見出し画像

「課題のネタ帳」を作りましょう

スキルは一気にジャンプアップしません。
亀の歩みで少しずつ、小さなステップを上がっていきます。そして、その階段は、いわば、非常にゆったりとした“らせん状”になっているため、「かなり登ったつもりが、見たことあるような風景」に落胆してしまうこともあります。
でも、登り続けないと、実は落ちていきます。

課題のネタ帳

そこで、オススメしたいのが「課題のネタ帳」です。
「ネタ帳」というと、よいアイデアを貯めることを想起しますが、「課題のネタ帳」では、次のようなことをメモします。

 • これ、どんな意味?(用語とか設定値とか)
 • 想定通りにうまく動かない(注意点やコツは?)
 • どこで使うんだろう?(使いどころは?)

カラーバス効果

要は「時間があったら、後で調べよう」をメモしておくということ。
多くの場合「時間があったら」は、そのまま終わってしまいますが、メモとして残しておくと、自然と解決策が目に入ってくるんです。

問題意識を持っていると、ふとしたきっかけで、それについての情報が入りやすくなります。これを「カラーバス効果」と呼びます。

📌カラーバス効果

「時間があったら」

「時間があったら」は実現されにくいのですが、仕事には、次のような時間が生じます。

 • スキマ時間
 • 脳ミソの切り替えタイミング
 • 気分が乗らないときのウォーミングアップ

こんなときに「あ、アレ、調べてみよ」と生産的に取り組むことができます。

質問の機会に備えておく

「何か質問ありますか? 今日扱った内容の範囲を超えてもいいのですが… 手を挙げにくい場合には、終了後にお声がけください」とセミナーでお聞きすることがありますが、質問される方はあまりいません。

セミナーイベント的なものに参加される方は、懇親会の場で「こういうとき、どうしてる?」と話題に出せるとよさそうですが、これもやはり問題意識が可視化されているからこそ。

漠然とした問題意識

もうひとつ重要な視点に「この面倒な作業、なんとかならないものか?」という漠然としたものがあります。
具体的な解決方法につながるものが思い浮かばなくても、「たぶん、もっといいやり方があるハズ」という問題意識を持つことで、解決方法に行き当たる可能性が高くなります。

「検索してもヒットしない」は、適切なクエリー(検索語)を与えていないことが多いわけですが、問題意識を可視化することで「検索に必要な用語やキーワード」が目に入ってきます(ここでいう検索は、ウェブ検索のほか、オンラインヘルプなども含みます)。

最後の5%

セミナーのアンケートに「ほとんど知ってた…」と不満を書かれる方がいます。これをみて「もったいないなー」と感じます。

ある意味、「ほとんど知らない」状態では、覚えることが多すぎて、持ち帰れるもの(というか吸収できること)は逆に少なくなります。
むしろ、セミナー(や書籍)は「ほとんど知ってた」状態でこそ、効果が高いと、私は考えています。

「30→70」と「80→85」を比べた場合、「30→70」の方が体感として多くを学んだような気がしますが、実は「80→85」の方がしんどいのです。

画像1

自分だけの世界にこもっていると、最後の数%はなかなか埋まりにくいく、この「最後の数%」こそが、DMD(違いを生み出す違い)の重要なポイント。

言い換えるなら、

 • 「この理解(やり方)でよい」という答え合わせができる
 • 「ちょっとした(操作の)差異」などに気付くことができる

など、余裕ある状態だからこそ、最後の数%を“追い込む”ことができるのです。特にセミナーでは、ほかの人の操作を見ることができるので「え!ちょっと、今の何!?」っていう思いがけない発見もあります。そんな気づきに「お宝」のヒントが潜んでいると思うんです。

ほんの数秒の積み重ねが、1日、1週間、1案件で考えると、大きな差につながります。そして、作業時間だけでなく、目や指、腰など、カラダへの負担にも直結します(ガタが来てはじめて直面する健康問題…)。

あと、最近、話題になったコレ。
「そんなの、知ってた」って姿勢で参加するのって、人生の時間のムダでしかでしかない。

やっぱりアウトプットに尽きる

2005年に「DTP Transit」というブログをはじめて13年を超えました。30記事くらい書いたらネタが尽きると思いましたが、書き始めると、どんどん出てくるようになりました。

わかっているつもりでも、いざ、ことばにしてみると「わからないところが見えてくる」ことがありますし、言語化したり、表や図解にすることで、自分自身の理解も深まります。

課題について、試したり調べたりしたらアウトプットしましょう。
よく言われることですが、アウトプットした人が一番トクをするようにできています。

ブログがしんどい/面倒い場合にはTwitterでもよいでしょう。さらにいえば、自分だけのメモでもOK。どんなカタチでも、可視化することが大切なんです。

「そんなこと、みんな知っている」「おそらく既出」などは、ガン無視でOK。完璧である必要はありませんし、完璧であると確信していても、“もまれて”はじめて完成に近づくものですし。

さらにいえば、「こんなことで困っている」と課題そのものをアウトプットしてしまうのアリです。世の中は手を貸したい人であふれています。

まとめ

明日からでなく、今日から、課題のネタ帳を作りましょう。
不思議なことに、書き留めるだけで自然に解決方法が目に飛び込んできます。

 • これ、どんな意味?(用語とか設定値とか)
 • 想定通りにうまく動かない(注意点やコツは?)
 • どこで使うんだろう?(使いどころは?)
 • こんな機能があったらいいのに… このUI、こうだったらいいのに…
 • 何度もやる作業、毎日繰り返す作業、もっとラクできないかな

ハヤサはチカラ。
「あれ、どうやるんだっけ?」と調べているうちにインスピレーションが逃げないように、そして、手数を少なくするほどにオペミスも減ります。

オマケ

こちらは、私のネタ帳のスクリーンショットです。これのほかに「ブログでこれを記事にする」のネタ帳があります。

画像2

2019年1-3月は、たくさんの課題が解決してホクホクしています。


「こいう方法もできるよ」や「じゃ、これは?」などのツッコミに感謝。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぜひ、Twitterもフォローお願いします! https://twitter.com/DTP_Transit

76
2005年11月にスタート。Illustrator、Photoshop、InDesign、Acrobat/PDFをはじめとした、DTP関連の情報サイト。 http://www.dtp-transit.jp/ 2019年から https://dtptransit.design/