鈴木大介(文筆業/配慮さん)

過去ルポライター→2015年脳梗塞発症で高次脳機能障害当事者になり、記者業引退でもまだ文筆業にしがみつき中。不定型発達の妻と5匹の猫とプチ田舎暮らし。代表(一番部数多い)作『最貧困女子』。病後の著作は『脳が壊れた』『されど愛しきお妻様』などです。

高次脳機能障害・地獄の蕎麦屋!!

こんにちは。鈴木大介、高次脳機能障害5年生の二学期ぐらいです。4年生ぐらいの時に、入学の時に比べたらかなりやれることが増えて、なるほど、やっと「そろそろ卒業が見…

「壊」の文字を使ってはならなかった方たち、その理由

拙著新刊の『「脳コワさん」支援ガイド』において、「壊れた」という言葉に傷ついた方々への記事を先日公開し、レスポンスをいただきました。そのうえで、これはどうしても…

「脳コワさん」という言葉にお怒りの声をいただいて

昨月自分が刊行させていただいた『「脳コワ」さん支援ガイド』という本について、タイトルの「脳コワさん」(脳が壊れたの略)という言葉に傷ついたりお怒りだったりする方…

『本が読めなくなった』人の「読力回復」リハ

こんにちは、脳コワさん5年生鈴木大介です。おかげさまで拙著最新刊『「脳コワさん」支援ガイド』が早速重版をいただきました。 基本的には広域定義での援助職・援助者、当…

外出自粛の中、「延々と話し続けるパートナー」という苦しみ

おはようございます。『「脳コワさん」支援ガイド』(医学書院)刊行から5日?6日? 徐々に届いてほしい人たちのところに届いてくれている実感を感じている鈴木大介です…

電話は無理なのに、ビデオ会議が楽だった脳コワさん

『「脳コワ」さん支援ガイド』(医学書院)刊行から2日目。 相変わらずAmazonでは欠品状態で、これはおそらくAmazonが引き続いている新型コロナ対策の自粛要請の中で物販の…