見出し画像

「さよなら、パリ。」(1955年)

"Chau Paris"は1955年の作品である。ピアソラ34歳。1954年にパリのナディア・ブーランジェの下で対位法をはじめとするクラシック音楽の基礎を学んだピアソラは1955年の夏にブエノスアイレスに戻る。


「Chau」って何語だろうと思ったらスペイン語だった。スペイン語でさよならの意味だ。(どちらかというとバイバイくらいの感じ)
どうしてタイトルをフランス語にしなかったんだろう。と思ったが、やはりピアソラの母国語はスペイン語だったのだと思う。ブーランジェを第二の母と慕っていたという話もあるが、や彼の故郷はブエノスアイレスだ。
フランス語を使った楽曲はこの後生まれるが、それはブレイクしてからの話である。


それにしても1年でだいたいのことを勉強して帰ってこれるピアソラは本当にクレバーだと思う。19歳から24歳までヒナステラに理論を叩きこまれたそうだが、さらに発展した学びだったに違いない。

この"Chau Paris"はまだタンゴの要素を色濃く残しているが、調性の展開、割り切れない小節はタンゴからピアソラが一歩踏み出したことを感じさせる。(アレンジではがっつりタンゴの楽曲/踊りの伴奏としての楽曲になることが多い。)


この後生まれるたくさんの対位法を駆使した作品がわたしは好きだが、この時期の右のものから左のものに移り変わろうとしている、タンゴから、モダン・タンゴに移り変わろうとしている楽曲はピアソラの実験が見られて面白いし、今の私たちにとっても勉強になる。

2020年4月27日月曜日
『クレモナ』モダンタンゴ・ラボラトリ
バンドマスター ぴかりん(久保田 ひかり)


【毎日ピアソラに挑戦】
毎日ピアソラの楽曲を勉強していきます。
わたしたち『クレモナ』でできる編成で、出せる知恵を使ってアレンジ・演奏をしていきます。
ぜひご意見・ご感想お待ちしております。


【『クレモナ』モダンタンゴ・ラボラトリ】

アストル・ピアソラの生み出した『モダン・タンゴ』を専門とする20代女子4人組の木管四重奏団です。
四重奏を中心にトリオやデュオ、ソロでも、新しいクラシック音楽の時代をクリエイションしたいと力を合わせて猛突進中です。

Follow us!
◆Facebook 


◆Twitter


◆Instagram


CDのご購入はこちらから。
◆1stアルバム「Che Tango Che!-タンゴ、しなくっちゃ!-」

  
◆2ndアルバム「Libertango」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最高です!
1
「あなたに届けたい!愛と官能のモダン・タンゴ!」をコンセプトに池田から関西、日本、世界へ飛び出す、 21世紀クラシック音楽の若き先駆者。現代のクラシック音楽「モダン・タンゴ」を世界へと広め、 「エシカル(=倫理的に正しい選択)」を追求する女子4人組です。

こちらでもピックアップされています

アストルに告ぐ
アストルに告ぐ
  • 24本

『ピアソラのスペシャリスト集団』としての【クレモナ】の、「アストル・ピアソラ」その音楽と、自分たちの関わりについて。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。