見出し画像

【選挙ウォッチャー】 札幌市長選2019・分析レポート。

北海道札幌市は、大阪府大阪市と同じように知事選、市長選、道議選、市議選が開催される「クワトロ選挙」になりました。今回、11知事選と5政令市長選をすべて追いかけることが僕のミッションだったわけなんですが、無事にすべてを追いかけることができたと言えます。北海道知事選は「自民・公明推薦の若造vsオール野党のオジサン」という構図になりましたが、札幌市長選はなかなかイビツな構図になっていました。そんな状況も含めて、どんな選挙だったのかをお伝えします。

秋元 克広 63 現 自民・公明・立憲・国民・社民・大地推薦&支持
渡辺 達夫 54 新 共産推薦

これを見ていただければ分かるように、札幌市長選は与野党相乗りで現職を推薦し、いつものように共産党だけが独自の候補を立てているという構図になります。ただし、秋元克広さんになって札幌市が良くなったのかと言われたら、あんまりなっていないのではないかというのが市民の肌感覚のようです。「現職が微妙」となると、選択肢は渡辺達夫さん1択になってしまうのですが、多くの人が「だからと言って共産党に入れたいわけではない」と考えている人もいたようで、第3の選択肢を求める声もありました。


■ 争点は1000億円の無駄な道路建設

先日、安倍晋三総理の地元と麻生太郎財務大臣の地元を結ぶ2000億円の「下関北九州道路」について、塚田一郎国土交通副大臣が「忖度する」と発言し、大臣を更迭される騒ぎがありましたが、実は札幌市でも1000億円の無駄な道路建設が進められようとしていて、僕たちの暮らしが政治によって苦しめられています。現在の計画では、わずか5kmに満たない道路のために1000億円という巨額の費用をかけようとしていて、札幌市が200億円の借金を背負う計画になっているそうなのですが、ただでも人口が流出し、札幌に住む人がどんどん減ろうとしているのに、距離の割に建設費が高すぎる道路を作り、その借金の返済は少ない人口で割らないといけないのですから、これから借金返済のために行政サービスが低下するのは確実です。こうしたズブズブの利権を受け入れているからこそ、自民・公明党が対抗馬を出してこないのかもしれませんが、日本ハムファイターズは札幌ドームを捨てて北広島市で試合するようになりますし、現市長の取り組みが札幌市を疲弊させていることは言うまでもありません。辛うじて中国からの観光客によって経済を保っているところがありますが、肝心の市民の暮らしがちっとも良くならないのでは意味がないのです。


この続きをみるには

この続き:7,229文字/画像20枚

【選挙ウォッチャー】 札幌市長選2019・分析レポート。

チダイズム

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

鬼のようにレポートを量産していく計画なのですが、サポートしていただいたら、スタバのヒーコーをシバきながら原稿を書けるようになります。モチベーション高まります。いつもありがとうございます。

NHKから国民を守る党に投票してはいけません。
17
選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。

コメント2件

北海道なのに北広島市!?ちだいさんのレポートは地理も学べます
北広島市は新千歳空港から行くと、札幌の手前にあるので、道外から野球を観に来る人には便利になります。かつての横浜スタジアムも闇が深い構造でしたが、札幌ドームがそれを上回る闇深さとは驚きました。
札幌市は北海道の中心にあるため、必要なインフラが揃い、生活に必要なものは何でも手に入ります。全道から人もお金もストローのように吸収し、一極集中が進んでいます。一生、札幌だけで生活する人も多く見られます。
札幌市はある種のガラパゴス状態になっているようです。北海道という単位で見れば一極集中の大都会ですが、全国規模で考えれば、衰退する北海道の象徴ということでしょう。街が少しずつ死んでいく様子が伝わっていて、ぜひ全文を読んでいただきたいと思います。日本の地方都市が抱える問題を凝縮して書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。