見出し画像

西インド・バス旅 〜 南ゴアはひたすらビーチ

Chifuku

インドでは、州や宗教により飲酒や酒の購入に制約があります。
その制約が少ないバンガロールでも酒税が高く、万人が飲みやすいとは言えません。

そんなインドの中でも、ゴアは酒税が安く(カルナタカ州のワインですらバンガロールより安い)、ゴアのみでしか販売していないお酒や、昼間から気軽に飲めるバーが沢山あります。

2週間前に北ゴアで存分に酒と景色を楽しめたので、今度は南ゴアへ行ってみることにしました。

旅程

前回は飛行機で行きましたが、空港バスの本数が少なく不便だったので、今回は勝手知ったる寝台バスで12時間。
往復5,878ルピー。
前回の飛行機は1時間少々。
往復1.4万ルピーでした。

  • Day 1 バンガロール発
    20:50 Majestic発 A/C Sleeper

  • Day 2 コルバ泊
    8:00 Panaji着
    8:30 Panaji発 9:10 Margao着
    9:30 Margao発 9:55 Colva着

  • Day 3 コルバ泊
    ColvaビーチからBenaulimビーチを散歩して朝食を。
    昼間暑い時間帯はホテルでまったり。
    夕日を見てビールで乾杯。

  • Day 4 ゴア発
    Colvaビーチで綺麗な朝日を見たらチェックアウトまでホテルでまったり。
    12:00 Colva発 12:35Margao着
    12:50 Margao発 13:30Panaji着
    パナジのRoute66で昼飲み。
    19:00 Panaji発 A/C sleeper

  • Day 5 バンガロール着
    6:50 Majestic着

バンガロール発

Majestic前のTank Bund Roadにバス会社がありました。
事務所があるのは安心と思ったのですが、事務所前にバスは到着しませんでした。
バイクで連れて行ってもらう人もいました。
なるほど〜事務所前でヘルメット持って待機していたお兄さんはそのためか!

遅延の連絡がなく、事務所では「来るから」「待ってろ」と言うばかり
(周囲のインド人達も怒るほどの応対)
水とクッキーのサービスは初めて!
バスもPrimoで良かったです

バンガロール拠点のバス旅ノウハウはこちらもご参考に。

パナジ/Panaji

マルガオ行きのバスはチケット売り場の前です。

前回は空港バスがなかなか来なかったですが、今回は前回と違って、バスがきちんと来てる。
曜日や時間帯で頻度が違うのかな?

しかし、同じ電気A/Cバスで、空港行きが150ルピーでマルガオ行きが50ルピーの価格差は謎。

チケット売り場前。左が空港行き、
その隣がMargao行き

マルガオ/Margao

ここでも乗り継ぎはスムースに。
マプサよりマルガオの方が整然としていて分かりやすい。

ゴアは行き先表示が英語なのがありがたい!
なんと!バスの車体に時刻表!?
行きも帰りもこのボロバスだった

コルバ/Colva

ひたすらビーチが続くリゾート地!

ようやく最終日に綺麗な朝日が!

地引き網

朝と夕方に地引き網で魚を獲るところを見ました。腰で棒を後ろに引くことで網を引き上げます。

こんなに沢山の人で利益は出るのか?
監視員が2人も?
前方の若人は後方の先輩以上の仕事量
(インドあるある)
どこまでも続く砂浜
せーんろは続く〜よ〜♪
浜辺から少し奥に漁師達の家が

レストラン

Day2  バーで昼夕食

今回は日本から遊びに来ている旦那と一緒に。

Kingfisher&Fishfinger
@Flyelle Bar&Restaurant

Day 3 5つ星ホテルで朝食ブッフェ

Day 3 今夜は部屋飲み

Goanクラフトビール140ルピー。
ゴアにしては高いけど美味しい!
お店で美味しそうに見えたKINGSは普通だった。
60ルピー

Day 4 ゴア最終日

バス停でGoanクラフトビールをグビっ!
太陽の下で堂々と飲めるゴアは最高〜
ジンや地ビールが豊富で、毎日通った

前回気に入ったパナジのRoute66では、ゴア名物フェニも頂きました〜

ホテル

海から20分ほどのTree house hotel
素泊まり2泊で7,616ルピー
部屋は快適!でもバスルームの窓がちゃんと閉まらず、蟻や小蝿が…

帰路

マルガオのチケット売り場
マルガオからパナジ行きのバスはチケット売り場の前
パナジの私バス乗り場は州バス乗り場から離れていて分かりにくかった。
ベンツで車内は広くて綺麗!

まとめ

南ゴアは一直線にどこまでも連なる白いサラサラの砂浜が魅力。

山が多い日本と違い、長く一直線に伸び、幅も広いので、昼間の満ち潮でもずっと歩き続けられました。

日中は35度まで上昇するので、どこでもビールが飲めるのも嬉しい!
また来られて良かった〜

今回の戦利品!

北ゴアも山のコントラストが楽しめてオススメです。


インド🇮🇳〜ひとり暮らし・ひとり旅〜
Instagramで公開中!

日本人に馴染みの薄いインド。ガイドブックに掲載されないような観光地や食レポをInstagramに公開中〜乞うご期待‼️😎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!