見出し画像

チョコレートの誘惑。

週末はバレンタインデー❤︎

今月の薬局配布の栄養だよりもチョコレートがとりあげらています!

今では乳酸菌入りだったり、低糖質だったり、高カカオだったり

いろいろなチョコレートが売られていますが

その中でもチョコレートにはポリフェノールが含まれていて身体に良い!

…ってテレビやCMできいたことがある方は多いのではないでしょうか?

ポリフェノールとはいったい何なのか簡単にお話しようと思います。

ポリフェノールとは

機能性成分のひとつで、たくさんの植物に存在する色素や苦味•渋みの成分となる化合物をいいます。

5000種類以上あると言われていて、色素成分であるフラボノイド系と色素成分以外のフェノール酸系でわかれています!

それぞれの種類が独自の機能を持っていて、

どのポリフェノールも共通していることは

体を活性酸素から守る、抗酸化作用をもっていることです!

ちなみにチョコレートやココアの原料であるカカオ豆に含まれているのは、味のポリフェノールでカカオマスポリフェノールといいいます。

美味しく食べられて、エイジングケアにもなるなんて最高!


いっぱい食べよ♪って思いたいとのろですが


ポリフェノールはたくさん摂取しても体内にはほとんど貯蔵されずに排泄されてしまうそうです。


ということは

一度にチョコレートをたっくさん食べると

入ったポリフェノールは一定時間で排出されてしまいますが、

過剰にとってしまったチョコレートに含まれる糖質や脂質は…

しっかり、体のお肉としてたくわえられてしまいます😭(涙)

身体に良さそうな食品はたくさんありますが、

自分の目的に合わせて、食べる量には気をつけましょうね😌❤︎


◎もちろん、食べすぎた分は身体活動エネルギーとしてしっかり消費する選択もありです◎


チョコレートだけでなく

玉ねぎやブロッコリーの淡黄色にふくまれる色のポリフェノール、ケルセチン。

茄子の皮に含まれる、アントシアニン系の紫色のポリフェノール、ナスニン。

紅茶の発酵過程でつくられる橙赤色のポリフェノール、テアフラビン。

ターメリックやマスタードに含まれる、黄色のポリフェノール、クルクミン。

などなど

あらゆる食品からポリフェノールはとれますよ〜👏

画像1

私はバレンタイン用に、ハイチーズの期間限定3種セットをオンラインで購入しました🎀🧀

食べすぎ注意します!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださってありがとうございます☺︎
2
大阪にある《共和メディカル株式会社》所属の管理栄養士。本社に1名、関西薬局住之江店に2名の管理栄養士が勤務。 調剤薬局の管理栄養士note。