cogitoworks Ltd.

映画製作プロダクションコギトワークスの公式noteです。 『コギトの本棚』と題してコギ…

cogitoworks Ltd.

映画製作プロダクションコギトワークスの公式noteです。 『コギトの本棚』と題してコギト所属の脚本家いながき きよたかによる“創作の実験場”として立ち上げたWEB文芸誌。 その他、社員の言葉などを載せていきます。 http://cogitoworks.com/

マガジン

  • コギトワークスのプロデューサーの部屋

    コギトワークスのプロデューサーたちが日々考えていることを、各々綴ります。

  • 映画『オールモストピープル | almost people』

    横浜聡⼦、⽯井岳⿓、加藤拓⼈、守屋⽂雄監督 4人の監督が紡ぐ『感情の欠けた4人きょうだい』の物語 The story is about four siblings who had a lack of emotions 2023.9/30 ユーロスペース ほかにて世界同時期公開 (東京 ロンドン ニューヨークトロント 他) 30th September, 2023 at EUROSPACE and world TOKYO, LONDON, NEW YORK, TORONTO, …and more

  • コギトの本棚・エッセイ

    ここでは主に随筆や独り言を取り上げてお届けします。

  • 世界のミニシアターRecords

    世界にはたくさんのミニシアター(アートハウス)があります。 世界各地にどんな劇場があるのかお知らせしていきます。

  • コギトの本棚・対談

    コギトにお招きしたゲストの方々との対談をお楽しみ下さい。

最近の記事

石井岳龍監督 映画『箱男』ベルリン国際映画祭に正式招待

2024年が始まりましたね!! 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年は、甲辰。「甲辰」は「春の日差しが、あまねく成長を助く年」ということ。要は、急速な成長と変化を誘う年になるということのようです。 はい、これまで仕込んでいたものを、実らせて行こう!! と誓う、プロデューサーの関です。 さて、そんな幕開けの今年ですが、新年早々にとても嬉しいニュースをお届けさせていただきます。 長年、企画開発をしておりました、安部公房原作、石井岳龍監督 映画『箱男』がまもなく完成する

    • 海外のアートハウスシネマと直接交渉をしたことで実現できた対談

      気づけばもう11月、今年の秋は短かったですね。ボクは秋が一番好きな季節なのでとても残念です。 はい、コギトワークスプロデューサーの関です。 現在公開中の映画「almost people」ですが、ここでも繰り返しお伝えしたように、この映画は、セールスカンパニー等を介さずに、作り手自らが海外の劇場に直接配給を行っている、謂わば “Farm to Table” 産地直送型なビジネススキームを行うはじめての映画なのですが、 その試み、海外の劇場支配人さんたちと交渉を進めていく中で、

      • On Sep 14th, there is the premiere screening of ‘almost people’ in the Tokyo area.

        Goichi Mine, Elisa Yanagi, Kai Inowaki, Mihaya Shirata, Gakuryu Ishi, Takuto Kato, and Fumio Moriya, 4 protagonists and 3 directors attended the media conference before the screening. ”Japanese art house films to independent cinemas all ov

        • 映画 『almost people』9/14(木)開催プレミアム試写会〈オフィシャルレポート〉

          嶺豪一、柳英里紗、井之脇海、白田迪巴耶、 石井岳龍監督、加藤拓人監督、守屋文雄監督登壇! 井之脇「“楽しまないぞ”と思っても楽しんでしまう」 “感情が欠けた”役柄の裏話をキャスト陣が披露! ロンドン、ニューヨークへ…“全世界公開”への熱い想いを告白! 9月14日(木)、映画『almost people』プレミアム試写会が東京都内で開催され、上映前の記者会見に嶺豪一、柳英里紗、井之脇海、白田迪巴耶、石井岳龍監督、加藤拓人監督、守屋文雄監督が出席した。 「日本映画を世界のミニ

        石井岳龍監督 映画『箱男』ベルリン国際映画祭に正式招待

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • コギトワークスのプロデューサーの部屋
          cogitoworks Ltd.
        • 映画『オールモストピープル | almost people』
          cogitoworks Ltd.
        • コギトの本棚・エッセイ
          cogitoworks Ltd.
        • 世界のミニシアターRecords
          cogitoworks Ltd.
        • コギトの本棚・対談
          cogitoworks Ltd.
        • コギトの本棚・小説
          cogitoworks Ltd.

