eneo
毎日読書メモ(225)『おさがしの本は』(門井慶喜)
見出し画像

毎日読書メモ(225)『おさがしの本は』(門井慶喜)

eneo

門井慶喜『おさがしの本は』(光文社文庫)、初めて読んだ門井慶喜でした。当時は名前も知らない作家だったけど、あれよあれよといううちに直木賞作家に。どの作品も、着眼点が好き。
図書館のレファレンスがテーマ、という意味では、福井県立図書館の『100万回死んだねこ』(感想こちら)に通じるものが。

全然知らなかった作者。友達が感想レビュー書いていたので、興味を持って読む。図書館レファレンス小説! 本を探すってミステリだよね。館長の存在がちょっとラディカルすぎて、そこが嘘くさいけど、図書館にしか出来ないことを色々考えさせてくれる本。(2012年3月の読書記録より)

#読書 #読書感想文 #門井慶喜 #おさがしの本は #光文社文庫 #図書館 #レファレンス #100万回死んだねこ

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
eneo
主に読書記録、展覧会鑑賞記録、マラソン・ウルトラマラソン完走記録など。その他の興味分野は、ヴァイオリン、オーケストラ、ビーズ、観劇、ガレット・デ・ロワ、顔ハメ、乗り鉄など。