見出し画像

自己表現に頑張っている痛い奴なんかになりたくない。

と思っていた。ちょっと前までの話である。
タイトルに書いてあることは、ずっと自分が思っていたことだ。今思い返せば、継続的に発信できていないことで、彼らに対するやっかみだっただけかもしれないけど。

しれっと事業を当てて、成功してかっこ良い大人になる

これが一番甘ったるく世の中を見ていた自分の目指すべきゴールだった。

人によっては、発信とかしないで周りが勝手に騒ぎ出して自分のブランド価値をスマートに上げたいって人だっているだろう。

うーん。しっくりこないは、俺には

そんな感じだった。

思想は別の形で繰り返すもので、学生の頃だといわゆる
努力しないで勉強できるやつになりたがっていた。
全く勉強しないで、上位の順位に乗っちゃうようなやつ。

かっこいいなーって。天才って思われたいなーって。

結果だけを見ると羨ましいんだけど、大人になってそう言う人と話しをしてもあまり深みが感じられないのだ。
深みってなんだよって感じだが、つまるところ、面白くないのだ。

その人の中にあった葛藤とか、苦しみとかないし、成功するまでのプロセスにおいてストーリーがない。

だとしたら、どれだけピエロに思われようとも自分の発言を前面に出して言った方が、結果がどうなろうと良いのではないかと思うようになった。

でも、そんな気持ちですぐに切り替えられるほど、僕の脳は柔軟ではない。

(ピエロか、化粧とか大変そう。絶対思ってないこととかも言わないといけない)

色々発信していくと、どこかで未来を伝えないといけないことがある。こうなりたい、こうしたい。だから、今こうしていると言った具合に。

その時に咄嗟に思うことは、もしそれが実現しなかった場合である。

あんだけ言っておいて、成し遂げられなかったら。

ダサいなー自分。。。言っておきながら。。
そんな思っていることを全て裸にして、外に発信するとか
無理なんだけど。

これが自分の中でひたすらに渦巻いていた。
悲しいことに今もそうだけど、大した閲覧数も少ないのに、何か熱いことをひたすらに一方通行している恥ずかしい奴ら。

これに自分が当てはまることほど、嫌なことはない。

でも、ふと思う。

自分の周りでこいつ恥ずかしいなと思っている奴ってー誰だろう?

・道端で大道芸して誰も見ていないところでも必死にやっている人。

・誰も受け取りもしないライブの告知をしてもぎりしている人。

・ツイッターやFBで常に夢を語ってそれを実現させようとしている人

本音で言うと、

すげーかっこいい

これは、話を流れをつなげるためでも、ある程度、結論に持っていくためでもなく、心の底からそう思ってしまうのである。

最近一番かっこいいと思ったのは、ホリエモンのR1グランプリ(ちょっと遅い)普通やろうと思わないじゃん。かっこいいんだよな、悔しいくらいに。

これは俺だけなのか、そうじゃないと思う。みんな本当はかっこいいと思っているはずだろう。はずだ。そうであってくれ。
(youtubeには珍しく、コメント欄も賞賛で溢れている)

でも、いつからからわからないけど、周りばかり見てしまう自分がつきまとい始める。

漫画とか映画とか小説とかの影響かわからないけれど、ある時から努力して結果がまだ出ていない人たちをダサいと決め付けている風潮が作られている気がする。

その風潮に勝手に揺られて、知らず知らずにそう思っているだけど、本音は誰もがそう思っていないんじゃなかろうか。

そして、そんなことを思っている間にも
気にせず、ものすごい勢いで、自分を信じて発信している人がいる。


そして、レペゼン地球が全部の思いを背負ってまたもやまとめてくれている。(途中からだけど、見たことない人はぜひ最初から)

https://youtu.be/PPnbEiXSYM8?t=1868

幻想は撲滅できた。

そしてもう一つわかってしまった事がある。
残念なありがたいお知らせである。

それは誰も他人をそこまで見ていないということ。
誰も他人にそこまで興味がないということ。
みんな、自分が生きることに精一杯であると言う事。

学校でのいじめなんてのも、所詮いじめっ子といじめられっ子は1:1なようなもので、残りは自分がいじめられないための保険でいじめているようなものだ。みんな自分が生きることに必死なのだ。と思う

だから、まずはその興味ない相手から少しでも興味を引き出せるピエロを演じられるようになろうと思う。思うのではなく、発するというのが、大事。

少し勇気いるけどね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
イグニス→BCG digital ventures →起業| 株式会社SENTOENデリバリー特化のフードスタートアップ向けのキッチン版weworkなるものの実現に向けてサービス開発してます。#tokyo #startup #kitchen #wework #ubereats
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。