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          経営者として、映画プロデューサーとして、2023年のこれまでを振り返ってみる。

          随分久しぶりのnoteになってしまいましたが、その分アレヤコレヤとやっていたんだろうと想像していただけると幸いです。 はい。相変わらずなコギトワークスプロデューサーの関です。 いや〜、年々思いますが、今年も、まぁありがたいことに濃厚な日々であります。そんな慌ただしい中の小さな身近な変化でいいますと、今年3月にLondon、NY、Toronto、Vancouverから帰国後に体重計に乗ってみたところ、この数年見て見ぬふりを決め込んでおりましたが、過去一番に豊かになっておりまし

          経営者として、映画プロデューサーとして、2023年のこれまでを振り返ってみる。

          いながききよたかのシナリオ夜学、始めました

          こんにちは、コギトワークスのいながききよたかです。 このたび、コギトワークスのyoutubeチャンネルにて、『シナリオ夜学』というコーナーを始めました。 第1回目のアーカイブはこちら▼でご視聴いただけます。 いわゆる、『シナリオの書き方』について、あれこれお話ししていく予定ですが、 『書き方』に加えて、 シナリオそのものが、どんな考えの基に作られているのか? そもそもシナリオって何?ということなどにも触れていこうと考えております。 シナリオライター志望の方だけでな

          いながききよたかのシナリオ夜学、始めました

          Canada 滞在3泊4日 2023/3/21-3/24

          海外出張中のプロデューサー関です。さてこの旅もいよいよ大詰め、お次はCanadaでの出来事を振り返ってみようと思います。Canadaと括るとあまりにも広いですが訪れたのは、TorontoとVancouverです。 Torontoでは、Revue CinemaとHot Docs Ted Rogers Cinemaの2館を訪れました。Hot Docsは主にドキュメンタリーに力を入れている劇場でしたが、Torontoの他の劇場のカラーなども教えていただきとても親切にしていただきま

          Canada 滞在3泊4日 2023/3/21-3/24

          【世界のミニシアターRecords 11】N.Y.篇

          世界中のミニシアターをご紹介するこちらの企画、再びN.Y.の劇場を取り上げたいと思います。 NY |IFC Center クラウドファンディング「CAMPFIRE」の活動報告ではすでにご報告したのですが、私この度、こちらの劇場に直接訪問してプログラム責任者の方と商談して参りました! 上映プログラムも歴史ある施設も素晴らしく、劇場として皆さんに紹介したい!と思い取り急ぎ筆を取った次第です。 劇場内には『やまぶき』、『ケイコ目を澄ませて』、『千夜、一夜』、『All The

          【世界のミニシアターRecords 11】N.Y.篇

          【世界のミニシアターRecords 10】カナダ篇

          みなさまこんにちは。コギトワークス プロデューサーの関です。 今回は、カナダ最大の都市であり、国際映画祭も開催されている文化の中心地・トロントのミニシアターをご紹介します。 Toront|The Revue Cinema こちらの劇場も、一連の「日本映画を世界のミニシアターへ」の一環でお邪魔しました。 突然の訪問にも関わらず、支配人にお目にかかり、上映に関しても検討のテーブルに上がっている状況です! 一度は閉館の憂き目に見舞われながらも、地元の方々の尽力で復活したこ

