パン好き🍞ありぱん

パン好き🍞ありぱんです。 「余計だけど大事なこと」を考えます。 コミュニケーションマネージャー(広報、マーケ、採用広報、組織開発)←人事←マーケター←UXコンサルタント。 組織開発、キャリア開発、UX/EX、人間考察、人事、パン、旅行、本、恋愛、サンリオ、イコラブちゃん。

パン好き🍞ありぱん

パン好き🍞ありぱんです。 「余計だけど大事なこと」を考えます。 コミュニケーションマネージャー(広報、マーケ、採用広報、組織開発)←人事←マーケター←UXコンサルタント。 組織開発、キャリア開発、UX/EX、人間考察、人事、パン、旅行、本、恋愛、サンリオ、イコラブちゃん。

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    パンは、概念であり、人生である。

    ■パンが、好きだ。パンが、好きだ。 どれくらい好きかと言うと。 ①これを衝動買いし→翌日着用してパン屋へ (パン屋さんもびっくりの完全武装。ちなみにピアスとネックレスもパンだったのでちょっと笑われた) ②どこかに行くと必ず「現在地/パン・サンドイッチ」で検索する (食べログ検索で【現在地500m パン】をピンドメしているので、いつでもすぐに調べられる) ③食べたパンはスプレッドシートで管理 (昨年末からスプレッドシートで記録を始め、現在約200行を突破。なお記録の

    スキ
    349
      • 「大船いいとこ一度はおいで」大船が住みよい9つの理由(+α)

        こんにちは、大船を愛し、大船に愛されたい民ことありぱんです。 さて、今回は、最近周囲に激推ししている我が住まいこと「大船」の魅力をお伝えします。圧強めの10,000字強(予定)でお送りします! そもそもなぜ大船をそんなにも推したいのかというと、ズバリ「自分の住んでいる場所の魅力をもっと知りたいから」。みんなが大船に興味を持ってくれて、訪れてくれて、新たに素敵なところを見つけてくれたらいいなぁとおもっています。 とはいえ、(万人受けはしないと思うけど!)特定のニーズを持った方

        スキ
        65
        • 「ととのわない」という選択、あるいはぬる湯の可能性【#銭湯考 002】

          こんにちは。ありぱんです。今日も「#銭湯考」やっていきましょう。 現代は「ととのい」戦国時代サウナブームと言われて久しい2022年、世間は「ととのい」至上主義だ。この記事を読んでくれている読者のなかには、サウナや温冷交代浴を好む方が多いのではないだろうか。 熱いお湯あるいは灼熱のサウナにIN!あるときは熱波!ロウリュ! からの〜、冷水へダイブ!またあるときは川に飛び込む!雪に突っ込む! からの〜、外気浴!めくるめくサウナハイ!あるいはサウナトランス! と言わんばかりの勢

          スキ
          25
          • 「銭湯考」、はじめます。【#001】

            お久しぶりです。「ずっとやろうと思っていてできなかったことを全部やろう」というコンセプトのもと、温泉宿でおこもりGWを過ごす、温冷交代浴大好きマンことありぱんです。 この度、満を持して「銭湯考」を始めることにしました。 「銭湯考」とは何か「銭湯考」は完全に自分の造語です。これまでも「#1日1考」というハッシュタグをつけて、自分の考えたことをほそぼそとTwitterに書いてきたのですが、これの銭湯バージョンです。 当たり前ではありますが、銭湯にいるときには、普段と違う環境

            スキ
            36

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 「習い事の目的は何か」に関する考察

              (注:最後のちょろっとした小ネタ以外すべて無料で読めます) 弊夫婦には現状、子どもがほしいという願望あるいは予定がない。私個人として、自らの育ち方や家族/親子のカタチに疑問や違和感を抱いている
こともあるし、シンプルに、子どもの必要性を現状では感じていないことに起因する。 が、そんななかでも時折、お互いの関心領域でもある「教育」についてのトピックはたびたび話にのぼる。今回は「習い事」について話したのが面白かったので、ここに書き留めておくことにする。 (ただし、これは本当

              スキ
              39
              有料
              100
              • 「考察厨」、あるいは脳内ナレーションのススメ

                私は、おそらく自他ともに認める考察厨だ。そのことが、ときにコンプレックスでもあった。だが今回、あえて私は「考察厨の効用」について書いてみることとする。 【はじめに】「考察厨」とは何かぐぐってみたら、正式な日本語ではないようだ(出鼻を挫かれた顔)。 例えば、アニメや漫画をみたときに「このシーンの裏の意味は…」とか「はっきりとは書かれていないけど、実はこういう意味があるのでは…」とか考えたり、「この場ではこういう力学が働いていてこういうことなんじゃないか」と色々な解釈を行う人

                スキ
                33
                • フルーツサンドは何故こんなにも愛されるのか

                  フルーツサンド。 その単語を聞くだけで、ワクワクする人も多いのではないだろうか。 人を惹きつけてやまないそのビジュアルから、多くの人に愛されている。パンと果実と生クリームの三位一体は、多くの人を幸福の渦に巻き込んできたとも言えよう。事実、目黒にあるフルーツサンドが有名なお店では、その味を求め、朝早くから人が訪れる。 最近では、テイクアウトでのフルーツサンドも流行している。パンにこだわる店、クリームのヘルシーさがウリのお店、フルーツのラグジュアリーさが有名なお店、萌え断がイ

                  スキ
                  525
                  • 私の「呪い」が解けたとき

                    つい先日、30歳になった。 意識していなかったといえば嘘になるが、あっさりと30代を迎えた。私は社会人8年目、現在4社目の会社で働いている。 仲間内で書いてみよう!ということになり、このテーマに筆を執ってはみたものの、今回のテーマである「#私らしいはたらき方」という言葉を見て、戸惑う自分がそこにはいた。 今の自分を表す適切な形容が思いつかない。これまでならスラスラと思いついていた「シナリオ」「筋書き」が、頭の中にない状態だ。 自分史上、いまが一番「私らしく」働けているは

