生活のとなりに
見出し画像

生活のとなりに

Chisao

久しぶりになんだか書きたくなった深夜2時。

大抵、こういう時に書いた文章は見返すとはちゃめちゃでなんだこりゃ。というものがほとんどな気がするのだけれど、今日はなんとなく。

考えて、表現して、デザインする機会が多かった1ヶ月。

プレゼン資料を作成するにも、社長の構想を完全に理解しないと表現できない。とにかく掘り下げて、掘り下げて、少々喧嘩腰になりつつも思いを聞き出し。(本当に喧嘩が始まるところでした。。。笑)

イメージ感を膨らまし、いざ真っ白なキャンパスへ。


・・・・・・・・・・。


改めてデザイナーの方はすごいなと痛感したわけです。

ただ自分の構想を形にする。これだけでも難しいのに、人の思いを聞き出し表現することの難しさ。いつもスルーしてきたチラシ、日々利用するけど深く見たことがなかったアプリのカラー、UIデザイン。

こんな意味が含まれているのかな。意図はなんだろう。どんな思いを届けようと思って作ったんだろう。

そう考えるとモノの見方が少し変わったような気もするようなしないような。

本当はデザイナーにご依頼したいところですが、これもスタートアップの特徴。限られた予算の中でチャレンジする私たち。下手なりにやれることはやっちゃいます。


ということで「生活のとなりに」


この仕事も私の生活のとなりに毎日動いているわけです。

あっち行け〜。プライベートくらい仕事を忘れたいよ〜。と思いながら、忘れているようでどこかで事業を思い続けているんでしょうね。

オフの時にパッと浮かんでくるアイデア。

結局脳みそは仕事に犯されているでないか。と思いながらまた仕事に向き合う日々です。生活のとなりに。





この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Chisao
みせとく!の事業で広島紹介をするうちに、もっと言葉と向き合ってみたいと思ったのがきっかけ。小学生の頃から国語が大の苦手。(漢字については引かれるレベル)そんな私でも繋ぐことができる言葉があると思い始めました。どうぞ暖かく見守ってください。