          【世界のミニシアターRecords 10】カナダ篇

          New York 滞在5泊6日 2023/3/15-3/20

          海外出張中のプロデューサー関です。さて前回に続いてお次はNYでの出来事を振り返ってみようと思います。 この滞在中に実際に訪れた劇場は、Anthology Film Archives、Spectacle、Nitehawk Cinema、Williamsburg Cinemas、IFC Center、Film Forum、Japan Society、Metrograph、そしてNYCから600km以上北上した同じNYのRochesterという街にあるGeorge Eastman

          New York 滞在5泊6日 2023/3/15-3/20

          【世界のミニシアターRecords 09】カナダ篇

          かねてよりこちらのnoteでもお知らせしている「日本映画を世界のミニシアターへ」の旅、最終目的地のバンクーバーに辿り着きました。そこで、バンクーバーで地元の方たちに愛されているミニシアターをご紹介します。 Vancouver|The Cinematheque 公式ホームページ:https://thecinematheque.ca/ こちらの劇場には明日、交渉にお伺いします。「日本映画を世界のミニシアターへ」の旅のご報告はまた改めてご報告したいと思います! コギトワーク

          【世界のミニシアターRecords 09】カナダ篇

          【世界のミニシアターRecords 08】N.Y.篇

          みなさまこんにちは。コギトワークス プロデューサーの関です。 『世界のミニシアター』をご紹介するこちらの企画、今回はちょっと毛色を変えて、ミュージアムをご紹介します。 NY州 | The Dryden Theatre 公式ホームページ:https://www.eastman.org/dryden-theatre NY州の北西部、ほぼトロントにある、広大な敷地を誇るミュージアムです。実はこちらのミュージアムにも、我々が行なっている「日本映画を世界のミニシアターへ」プロジ

          【世界のミニシアターRecords 08】N.Y.篇

          London 滞在6泊7日 2023/3/9-3/15

          海外出張中のプロデューサー関です。さて、Londonでの出来事を振り返ってみようと思います。 この滞在中に実際に訪れた劇場は、Phoenix Cinema、Curzon、Prince Charles Cinema、BFI Southbank、Gate Cinemaの5館を訪れました。 結果報告としては、我々の映画を今後上映していただけるのは、East FinchleyにあるPhoenix Cinemaさんです!2h30にも及ぶ打ち合わせとなりましたが、終始我々の活動に共鳴

          London 滞在6泊7日 2023/3/9-3/15

          【世界のミニシアターRecords 07】LONDON篇

          みなさまこんばんは。コギトワークス プロデューサーの関です。 世界の魅力的なミニシアターをご紹介するこちらの企画。いったんNY.に移りましたが、今日はロンドンに戻って、歴史深いアートハウスについてお知らせします。 London | Phoenix Cinema 公式ホームページ:https://phoenixcinema.co.uk/ 今日、なぜロンドンの映画館をご紹介したかったかと申しますと、わたくしが現在ロンドンにいるからなのです。こちらのなんとも素敵な劇場とも、ワ

          【世界のミニシアターRecords 07】LONDON篇

          エンドロール最後まで観ますか?

           おおむね毎週火曜日18:00からライブ配信を行なっているYouTube『コギトチャンネル』ですが、その中の番組『映画制作読本 〜 プロが話す、映画現場のこと。』というのをやっているのです。 先週配信した【エンドロールを分析してみよう】というテーマの中で話したことで、「エンドロールの最後、監督のクレジットをロールするのか、止めるのか」という話しが、ボクの周りだけかもですが思いの外反響がありました。 そもそもエンドロールにはルールはなくて、所謂慣習としてそれに倣っているもので

          エンドロール最後まで観ますか?

          2023年1月20日(金)に思うこと

          あっという間に2023年の1月がもう半分以上も過ぎて行っていることに全然追いついていない、プロデューサーの関です。 改めまして、みなさまあけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、別にテーマがあるわけではなく書きはじめてしまいましたが、最近のボクの頭の中で浮遊していることをなんとなく。 これは、いつの間にか思っていることなんだけど、人になにかを教える時に、「具体的な方法、How toを伝える」に終始することは、なんだか意味をなさないよ

          2023年1月20日(金)に思うこと