                    スキ
                    103
                    • ネコの魔力と隈研吾展

                      猫。 実物を見たのではない。私は会社の広報をしており、メンバーの自己紹介をちょうど管理しているのだが、そこで、おびただしい…とまでは行かないが「猫」を特記事項(趣味・嗜好欄)に書いている人の多さに驚いたのだ。 猫。 ネコと聞いて、どんなイメージを持つだろうか。可愛い、自由奔放、気まぐれ、小悪魔、規則性のなさ、孤高…いろいろなことを思う人がいるだろう(因みに私の記憶違いでなければ、幼少期にネコに怒られたことがあるので苦手だった。今では克服したもののネコアレルギーなので別の

                      スキ
                      32
                      • 株式会社イノベーター・ジャパンに入社しました【ご報告】

                        4月は出会いと別れの季節。 私にとってもそれは例外ではなく、胸がきゅっとなる別れと、素敵な出会いがありました。 ※前回の所信表明はこちら ナイル株式会社を退職しましたデジタルマーケティング事業部にて事業部人事を約1年間、人事本部にて組織開発を半年弱、やらせていただきました。 キャリアの前半は正社員・業務委託・アルバイト等のマーケター採用の採用、オンボーディング研修の企画に関わり、後半はウェビナーや組織開発(ミッション・ビジョン・バリューの浸透や、活性化施策)を行いました。

                        スキ
                        124
                        • 好きはどろどろに溶ける #推しとか好きとか

                          最近お休みしていた文章がようやく書けそうなコンディションになってきたので再開していこうと思う。 ここから数本は「推し」と「好き」について考えながら、いくつかの文章を書いていくことにする。今回は1回目。テーマは「好きって何?」と題し、「好きであるという状態」について考えていく。 「好き」ってなんだろう。そういえば最近、私は「好き」と言っただろうか。あるいは、そんな感情を持っただろうか。あるとしたら、何故? * 「推し活」に励むキャラだと思われがちだからだろうか、誰かに「好

                          スキ
                          29
                          • 美容院で髪型が変わらなくてもいい。そう思った、社会人1年目の冬のこと。

                            人のことをどこかで信じていない学生だった。 人からもらったアドバイスを無視して明らかに付き合うべきでない人と付き合ったり、誰かの善意を踏みにじって自分のやりたいことを優先させたりしてきた。 うまくいかないことがたくさんある。そして、その原因の多くは「人のことを心から信じていないから」だと知っていた。 そんな私が、少しずつ「誰かに委ねる」「一緒に作る」ことを意識出来るようになっていったきっかけ。 それは、社会人になってかれこれ5年以上通っている美容院だ。 * 誰から

                            スキ
                            40
                            • 宮古島おすすめグルメ/スポットを紹介します! #パン好き人事の宮古島日記

                              #人事ごった煮会in宮古2020振り返り こんにちは、パン好き人事ことたかおことありぱんです。 今回は、11/19(木)~11/24(火)に<感染対策は十分に講じながら>訪れた宮古島で行ったところのなかから、おすすめのスポットをご紹介していきます★ 人事ごった煮会in宮古2020振り返りはこちら。 エモい部分だけ抽出したnoteはこちら。 宮古島で食べた/行った!おすすめスポット ~グルメ編~ 5泊6日中に訪れたお店のなかでおすすめを紹介していきます。まずはグルメ編

                              スキ
                              18
                              • 日常と非日常の狭間で。宮古島で人事としての1年を振り返り!@人事ごった煮会

                                #人事ごった煮会in宮古2020振り返り こんにちは、パン好き人事ことたかおことありぱん(命名)です。 今回は、11/19(木)~11/24(火)に<感染対策は十分に講じながら>訪れた宮古島で感じたこと、考えたこと、行ったところなどについて記録していきます。 エモい部分だけ抽出したnoteはこちら。 宮古島のおすすめスポットなどについて書いたnoteはこちら。 # 人事ごった煮会とは人事ごった煮会とは、人事に関わる人同士の出会いや繋がりを通して、上下関係なく互いに刺

                                スキ
                                20
                                • 海が大嫌いな私が、宮古島を好きになるまで。

                                  #人事ごった煮会in宮古2020振り返り 生まれてからずっと、山が町の9割を占める土地で育ってきた。 家族旅行はもっぱらスキーと登山。 海に縁遠いまま育ったわたしは、海が嫌いだった。 そして2020年11月、海がきれいな宮古島を、わたしは好きになった。 「海」と関わるとき、思い出す景色。小学生時代、私の住む神奈川県の山間から海までは、決して遠くない距離だった。小学校中学年のとき、遠足で訪れたのは【真鶴】。真鶴海岸で出会った大量のフジツボを足元に捉え、私は海の前で号泣した

                                  スキ
                                  23
                                  • ヨッピーさんに学ぶ!ウケる企画を無限に思いつく方法【ぶんしょう舎_vol.1】

                                    みなさんこんにちは、パン好き人事ことたかおです。 今回、生まれてはじめて【ライター講座】なるものに参加したので、 そこで学んだことを(せっかくなのでTwitter後から実況だけではなく) noteに残る形で書いていこうと思う。 「ぶんしょう舎」とは?「ぶんしょう舎」は3ヶ月間限定のライティング講座です。基本的なライティング技術、企画、コピーライティングなど、様々な分野の第一線で活躍する講師陣に学んでいきます。 「文章を上手く書きたい」 そう思っている人に最高の講師陣でお

                                    スキ
                                    62