はじめての方へ

画像1

はじめまして、芝哲也といいます。

普段運営している、Cauz(コーズ)というデザイン事務所でクリエイティブ・ディレクター(デザイナーが成長した感じの役職)を、一般社団法人クリエイティブ思考協会という会社でコンサルタントと研究者をやっています。

「できない理由」が知りたくて歩み始めた「デザインの道」

17年ほど前に友人の導きでデザインという分野に出会いました。そこで不器用だった自分は「この世にこんなに難しいことがあるのか!」と衝撃を受け、「できない理由が知りたい!」と、デザイナーになることに決めました。そこから海外・カナダでデザインの勉強をしたり、そのまま就職したり、帰国したりと修羅の道を歩むことになったのですが、幸いよき先生方、先輩方に恵まれ、その導きにより、「できない理由」を「できる理由」に変換し、「つくりかたのつくりかた」を開発しながら17年歩んできました。

ここで話す「デザイン」が指すもの

画像2

カナダでデザインを学んだからなのか、はたまた、今まで務めた会社が特殊だったのか、僕の仕事で扱うデザインという言葉の定義は、広義のデザインより少し広いようで、グラフィックからウェブ、映像、プロダクト、サービス、場、ひいては会社やブランドまで、デザインと名のつくものは全て守備範囲としています。また、写真や家具、雑貨作りなどにも範囲が拡張しているため、僕はデザイナーというよりは、クリエイターという方が適切かもしれません。

「それって研究なのでは?」から始まった創造性の研究と教育

帰国後、17年前に僕をデザインの道に引き込んだ友人に、「君がやってることは『研究』なのでは?」と指摘を受け、大学院に進学、学術的に、創造性とイノベーションの研究をしました。また、前々職、カナダではブランディングを、前職、日本では、イノベーションやソーシャルデザインを実践していたため、慶應義塾大学で、デザインとイノベーションの授業も担当させていただいています。

クリエイティブ思考の体系と目指しているもの

世界にはデザイン思考やシステム思考など様々な考え方が提唱されているのですが、①直感的でなかったり、②実践が難しかったり、③効果が現れにくかったりします。そこで、「不器用すぎる僕が少しできるようになるなら、誰でもデザインやクリエイションができ、イノベーションを目指せるメソッドを作れるのでは?」と思い始め、17年間の試行錯誤やコツ、既存の思考法と研究の成果をまとめ、クリエイティブ思考という形にして「すべての人の創造性を解き放ち、1億2000万個のイノベーションを創出する」ことを目指して、研究、実践、教育を行っています。


このノートで展開していく情報

こちらのNoteでも、「すべての人の創造性を解き放ち、1億2000万個のイノベーションを創出する」を軸に様々な話題を書かせていただこうと思っています。また、最新のアクティブラーニングの情報、クリエイティブ思考や、オンラインでできるアクティビティ・ワークショップの情報など書かせていただきます。

もし「気になるぞ!」と思われた方は、フォーローを、「なかなか興味深い」と思われた方は、スキボタンやシェアなど、よろしくお願いします!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
クリエイティブ・ディレクター / サイエンティスト 慶應義塾大学大学院SDM修了。デザイン事務所 Cauz(コーズ)代表・一般社団法人クリエイティブ思考協会共同代表。カナダの広告代理店BLASTRADIUS 、NOSINGERを経て独立。創造性とイノベーションの研究、教育に従事。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。