D.STYLE

自由が丘・表参道・池袋・新所沢にある花屋です。 D.STYLEに関わる全ての人が花にと…

D.STYLE

自由が丘・表参道・池袋・新所沢にある花屋です。 D.STYLEに関わる全ての人が花にとっての滴であるように。 花を通じて、よりたくさんのお客様へ豊かな潤いのある日常生活をお届けいたします。 https://shop.dstyle-flower.com/

マガジン

  • 切花のお手入れ

    切花のお手入れ方法をスタッフが語ります。

  • 鉢の育て方

    鉢の育て方

  • D.STYLEのおもい

    D.STYLEのおもいをお話ししています。

  • 日本の歳時記

    季節の行事と関係の深い花の話などをお話します。

    • 切花のお手入れ

    • 鉢の育て方

    • D.STYLEのおもい

    • 日本の歳時記

最近の記事

🌸桃の節句に飾る花🌸

3月3日は桃の節句「ひな祭り」ですね🎎 女の子の健康や、健やかな成長を願う行事です。 ひな人形や花を飾ったり、ごちそうを用意するなどして祝います。 鋭い寒さが和らぎ、花々がほころぶころに訪れるお祝いごとであることから、春の代名詞とも言える催しと言えるでしょう。 桃の節句 ひな祭りは、桃の節句とも呼ばれています。 桃が咲く時期は一般的に3月下旬からですが、旧暦では桃の咲く時期にひな祭りが行われていたことからこの名前がつきました。また桃の花言葉には「チャーミング」、「気立て

    • バレンタインにラナンキュラスがおすすめの理由🤍

      バレンタインまであと1週間。 なにをあげようか迷っている方もいるでしょう… 毎年チョコレートを贈られている方は多いのではないでしょうか? 花屋としてバレンタインの贈りものとしておすすめはやっぱりお花💐 昨年と同様にバレンタインにぴったりなお花をご紹介いたします。 昨年の記事はこちら↓ バレンタインにおすすめのお花 今年、バレンタインにおすすめするお花はラナンキュラスです! 春のお花で、切花は12月〜3月頃まで出回ります。 この時期にしかお店に並ばないため、季節を

      • 🌷花屋が教える、チューリップの咲き方の違い🌷

        まだまだ、寒い冬が続きますが、お花屋さんでは段々と春が訪れています。春を代表するチューリップも色とりどり並んでいます。皆さんはどれがお好きですか? 《花言葉》 お花には、それぞれ花言葉がついていますが、チューリップは、色や本数によって花言葉が異なります。 チューリップ全体としては、「思いやり」や「博愛」などがあります。 自分の好きな色をプレゼントしたり、自宅に飾るのも良いですが、花言葉を考えて渡すのも良いですね。 《咲き方》 チューリップは6種類の咲き方に分けられます。

        • 💐シクラメンの育て方💐

          ギフトとして人気の高い花鉢のシクラメン💐 今回はシクラメンの育て方をご紹介します😌 シクラメンはサクラソウ科シクラメン属の球根植物です。花の色は赤やピンクや白が定番で、紫や黄色など変わった色があったり、咲き方も丸弁で反り返るようにして咲くスタンダードタイプやフリル咲き、フリンジ咲き、八重咲きなど多様にあります。 置き場所 シクラメンは11月頃から出まわります。 シクラメンは寒さに弱いため、寒い場所に置くと花が咲かなくなります。基本的に花が咲く10月から4月まで室内で育て

        🌸桃の節句に飾る花🌸

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 切花のお手入れ
          D.STYLE
        • 鉢の育て方
          D.STYLE
        • D.STYLEのおもい
          D.STYLE
        • 日本の歳時記
          D.STYLE

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          お正月に飾る“松”は種類ごとに意味がある!?

