見出し画像

僕が変わっているだけなのだろうか。

飲み会の幹事

僕は職場でもプライベートでも幹事をやることが多い。

幹事をやるときは、みんなのテンションが上がるように美味しいお店をチョイスするように心がけているし、少しでも楽しい場になるようにいろいろ工夫している。(僕はみんなのテンションが上がった空間では「おもしろいこと」が起こると思っているから、事前準備に時間をかける。)

だから自分で言うのもなんだけど、飲み会をやるといつもそれなりに盛り上がることが多い。(それは面白い人達が参加し、場を盛り上げてくれるからなのだけど。)

こっちのが面白そうだから

ちょうど先日も飲み会を企画し、同僚数名を誘った。すぐに人は集まったのだけど、声をかけたメンバーのうち、一人だけ他の飲み会の予定と被ってしまったため「不参加」との返信があった。

「まあ、それは仕方ないよな」と思いながら、他メンバーは参加とのことだったので、飲み会自体は開催することになった。

この時点では何とも思っていなかったのだけど、翌日になってその同僚が僕のところにやって来て、こう言った。

「飲み会ってメンバー一人増やせる?こっちのがどう考えても面白そうだから、こっちに参加したいんだけど。」

僕は正直「この人は、こういうことを言う人なのか。」と少しがっかりした。「楽しそうだから」という理由なだけで、先約を反故にしてしまうような人だと考えたら、少し「違うな―」と。

ということは、この人はもっと面白そうな飲み会があったら、自分の飲み会もいつか反故にするのではないだろうか、などと勘ぐってしまう。

それに飲み会が盛り上がるかどうかは「自分次第」なのではないのか。自分が場を盛り上げ、楽しい会にしようと努めればいいだけではないのか、とも思う。(なんか人任せな感じがする)

というか、そもそも別に盛り上がらなくても、ゆったりと語り合う会だって全然良いと思う。

(あと、約束を反故にされた人たちの立場で考えると、気も遣う。)

いろいろと違和感が沸いてきた。。

陰口が好きな人にも同じことを感じる

これは陰口を聞かせてくる人にも全く同じことを思う。「XXが嫌い」と陰口を言う人を見ると、「あー、同じようにいつか自分も言われるのだろうなー。この人はあまり信用できないなー」と心の中で思ってしまう。

陰で悪く言うことで共感を募り、「自分だけじゃない」と感じることで溜飲を下げたいのだと思うのだけど、僕はそんな言葉を聞き入れたくない。

そういう場合は、最後まで話を聞いているフリして、右から左に流して終了。その内容があまりにひどい場合は「直接言ってきなよ。」と言って突き放してしまうこともある。で、これをずっとやっていると、自分に陰口が届くことは少なくなる。「こいつに悪口を言っても無駄」だと思われるからだ。でもそれでいいと思ってる。

じゃあ今度は自分が陰口の対象になるか、というと別に今までそんなことはなかった。いや、あったのかもしれない(というか絶対あったはずだ)けど、持ち前の鈍感力が遺憾なく発揮されたのだと思うし、よくわからない話を聞いたら、直接本人に話を聞きに出向き、話し合って、問題をクローズしてきた。

それでも問題なく生活を送れているのは、単純に周りの人間に恵まれたのだと思う。

面倒くさい性格かもしれないけれど

こんなことを書くと自分が面倒くさい性格だと思われるかもしれないけれど、嫌なものは嫌なのだ。

別に綺麗ごとを言いたい訳じゃないし、「みんなで仲良くしましょう」なんてメッセージがあるわけでもない。ただ僕にはそういった誰かと誰かを比べたりだとか、陰口や悪口を聞くといった事に時間を費やすのが「とにかく面倒くさい」のだ。(群れてる感じも恰好悪いと思うし)

そんな暇があったら、僕は自分のやりたいことに「没頭」していたい。何故なら、その方が圧倒的に楽しいからだ(こういう所のジャイアン性は自覚している)。仕事だって遊びだって、何だってそうだと思う。

だから後輩にはいつも「何か問題があれば、堂々とみんなの前ではっきり言うこと」、「抽象的な批判はやめ、具体的な対案を出すこと」、「理性的に建設的な意見を伝えること」の大切さを説いている(まるで政治家だ。後輩からは「こいつ、ウルセー」って思われているかもしれない。。)

でも厳しいことを言うかもしれないけれど、上述で上げた例はすべて「他責思考」によって起こりうる事象だと思う。他責にして問題の本質から逃げることは、表面的な課題解決にしかならない。そのしわ寄せは回りまわってすべて自分に返ってくると思う。(確実にその問題は「再発」する)

別に自責になれということが言いたい訳ではない。でもそのことについて、周りの人に同意を求めるような姑息な真似をしたり、自分の都合で約束を反故にし、信用を失うようなことはするなと思う。

自分に原因を求めることがしんどいのはわかる。でも、人に迷惑をかけず、自分の心の中だけで完結すればいいのではないか。

この考え方って、僕が変わっているだけなのだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます〜!よろしければシェアしていただけると嬉しいです!

ありがとうございます〜😊
8
SIer企業に勤務しながら、寄付を集めるためのWEBサービスをステルスで運営しています。「倦まず弛まず屈せず」をテーマに毎日必死です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。