田村 修(株式会社5 CHRO)

主にデジタル関連のマーケティングや広告,ブランド,就活のことについて書いています。株式…

田村 修(株式会社5 CHRO)

主にデジタル関連のマーケティングや広告,ブランド,就活のことについて書いています。株式会社5(5co.ltd)執行役員。大学非常勤講師の掛け持ち。著書「いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本(第二版)」/共著「必携インターネット広告」

マガジン

  • 仕事とキャリア

    現在、株式会社5(5co.ltd)では積極的に未経験からの採用活動を行っています。 面接やWebサイトだけではなかなかお伝えできない5co.ltdの考え方、デジタルマーケティングの仕事をとはどのような仕事なのか?どのようなキャリアを歩んでいくことができるのかなどをまとめています。

  • 就活の困った子ちゃん

    人事として採用活動に長年関わっていると、そりゃいろいろな方にお会いします。困った子ちゃんは、何も就活生に限ったわけではないのですが、そんな話をアドバイス的に書いています、

  • ちょっとマイナーだけど良書だよ、なメモ。

    マーケティング、ブランド、イノベーションなどを中心に、読んだ本の読後メモ。あるいは積読について。

  • マーケティングの常識を疑え!   (講義用プライベートメモ)

    マーケティング、広告、経営戦略、MOT,MBA、イノベーション、ビジネスモデルなどの領域に関わる思考メモ。ヒントのかきとめ。

最近の記事

広告はラブレターでもポエムでもない。

時々「広告はラブレターのように」というふうなアドバイスが出回ります。 ある意味ではとても大切なことなのですが、その一方で「好きな対象が明確で、自分の気持ちも明確で、とにかく好きだと言うことを伝えて、もしダメで玉砕した時はそれはそれで仕方がない」というラブレターと、経営活動の一環として営業利益の中から販促予算を捻出し、さらに人的リソースや経営リソースをかけた施策で玉砕なんて許されない広告は一緒にしたらいかんだろ、ってよく思っています。 広告の取扱はビジネスですからねぇ。

    • 「なんとかして”やる”方法」を考える」のだけど、やらなくていいことは徹底して断る。

      以前に「出来ないといってはいけない。「なんとかして”やる”方法」を考える」といったエントリーを書きました。 今回はその続きで、基本は「なんとかして”やる”方法を考える」のだが、ただし、その一方でやる必要が無いことは明確に断る、という話です。 クライアントからリクエストや依頼があっても、コンサルティング会社としては「やらなくて良いこと」が世の中にはいくつかあります。 その一つは、 「クライアントの目標達成には何ら寄与しないこと」と もう一つが 「受けてしまうとチームがダメに

      • 「教えてもらわないとできません」

        「そうですよねぇ」って、もしどこかで思っているのなら、そんな学生みたいな考え方は社会人であるなら早く捨てさってください。 会社は何かを教えてもらってから仕事をする場所ではなく、いままで学んできたことを発揮する場所であり、活躍するために必要なコトは自分で見つけて自分で学ぶ場所なんですよね。 これ、「入社してから学びます」っていう人と似ていると思っているのですが、「教えてもらわないとできません」っていう人は、結局一人では何も出来ない状態がずっと続いてしまう、中途半端な仕事しか

        • 電車遅延の遅刻について

          電車遅延の遅刻というのは「電車が遅れた事が理由だから仕方が無い」「私は時間通りに家を出たけど、電車が遅れたから遅刻をしたのであって、私は悪くない」って思ってませんか? いわゆる、「仕方が無い」「自分のせいではない」から、遅刻をしたって大目に見てもらって当然である、という考え方なんだと思います。 でもね、これ、会社から見ると、遅刻に理由は関係なくて、「するかしないか」しかないのです。 自分の周りをよく見てみてください。実は、遅刻をよくする人と、まず遅刻をしない人が存在して

        広告はラブレターでもポエムでもない。

        マガジン

        • 仕事とキャリア
          28本
        • 就活の困った子ちゃん
          32本
        • ちょっとマイナーだけど良書だよ、なメモ。
          17本
        • マーケティングの常識を疑え!   (講義用プライベートメモ)
          33本

        記事

          インターンや副業で得たWebライティングの経験やSEOの知識は、マーケティング業務には役に立たない?

