見出し画像

知らない・・・を使う [P.3]


「この身体はいつだって、今に紐づけられ空間と一体である」
なんて聞くと、とても窮屈な感じがするかもしれない。

まるでぼくらには、選択の余地などないような気さえしてしまう。

でもひょっとしたら…
本当に、じぶんで決めていると思っていることさえ
錯覚なのかもしれない。。。

学生のころ、ある講義を聴講したことがあった。
うろ覚えだが、そこでこんな話しを聞いた。

・....................................................................................・
『未来からの手紙 § エチカ 』~ 第二章 「覚え書き」P.3
・....................................................................................・

1)たしかドイツでの実験だったと思う。
 たとえば手で何かを掴もうとする。
 従来なら、脳から指示が出て腕が動くと考えられていた。

 しかし実際には、空間に(*1)先に電気信号が発せられ、
 それを後から意識がキャッチしていることが分かった。

  *1:〈空間〉との言葉を使われたと記憶しているが、
   なにしろうろ覚えなのでご容赦ください。

 このことから、じぶんで思考し自らの意志で選択している、
 と思っているのは錯覚で、
 全てのモノゴトはどんな細部に至るまで全て決まっている、
 との見解を示した学者がいた。

 この話しを聞いたとき、とてもオモシロイ!と思ったし、
 じゃあ人間の運命も隅々まで決まっているんだ!?
 と、窮屈どころか爽快感さえ覚えた。

 それに、仮にそれが真実だとしても未来は誰にとっても不確実。
 たとえ運命が隅々まで決まっていようが決まってなかろうが、
 人間の意識には分からないのだからアドベンチャー性は残る。
 だったらやっぱりオモシロイ!

 と当時はそう思い、
 絶対的だった常識が覆された衝撃だけが残った。

2)そのまた後のこと。
 ぼくの担当していたアーティストのボイストレーナーが、
 趣味で合氣道をやっているという話から同様のネタを聞くことに。

 相手に勝とうとアタマで考えると、判断は0.35秒ほど遅れるので
 その寸分の隙にやられてしまう、といった話しだった。

 なぜなら、勝とうと構えるその力みが相手に伝わり、
 戦闘モードを読まれるからだと。

  ___ぼくはこの話しを聞いたとき

     まさに “ Don't think. Feel ! ”
     リアル ドラゴンだ!と興奮した。

 
ではどうすればよいかというと、相手の氣に合わせるのだという。

相手が倒したがっているのなら、それに抵抗するのではなく
その相手の氣に心身まるごと委ねてしまえばいいのだと。

つまり、合わせるというよりは、相手と一体になる、ということだ。

だがそうとはいえ、
実際に戦う相手に全て委ねるなんて容易に出来そうもない。
そこでベースとなるのが、なんと!愛!だと言っていた。

ベースは愛。
というのはとてもしっくりときたが、言うは易し行う難し。
実践には覚悟と修練が必要だろうと感じた。

           ★

3)さらに時を経て、こんどは活字で同様のネタに遭遇。

 それは、カルフォルニア大学 ベンジャミン・リベット博士
 による脳神経科学の実験の記録だった。

 ぼくらが何かをこうする、と決めるより約0.35秒前に、
 無意識的な活動が先に決めていると検証されたのだ。

 記述によると、年代的にはこっちの方が先なので、
 おそらくその後、様々な方面へ広がり
 更に検証が重ねていかれたのだと思われる。



ぼくが日常で〈同時〉を体感した(*2)のは、上の行間 ★ のころ。
だから尚のこと、3)の実験が示していることが
リアルに感じられたのだった。

*2:〈同時〉を換言すると、主体と客体が分かれる前とも言える。
       この体感は直感的に、色即是空 空即是色 とピタリと一致した。


実際、1)2)の話しに衝撃は受けたものの、
日常生活にどう生かせばよいのかは不明だったため、
情報自体は忘却の彼方へいっていた。

いよいよあの体感を日常に使えるようになり始めたころに、
まるでコタエ合わせのように、3)の記録を目にする運びとなる。
そこでようやく、3つの情報が串刺しされたのだ。

この経緯により確信したのは、
知って衝撃を覚えることと、実際にカラダに落とし込むこととの間には、
思っているより大きな、歴然とした隔たりがあるということだ。

そういえば、おしゃべり鮫が言っていた…
と、はたと気づく。。。

「エチカくん。知ることと使うことは、まったく異なるメロディー。」

そっか、そういうことだったのか!


知って近づける世界もあれば
知っただけでは飛び越えられない世界もある。

だったらいっそのこと、〈知ってる〉を使わずに

〈知らない〉を使えばいいんだ!


そう思い至って以来、
ぼくの日常の〝工夫〟は格段に進むようになった。

::::::
『未来からの手紙 § エチカ 』~ 第二章 「覚え書き」
 つづく♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

本日も💛 最後までお読みいただきありがとうございます☺︎

あなたの夢が 最高のカタチで叶いますように💚
3
はじめまして♪ 自然のいとなみや人間の可能性に関心が強く、研究と実践をつづけてます。現在、いろいろ実験しつつnote活動を楽しんでます。天然温泉、玄米、微生物のはたらき、ピクサー、若冲、ロバート、とにかくなぜか水が好き💛

こちらでもピックアップされています

MIND OPERA
MIND OPERA
  • 18本

きみのリズムに踊ろう ぼくらは自由がいい

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。