見出し画像

おうちで中華 - 蒜蓉炒西蘭花(ブロッコリーの大蒜炒め)

今回の料理は、蒜蓉炒西蘭花(ブロッコリーの大蒜炒め)。ブロッコリーをニンニクで炒めるだけのことだが、ちょっとしたコツがある。

ブロッコリーに油とニンニクの風味が加わることで、ただ茹でたブロッコリーの十倍くらい箸が進むのがミソ。「ブロッコリーってつい茹でてドレッシングをかけるだけになっちゃうのよねえ」というあなた、是非お試しあれ。

単なるブロッコリーからただようご馳走感。

画像3

<材料>
・ブロッコリー(洗ってひと口大の房に分ける)
・ニンニク(みじん切り。意識して多めに)
・塩
<手順>
1)ブロッコリーを下茹でする。
  塩を入れた熱湯にブロッコリーを入れ、油をたらっとかけ回す。
  ブロッコリーに硬めに火を通し、ざるにあげる。
2)中華鍋に多めの油を熱し、ニンニクを投じる。
  ニンニクがジャーッと音を立てたら、すぐにブロッコリーも入れる。
3)ブロッコリーが熱くなるまで炒めたら、塩で味を調えてできあがり。

単純な料理であるが、注意すべきコツは割と多い。
ブロッコリーは硬めに茹でる。あとで炒めるので。
 茹でるとき油をたらすのは、色よく茹で上げるため。
ニンニクは多めに。ここをケチると美味しくならない。
炒めるときの油も多めに。少ないと艶やかに仕上がらない。
ニンニクに火を通しすぎない。最後まで白色を保つよう意識する。
 カリカリの茶色はNG。焦げたニンニクの匂いは、この料理にはいらない。

「そもそもブロッコリーを下茹でする必要あるの?」と思う人もいるかもしれない。面倒なら炒めるだけでもいいが、均一に火を通すのは結構難しいし、ブロッコリーに火が通るまで炒めているとニンニクが茶色くなってしまいがちだ。この料理では、下茹ではかける価値のある手間だと思っている。

茹でると、さーっと鮮やかな緑色に変わるのが好き。

画像1

もりもり食べよう!

画像3

ブロッコリーが今までより食卓に身近な存在になること請け合いだ。

<2020年3月>
過去にブログで公開したレシピは、以下リンクをご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします!頂いたサポートは食材と酒徒のやる気に姿を変え、新たなレシピとなって皆さまに還元される寸法です。

ありがとうございます。励みにします!
185
上海在住→2019年帰国。初中国でローカル中華に魅入られてから、早二十数年。本場で知った家庭でも作れる本格中華料理を紹介していきたいと思います。中華料理サイト80Cで「中国全省食巡り」を連載中。ブログは「吃尽天下」「酒徒善人」。
コメント (3)
私もブロッコリーのニンニク炒め、よく作ります😋教えていただいたポイントに注意して今度作ってみます✨
トライしますね!美味しそうですよ。
これは美味しそう! 味付けが塩だけというシンプルさがいいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。