ウォルマート「Jet.com」、ブランドファースト戦略の狙い:反Amazon路線で顧客にアピール
見出し画像

ウォルマート「Jet.com」、ブランドファースト戦略の狙い:反Amazon路線で顧客にアピール

DIGIDAY [日本版]

ブランドがウォルマート(Walmart)を恐れていた時期があった。だが、いまウォルマートが所有するeコマースサイト、Jet.com(ジェット・ドットコム)は、Amazonに対する不安を利用して、自社サイトを「友人」と位置づけようとしている。

Jet.comは、Amazonだけでなく親会社のウォルマートの影にも隠れて、eコマース市場でのシェアと継続的な関連性を得るための厳しい闘いをしている。差別化のため、CEOのマーク・ロア氏率いる同サイトは、ブランドをプラットフォームの中心に据える戦略を立てつつある。ユーザーの位置に基づいて、現地で作られた商品にスポットライトを当てたり、家族経営の小規模ブランドを販売したりしているのだ。高級ブランドは自由に価格設定できる。顧客は、検索履歴の傾向ではなく、美的センスに基づいて発見するよう促されている。

反Amazon的アプローチ

Amazonが主導するeコマースは、効率性の最大化にシフトしているが、Jet.comは、体験の重要性を強調して、どうにかやっていこうとしている。

この続きをみるには

この続き: 2,491文字

ウォルマート「Jet.com」、ブランドファースト戦略の狙い:反Amazon路線で顧客にアピール

DIGIDAY [日本版]

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DIGIDAY [日本版]

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

デジタルマーケティングはお任せください!
DIGIDAY [日本版]
DIGIDAY[日本版]はブランド企業のデジタルマーケティング戦略情報に特化した、アメリカのブログメディア「DIGIDAY」の日本版。 会員限定コンテンツはDIGIDAY+にて配信中 https://digiday.jp/digidayplus/