21日、サントリーホールで奇跡が起きました。ヤマハが最先端の技術を使って音楽家たちの情熱を引き出しました。生まれつき欠指の障がいを持つ東野寛子さん、先天性ミオパチーという筋肉の難病で身体を動かすことが難しい古川結莉奈さん、生後間もなく脳性麻痺と診断され両手足に障がいがある宇佐美希和さん。今回のコンサートを彩る最高のピアニストたちです。 今回、彼女たちに最高の演奏を奏でさせた裏の立役者は、ヤマハの最先端技術である「だれでもピアノ」。これは、単なる自動演奏装置ではありませ

          障がいのあるピアニストとヤマハの最先端技術が、崇高で素晴らしい音楽を生み出した奇跡のコンサート『だれでも第九”』

          話題の神山まるごと高専と青山学院大学GSC生が発案した新サービスをサステナブルに提供する方法を議論する共同授業を開催

          私の担当する英語授業”International Business Strategy”では17名の交換留学生を含む66名が国際経営戦略を学んでいます。この授業では10のグループに分かれグループワークを中心に新規サービス・商品を考え出し、アンゾフやポーターのビジネスフレームワークを活用し戦略策定を行っています。 先週より現代の事業戦略に必要なサステナブルな経営の重要性からESGを学び、各グループの戦略にESGの視点で重要と思われるテーマを設定する議論を行っています。今回12月

          話題の神山まるごと高専と青山学院大学GSC生が発案した新サービスをサステナブルに提供する方法を議論する共同授業を開催

          人間は皆、罪人なのか?性被害者の叫びをエリックゼミはどう感じたのか?             -2月9日公開『一月の声に歓びを刻め』の三島有紀子監督とエリックゼミが魂のディスカッション-

          性被害者が罪の意識を持つこと。この耐え難い現実を皆さんは知っていますか? 性被害者が罪の意識を抱く問題は、複雑で深刻な問題です。この問題の背後には深刻な心理的影響が存在します。まず、社会的なスティグマと非難が挙げられます。性被害者はしばしば無実の罪の意識を課せられ、社会的なプレッシャーや他者からの非難を恐れ、自分を責めることがあります。これが罪の意識を生む一因となります。 また被害者は何か悪いことをしたのではないか、なぜ自分が被害に遭ったのかといった疑問に自問自答し、自分

          人間は皆、罪人なのか?性被害者の叫びをエリックゼミはどう感じたのか?             -2月9日公開『一月の声に歓びを刻め』の三島有紀子監督とエリックゼミが魂のディスカッション-

          Creating a future with Deloitte Tohmatsu Group

          Aoyama Gakuin University's School of Global Studies and Collaboration (Dean: Eric Matsunaga) educates students into proactive international human resources with the expertise to create a ideal global society by empathizing, helping, respect

          Creating a future with Deloitte Tohmatsu Group

          女性がテクノロジー領域で活躍できる未来を創りだす。青学エリックゼミとデロイトトーマツグループが提言する新しい未来とは?

          青山学院大学 地球社会共生学部(学部長:松永エリック・匡史)は、留学を通じて世界の人々と共感し共に助け合い、より良い地球社会を創造する専門知を備えた国際的な人材を育成しています。エリックゼミは社会課題の解決、特に環境とダイバーシティーの解決に向けた事業構想策定を目指しており、この理念に共感していただいたデロイト トーマツ グループCTO(Chief Talent Officer)大久保パートナー率いるデロイト トーマツ グループの「Women in Tech」(テクノロジー領

          女性がテクノロジー領域で活躍できる未来を創りだす。青学エリックゼミとデロイトトーマツグループが提言する新しい未来とは?

          Global challenge with Avanade at Fuel conference2023

          Noriko of Avanade joins Eric's seminar every week. She has an amazing career, having founded the non-profit organisation “NY de Volunteer” in 2003 in New York with the desire to increase the number of people who act spontaneously on social

          Global challenge with Avanade at Fuel conference2023

          世界各国の大学生750人が社会課題の解決に挑戦するカンファレンスにエリックゼミが挑戦!

          毎週エリックゼミにはアバナードの日野さんがゼミに参加してくれています 、日野さんは社会課題に自発的に考え行動する人を増やしたいという想いで、ニューヨークで2003に非営利団体NY de Volunteerを創立した凄いキャリアを持っていて現在はアクセンチュアとマイクロソフトの合弁企業であるアバナードのコーポレート・シチズンシップのリーダーです。 コーポレート・シチズンシップは1969年にIBMが宣言した企業も地域社会におけるよき市民として社会に貢献すべきという考え方です。社

          世界各国の大学生750人が社会課題の解決に挑戦するカンファレンスにエリックゼミが挑戦!

          地球環境は誰が壊したのか?誰が守るのか? ―アースデイへの参加から環境問題を考えるー

          アースデイを知っていますか? アースデイは、地球規模で地球環境について議論、感謝、そしてアクションを起こす日として世界中で様々なイベントが開催されています。アースデイである4月22日は、1970年にアメリカウイスコンシン州のG・ネルソン上院議員が学生に対して討論会の参加を呼びかけた日で、学生が参加しやすいように比較的時間に余裕がある4月22日を”地球の日”であると宣言したことに始まりました。 地球規模の課題に向き合うエリックゼミでは、早速、地球環境における議論と、エリックゼ

          地球環境は誰が壊したのか?誰が守るのか? ―アースデイへの参加から環境問題を考えるー

          性的マイノリティーへの偏見や差別のない世界のために ―東京レインボープライド2023にエリックゼミ生と参加して想う事―

          4月23日の13時、僕は青学エリックゼミの学生と一緒にパレードの列にいた。僕の左側にはトランスジェンダーの女性が俯きながら歩いていたので、声をかけた。『すごい規模のパレードになりましたね!』。彼女は嬉しそうに頷いた。性的マイノリティーへの偏見や差別のない社会を目指すイベント”東京レインボープライド2023”が今年も開催された。今年のイベントには約20万人が参加し、このパレードは約1万人で行われた。パレードはイベントが開催されている代々木公園から出発し渋谷を通って代々木公園に戻

          性的マイノリティーへの偏見や差別のない世界のために ―東京レインボープライド2023にエリックゼミ生と参加して想う事―