北畠拓也

市民参加型まちづくりのお手伝いや調査研究・政策提言などの個人事務所をやっています。民間助成団体にも勤務。ほか、ホームレス問題の調査研究やお絵かきなどをしています。東工大博士課程中退。大田区に事務所があります。SNSは個人の見解です。https://www.sharin.work/
    • トリックスターを追いかけて

      論考やウェブサイトからはこぼれ落ちた、けれどTwitterに呟くには長いくらいのエピソード。都市デザイン、公共空間、民主主義、市民参加、ポストコロナの都市像などをテーマにした軽めのエッセイ、日々の出来事など。不定期更新。

    • Invisible Tokyo

      Invisible Tokyo -「ホームレス」から考える、これからの都市のこと-  福祉の問題と捉えられがちなホームレス問題。自分には関係ないと思っている人も多いのではないだろうか。しかし、ホームレス問題を通して私たちの住む都市を見つめることで、これまでには見えなかった都市の姿が見えてくる。これからの「都市」のあり方や「住まう」ことを考える際の重要な補助線になるはずだ。このマガジンでは、主にホームレス×都市に関する論考をストックしていく。なるべく平易な文章で綴り、福祉やホームレスの話題に馴染みのない人にも読んでいただけるような記事をUPしたい。ぜひ、購読をお願いします(無料です)。

    • 公正な社会の創造を目指す市民のための研究所-IMAFT

      Institute of Monitoring and Advocacy for Fairness Tokyo-公正かつレジリエンス(しなやかで強い)な社会を民主的に創造することを目指し、情報発信します。ゆくゆくは組織化します。

固定された記事

コロナ禍で住まいを失う人が相談できる窓口紹介(東京)随時更新中

このページでは、東京で「住まい」を失ってしまった方がどこに相談に行けばよいのかについて、公的窓口と拡散OKの民間支援団体の相談窓口をまとめます。 手続きがスムーズ…

2年前

2021~2022年末年始@東京 利用できる支援情報まとめ(エリア・団体別)

※この記事は、主に年末年始期間の情報です。現在は通常期間となっているため、住まいを失った方が利用できる支援に関しては以下を見てください。 →コロナ禍で住まいを失…

5か月前

2021~2022年末年始@東京 利用できる支援情報まとめ(時系列)

※この記事は、主に年末年始期間の情報です。現在は通常期間となっているため、住まいを失った方が利用できる支援に関しては以下を見てください。 →コロナ禍で住まいを失…

5か月前

住まいのない方が発熱またはコロナ感染した場合の対応について、東京都に要望を提出し意見交換を行ないました

今夏到来したコロナウイルス感染症のいわゆる「第5波」により、東京では入院や療養施設への入所ができない方が多数生じました。そんな中、困窮者支援の現場では、療養でき…

7か月前

愚かな自己責任社会よ、さようなら。僕は明日の包摂を考えることにする。

私はこのところ、主に東京の住居喪失者支援の具体的な情報発信につとめてきたのだが(詳細は「コロナ禍で住まいを失う人が相談できる窓口紹介(東京)随時更新中」)、一度…

9か月前

7月7日緊急要望の解説#1.生活保護申請者の居所確保<何を・なぜ要望したか?>

去る7月7日、筆者は困窮者の支援を行なう10団体とともに、東京都へ「五輪・パラ五輪期間にかかる住居喪失者支援の緊急要望書」を提出した。五輪・パラ五輪の影で、困窮者支…

10か月前