見出し画像

黄金の糸



春の陽の中には黄金の糸が混ざっている
それはわたしたちの目をおだやかに眩ませる

黄金の糸は束になったりほぐれたり
陽の中でゆらめき遊ぶ

束になればいっそう太くきらめいて
ほぐれればいっそうやわらかに遊ぶ

春風がざぁっと強く吹く日
ほつれていた黄金の糸はふつりと切れたりもする
切れはしになった糸は風に乗って
どんどんどんどん飛んでゆく
わたしたちの視界のはしに
まぶしさを残すのを楽しむように

小さな子らは小さな手を伸ばして
黄金の糸切れをつかもうと飛び跳ねた
つかんだてのひらの中には
一枚の桜の花びら
驚くことはない
黄金の糸は花びらにだってなれるのだ

春の陽の中には黄金の糸が混ざっている
わたしたちがその中を歩けば
糸は静かにからまって
わたしたちを春に留める




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
stand.fm『ことのは・つれづれ』#2より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。(*^^*)
I am here like a poet. ことのは写真(Instagram)・おはなし作家 YouTube旅する詩集、BASEにてフォトブック販売中 毎月1回かわさきFMにて、ちいさなおはなしを朗読してました。いまはstand.fmにて『ことのは・つれづれ』配信中。