          今年も終わりに近づいてきました。 お正月に飾る植物といえば、松ですね! 松は一年中青々とした葉を保つことから長寿の象徴とされ、古来から神聖な植物として珍重されてきました。 そんなお正月に欠かせない松には、いくつもの種類があることをご存知でしょうか? お正月に松を飾る理由 松は、一年中青々とした葉を保つことや、千年と言われるほど、寿命が長いことから 「永遠の命」や「不老長寿」の象徴と考えられており、縁起が良い植物としてお正月に飾られています。 お正月の意味や由来つい

          お正月に飾る“松”は種類ごとに意味がある!?

          クリスマスまでのカウントダウン期間の楽しみ方

          今年もクリスマスの季節がやってきました。リースやツリーなどは飾りましたか? 街中では、イルミネーションがキラキラ輝き、クリスマスムードになってきましたね。 今回は、日本であまり馴染みがないアドベントについて。 こちらでもご紹介していますが、もう少し詳しく説明しようと思います。 アドベント(Advent)とはドイツのクリスマスの伝統的な風習で、 「アドベント(Advent)」簡単に言うと、クリスマスまでの準備期間です。 ラテン語で、「到来」を意味する「Adventus(アド

          クリスマスまでのカウントダウン期間の楽しみ方

          💐水の量で花持ちが格段にに上がる?お花を長く楽しむ方法をお教えします💐

          切花を長持ちさせるには花瓶の水質を良くすることがとても大切です。茎や葉が水に浸かっていると水が汚れ、バクテリアの原因となり、花持ちに大きな影響を与えます。 毎日水を交換してキレイに保つことはもちろん必要ですが、花瓶に入れる水の量も重要なポイントです。 花瓶の水は多すぎても少なすぎても良くありません。水が多いことで茎が腐りやすくなり、また少ないことで水をうまく吸い上げられなくなったりします。 基本的に水揚げ後、しっかりと水を吸い上げた花であれば、大体は花瓶の3割程度の水量

          💐水の量で花持ちが格段にに上がる?お花を長く楽しむ方法をお教えします💐

          これで花が長持ちする?!ケイトウで実験してみました!

          秋の代表とも言える切花、ケイトウ。 長持ちするのでお店でも重宝しています。  noteでも以前ケイトウについて書かせていただきました。 ケイトウについて特徴的な先端の部分は花ではなく、茎が変形したもの(花序)で実際の花はその根元にあるケバケバしたところです。 入荷時期によっては花の部分に触っただけでポロポロ落ちるほど種がびっしり入っています。 切花として観賞する際には、種が落ちてしまう為、削ぎ落としてしまうお花屋さんも多いそうです。 ケイトウのケバケバした部分を取ると

          これで花が長持ちする?!ケイトウで実験してみました!

          秋におすすめの実物🍂

          木々も紅葉し始め、街中も秋色になってきましたね。 秋といえば、実物の季節です!今の時期しか出回らないものも沢山あります。今回は、オススメの実物をご紹介致します🍁 野バラ 大振りの枝に、沢山枝分かれして実をつけます。 ドライフラワーになっても、あまり色が変わらないので、リースなどに最適です。枝を細かく切って飾っても可愛いですね。 バラの実 野バラよりも実が大きく、色々な種類があります。お花屋さんに入荷するのは、観賞用ですがローズヒップとも呼ばれお茶やお菓子の原料に使われる事

          秋におすすめの実物🍂

          🎃ハロウィンにおすすめのお花🎃

          10月31日はハロウィンです🎃 ハロウィンはお菓子を食べたり、仮装をしたり、パーティーをしたり、楽しいイメージのあるイベントです。 ハロウィン(Halloween) は11月1日にキリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「諸聖人の日」「万聖節」(All Hallo)の前夜祭(All Hallo Eve)という意味で、ヨーロッパ発祥のお祭りです。 秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭りで、古代ケルト人が行っていたお祭りに由来します。 詳しくはこちら

          🎃ハロウィンにおすすめのお花🎃

          切花の長持ち剤はどのくらい効果があるのか?

