見出し画像

生まれた服や生地を最後まで使うため「オリジナルバッグ」を作っています

ヴィンテージ&セレクトブランド「OWN」では社会問題となっている"洋服の大量生産・大量廃棄"を少しでも変えたいという思いから「Last 1 Piece (服を最後まで使い切る)」ことをポリシーの一つとしております。

OWN's concept

そして、余剰在庫・売れ残った服を解体して生地に戻したり、中途半端なハギレを集めて、家族でひとつずつハンドメイドで「オリジナルバッグ」にリメイク。ビニールの代わりに包装として活用しております。

家族で製作しています

何らかの事情で、服としての役割が果たされなくなっても、別の役割で最後まで使い続けられる。
この喜びや楽しさを一緒に共有できると幸いです。


バッグの一例はこちら。

まずこちらの水色のバッグは、商社で使われずにずっと眠っていたサテン生地をリメイクしたものです。
私が住むエリアはアパレル商社が多いのですが、よく店先で眠っていた生地が譲渡されることがあります。

中途半端な余り生地を、洋服を包むバッグに

続いてこちらは元々おそらく昭和の頃のヴィンテージ服だったものですが、一部生地が汚れてしまっていたため、バッグにリメイクしたものになります。

元々は華やかなパーティドレスでした
(私の母の手です)
ひとつずつ切り出しており、サイズも様々です
洋服のテイストに合ったバッグをお付けしています

今後、時期によって様々なパターンも作っていく予定ですのでぜひお楽しみに!

商品選択時に「オリジナルバッグ」を利用するかご選択くださいませ。
ご購入アイテムに合わせて、似合うデザインのものをこちらで選ばせていただきます。

ひとつひとつが私たちのハンドメイドアイテムになりますため、既成商品に比べると、クオリティにはやや劣るかもしれません。
しかし洋服の第二の人生として、ぜひこのバッグを日常の様々な場面で役立てていただき、一着も無駄にしない世の中の第一歩を、一緒に目指していければと願っています。

===============================

OWN(オウン)
https://www.own-tokyo.com/
https://www.instagram.com/own.tokyo

"Live your OWN life"
Select&Vintage clothes

「流行や誰かの目線に左右されず、あなた自身を生きる」
普遍的なセレクト服&個性的なヴィンテージ服と、
まつわる様々なストーリーをお届けします
===============================


この記事が参加している募集

#つくってみた

19,744件

少しの励ましが大きな活力になる燃費良い人間です!