          採用の面接をしていると時折「インターン時代には(あるいは、副業として)、Webライティングを行っていました」「SEOの要件通りにコンテンツを作成してSEO知識を学んできました」「それらを通じてマーケティングに興味があったので、きっとその時の経験が生きると思って応募しました」と話していただく方がいらっしゃいます。 似たような話に「SNSのアカウントを担当してまして、フォロワー数を半年でこれだけ増やしました!その経験が生きると思い応募しました!」「ブログを作ってアフィリエイトを

          インターンや副業で得たWebライティングの経験やSEOの知識は、マーケティング業務には役に立たない?

          質問に対しては具体的に的確に応えてくれないとポイントを外した人になっちゃうよ。

          先日面接をした方。 何を聞いても曖昧にしか答えてくれず、実際に何をしたのかを答えてくれない。「あなたはどう行動したのか?何をしたのか?」を聞くために、何度も質問をしなくてはいけない状態だった。 こんな感じ。 私「先ほど話していただいた、スポンサーを2社獲得したエピソードですが、どのように獲得したのかについて教えていただけますか?」 候補者「はい。まず、リストを作成しまして、そのリストを元に営業担当者と企画の説明に向かいました。その際に先方からのリクエストをしっかりとヒ

          質問に対しては具体的に的確に応えてくれないとポイントを外した人になっちゃうよ。

          コスパ病: 貿易の現場から見えてきた「無視されてきた事実」

          「コスパ病」https://amzn.to/4c2N4BJ 久しぶりに面白かった、っていうか危機感しかない。 「より良いものをより安く」という考え方は否定されるものではないが、それを「人件費が安い国や地域」「安価な材料」「同じ製法」で実現して輸入した場合、国内の産業を再起不能なまでに破壊してしまうという話。 日本ではいくつかの産業や領域で、生産を人件費の安い国に移し、しかも現地に対して投資や教育指導を行い、海外生産の安いものを大量に輸入することが進んだ。その結果、日本の

          コスパ病: 貿易の現場から見えてきた「無視されてきた事実」

          「未経験OK!」と書いてあるからといって、何も調べず(学ばず)に「興味がある」だけで応募してませんか?

          面接をしていると割と良くいらっしゃいます、そういう方。 「御社の業務は未経験なので、入社してから学びます!」って話される方。 ただ、過去の経験上、面接時に「入社してから学びます」って話される方で、実際に「入社してから自ら学んでいる人」ってあまりいらっしゃいません。これ、「自ら」という点が重要なのですが、自ら学べる人は入社してから学ぶのではなく、会社をリサーチして探しているときに、業界や仕事に興味があって応募しようかな?って思った時点から学び始めているんですね。 つまり入社

          「未経験OK!」と書いてあるからといって、何も調べず(学ばず)に「興味がある」だけで応募してませんか?

          面接での逆質問例-2:御社での営業とはどんな仕事なのでしょうか?

          これも面接中や選考段階に候補者から時々聞かれる質問です。これもちょうどメールで質問が来たので記事にしてみました。 Q:御社での営業とはどのような仕事なのでしょうか? 弊社の営業とはいわゆる世の中一般でいう新規顧客獲得のことを指していません。 新規顧客獲得のための営業というと良くイメージされるのが、「リストを使って電話をかけていくテレアポ営業」「足しげく何度も同じ企業に通って取引口座を作ってもらう訪問営業」等があるかと思います。 一方、弊社でいう営業とは、いわゆる広告業

          面接での逆質問例-2:御社での営業とはどんな仕事なのでしょうか?

          面接での逆質問例−1:マーケティング施策を考えるというのは具体的にはどのような作業なのでしょうか?