          9月になっても暑い日がまだまだ多いですね。 私たちも店頭のお花を保たせるために様々な工夫をしています。 水を清潔にすることが大切なので、こまめに水換えをしてバクテリアを発生しにくくしたり… そんなお花が保たない時期ですが、 D.STYLEでは、お客様が購入されたお花には、【美咲】というお花の長持ち剤をお付けしています。 お花の長持ち剤とは お花の長持ち剤とは、その名の通り切花を長持ちさせるための液剤です。 バクテリアの発生を防いだり、糖質などで栄養を補給し、美しい色や

          切花の長持ち剤はどのくらい効果があるのか?

          椎名洋ラン園さんへ生産者見学に行ってきました!

          先日、千葉県旭市でミディなどを生産している椎名洋ラン園さんに見学へ行ってきました。栽培方法やお手入れの仕方など貴重なお話を聞かせていただきました。 生産から出荷まで 椎名洋ラン園では、海外でタネを発芽させ苗を作り、日本で温度調節をしながら、開花させています。発芽から販売されるまでに約4年もの月日がかかっています。 お手入れ 《適切な置き場所に飾り、快適な環境をつくる》 コチョウランはとてもデリケートな植物です。 人が過ごしやすい場所(風通しが良い・明るい室内・適度な温

          椎名洋ラン園さんへ生産者見学に行ってきました!

          💐おすすめのネイティブフラワー5選 💐

          ネイティブフラワーとはオーストラリアや南アフリカ、ニュージーランドなど南半球が原産地の植物の総称で、ワイルドフラワーとも呼ばれています。 個性的な形、珍しい色見、インパクトのある見た目が魅力的です。 また綺麗な状態で『ドライフラワー』にすることができるので、スワッグ、ウェディングブーケなどによく使用されています。 ちなみにネイティブフラワー(ワイルドフラワー)と呼ばれる花の種類は、12,000種以上が存在しているといわれています。 今回はスタッフおすすめのネイティブフラ

          💐おすすめのネイティブフラワー5選 💐

          これで花が長持ちする!?クルクマで実験してみました!

          夏の定番の花、クルクマ。 種類も豊富で、切花が持たない夏の時期でも、比較的長持ちするお花としてお店でも重宝しています。 クルクマについて クルクマとは、ショウガ科に属する球根植物で、お花屋さんに出回る時期は7〜9月頃です。 花びらが段々になっているように見える部分は、お花ではなく苞(ほう)という、葉の一部です。 苞の中に小さな花が咲きます。 そんなクルクマ、花の中に水が溜まっている状態でお花屋さんに並んでいるところを見たことがありますか? 実は、クルクマの花は窪ん

          これで花が長持ちする!?クルクマで実験してみました!

          🌿夏にオススメの葉物10選🌿

          猛暑がやってきました。 夏は、お花が持たない季節ですね。 そこで、今回は暑い夏でも長持ちする葉物をご紹介します! なぜ花が長持ちしないのか... 暑いと花が長持ちしない原因は3つあります。 日本の夏は、高温多湿です。そのため、花瓶の水の温度も上がりやすいです。気温が暑いと花瓶の中では、バクテリアが繁殖しやすくなります。その水を花が吸い上げてしまい、花にバクテリアが吸い込まれ、しおれてしまいます。また、活ける際に茎に沢山葉がついたまま活けると蒸れて花自体がダメになってしま

          🌿夏にオススメの葉物10選🌿

          【知っておきたい】仏花のルールとマナー

          7月13日からは東京のお盆です。ご先祖様への供養にはお花が欠かせませんね。 今回は、一般的に知られている仏花のルールとマナーをご紹介いたします。 まず仏花とは仏壇やお墓にお供えする花のことを指します。 仏壇やお墓の左右両脇に、花を二束一対で活けることが一般的です。 色や本数、向いている花、向いていない花について話していきます。 色 お通夜・葬儀・初七日・四十九日•それ以降の年季などで お供えする花の色には特徴があります。一般的ではありますが、覚えておくと安心です。ただ

          【知っておきたい】仏花のルールとマナー