手倉テイム

1997年、熊本県生まれ。2017年3月~福岡県在住。現在はフードデリバリーの配達を主たる業務とした個人事業主。 両親曰く「手倉は物事の考え方が(世間より)3年早い」。

手倉テイム

1997年、熊本県生まれ。2017年3月~福岡県在住。現在はフードデリバリーの配達を主たる業務とした個人事業主。 両親曰く「手倉は物事の考え方が(世間より)3年早い」。

    最近の記事

    星詠みに伝えたい……これ、すごいぞ!「ディスクロニア:CA」パズルパート体験版レポート

    文明が一度滅びかけ、再び取り戻した遥か未来。あらゆる犯罪が「夢」によって未然に防がれる、犯罪発生率0.001%の海上都市「アストラム・クローズ」。 「楽園」と呼ばれるこの都市で、起こるはずのない事件――都市の創設者アルバート博士の殺害――が発生する。 主人公ハル・サイオンは特別調査官となり、左手に宿る「隠された過去」を暴く能力を駆使し、謎を解き明かしていく。 左手で真実に近づくにつれ、増していく危険。そして、12年の沈黙を破り動き出す時計塔。 終末を告げる鐘が鳴り響く時、

    スキ
    9
      • Windows 10版のiTunesとiCloudが上手く動かない→別ドライブに移動していたのが原因だった、という話

        要約一般向けに言えば、「ググって見つかる裏ワザは時に動かなくなるから、時々見直した方がいい」。 詳しい人に言えば、「シンボリック リンクでフォルダーを指定するのは稀に非対応のアプリがあるので、ジャンクションで指定したほうがいい」。 何があったの?Microsoft Store版のiTunesが起動しない(従来のインストーラー版については正常に起動する)。 また、iCloud for Windowsにログインしようとしても、ログインが完了する瞬間にクラッシュ(静かに閉じるが、

        • 2022年新年のご挨拶

          (こらそこ!!去年の写真の使い回しとか言わない!!) 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 2021年は一昨年から始まった混乱が未だ完全な解決に至らないものの、あらゆる面においてある程度の道筋が確立された一年だったと個人的に感じています。 ……と書きましたが、実はこの文章、レコーダーに溜まりに溜まったBDへのダビング待ちの番組を少しずつ動かしつつ書いてます。つまり2021年の大晦日に書いています。 正直明日から2022年だという実感がこれっぽっ

          • 気が付けばアニバーサリー

            今回はいつもと文体や雰囲気を変えています。コラム的な感じでお楽しみください。 2021年10月13~14日にかけて、PlayStation VRが発売されて5年、Oculus Quest 2が発売されて1年が経った。 気が付けばPSVRの当時の入手困難さも、Quest 2のアカウント凍結騒動も、どんどん過去のものになっている。 さらに言えば、色々な感情が湧き上がり、思わず感極まってプレゼン中に壇上で泣き始めた、Quest 2発売前夜のあのイベントからも1年経ったことになる

            スキ
            2

            2021年新年のごあいさつ + 抱負

            (画像は去年撮った初日の出です。まさかこういう形で活かすことになるとはなあ) 新年あけましておめでとうございます。本年も手倉テイム、およびDiglaWorksをよろしくお願いします。 2020年は世界は大きく変わった年であり、それは僕も例外ではありませんでした。恐らく僕が生きてきた中で、最も「自分がやるべきこと」を問われた一年だった、と感じています。 去年までは「まだ新年になった感覚がない」と元旦に思っていましたが、今年ははっきりと新年になった、という感覚があります。大晦

            スキ
            1

            10分間の衝撃 ~ 「 #アルトデウスBC 」発売直前 #先行デモ感想

            「これ、何て書けばいいの……?」と、初見プレイの反応を残そうと録音状態にしていたタブレットに言い残して録音を止めている。 アルトデウスBCは、僕の語彙力を体験版のたった10分で全て吹き飛ばすくらいの威力を持つゲームでした。 ということで皆様こんばんは、手倉テイムです。結論を先に書いてしまうほどの衝撃を味わいました……。 さて、ちょうど先週、僕は東京クロノスをホロライブ推しに布教する記事を書き、意図的にターゲットを絞った記事にも関わらず、LAMさんに紹介される(通知見たとき

            スキ
            9

            ホロライブ推しに伝えたい、VRノベル「東京クロノス」(+α)の話

            2018年、春。主人公・櫻井響介が目を覚ますと、そこは普段の様子を忘れたかのように、しんと静まりかえった渋谷の街だった。 自分の他にいたのは、7人の幼なじみ。再会を喜ぶ間もなく、8人の少年少女は自らが置かれている事態に向き合うことになる。 分かったことは、自分たち以外は一人もおらず、公共交通機関も動いていないこと。そして、この渋谷の街が、「壁」に覆われていること。そんな中、渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンに、赤色の文字が浮かび上がる。 「私は死んだ。犯人は誰?」 それ

            スキ
            11

            noteはじめました

            noteでは初めまして、手倉テイム(てくら ていむ)です。 博多の片隅で好きなものを推したり、時々自分で何かを作り出したり、気になることがあったら急に饒舌になるなどしています。というより、僕の個人サイトを見てもらったほうが早いです。 「バーチャル文化」「二次元文化全般」「音楽」の3つのキーワードが僕の9割を構成している、といったほうがわかりやすい気も。 今まで「他者に自分の書いた文章を預ける」ということに抵抗感があり、サーバーを借りて建てた個人サイトでブログを書いていました

            スキ
            2