          面接中や選考段階で候補者の方から時々聞かれる質問です。今回は、メールで問い合わせをいただいたので、回答した内容をそのまま公開します。 ーーーーー マーケティング施策の立案・検討という仕事は、毎日の定型業務を手順通りにこなしていくといった「作業」ではなく、市場環境や事業の進捗状況を常に把握し、あらゆる事を考え想定しながら柔軟に対応をしていく「目標管理業務」です。 その場合の目標とはマーケティング目標であり、その目標には例えばクライアントのEC売上げ拡大(前年対比**%達成

          面接での逆質問例−1:マーケティング施策を考えるというのは具体的にはどのような作業なのでしょうか?

          当社がフレックスタイムを導入していない理由

          面接でもたまに聞かれますし、社内メンバーからも「どうして導入しないのですか?」とたまに意見が出てきます。 実は、私自身はフレックスタイムを導入した企業で働いていたことがあります。当初は良くある9時〜18時みたいな固定の勤務時間だったのですが、あるとき11時〜15時といったコアタイムを設けるフレックスタイムを導入しました。その会社ではいつの間にか事実上廃止になってしまったのですが、なぜ導入しないのか?というその理由には、その時の経験も大きく関係しています。 当時、私が所属し

          当社がフレックスタイムを導入していない理由

          18時以降、19時以降の面接を希望することがなぜ嫌われるのか?

          採用活動をしていると「面接は平日19時以降、もしくは土日にお願いします」といった希望を伝えてくる方がいらっしゃいます。当社の場合「基本的に面接は平日の業務時間内にお願いしております」とお伝えしながら調整をしていきます。 候補者の方からしてみれば「今の仕事もあるし、なかなか就業時間内は抜けられないんですよね」ということだと思います。その事情はわかりつつも、多くの会社の場合、面接はその会社の就業時間内(営業時間内)に行われます。 これ、ちゃんと理由があるんですね。 一つは、面

          18時以降、19時以降の面接を希望することがなぜ嫌われるのか?

          入社前に読む本ー(実は、面接官はこれらのことが理解できる素地があるかどうかを見極めたいのだ)

          以前に、「入社前に読んで欲しい本」というエントリーを上げました。これは、面接中によく聞かれる質問に答える内容でした。 一方、最近読んだ本の中で「これは当社に内定したあと、入社するまでに読んでおいてもらおう!」という本が出てきたので、ご紹介。 一つは「デジタルマーケティング用語図鑑」。 デジタルマーケティングに関係する本はたくさんありますけど、これは割とデジタルメディアのプランニング現場にあわせた内容からはじまって、マーケティング戦略やデジタルの動向といった結構広めのところ

          入社前に読む本ー(実は、面接官はこれらのことが理解できる素地があるかどうかを見極めたいのだ)

          マーケティングは情緒じゃなくて、ロジックとメカニズム

          なんだと、最近よく思います。 マーケティングって「消費者の心理にグッと訴えかけて気持ちや行動の変化を促すものすごく情緒的な活動」「その人を納得させるような何かの心理術」のように見えてませんか? 別にアンケートなどで何割の人がそう考えているとかを調査したわけじゃないですが、なんかいろんな人と話をしているとそう考えている人って多いんじゃないかな?って気がしています。 たしかに広告やいろんな販促キャンペーンを見ていると思わず目を引いてしまったり、胸がキュンとしてしまうことがあ

          マーケティングは情緒じゃなくて、ロジックとメカニズム

          「デジタルマーケティング」=「SNSを使って集客すること」じゃないよ。

          わかっている人だと「そりゃそうだよ」って思ってくれるのですが、20代前半の人たちと面接をしていると「デジタルマーケティングはSNSを使ってインフルエンサーから情報を広げる仕事」って考えちゃう人たちに割と多く出会います。 今時の20代前半の方だとインターネット広告やプロモーション活動に最初に触れるのがインスタグラムやラインなどのSNS上なんですね。だから「SNSで行われていること」=「マーケティング施策、デジタルマーケティング施策」のように見えてしまうのかなぁ、と思います。

          「デジタルマーケティング」=「SNSを使って集客すること」じゃないよ。