見出し画像

僕が【Ohka】を創業した理由。

内山 凌

○自己紹介

内山凌
北海道旭川市出身、1996年生まれ。
10歳で野球を始める。
大学まで野球を続けるも実績を残せずに、学生時代はプロとは無縁の選手生活を送る。
大学4年時の合同トライアウトを経て、卒業後はBCリーグ栃木GBに入団するも、怪我もありほとんど試合に出ることなく退団。
その後、社会人野球に進み、2020年シーズンをもって14年間の選手生活を終える。
2022年【オウカ〜Ohka~】創業。

球歴:旭川凌雲高校→酪農学園大学→栃木GB→ウイン北広島

○《PURPOSE〜創業経緯〜》


僕がOhkaを創業したのは
”野球と本気で向き合っている選手の力になりたい”
そう思ったからです。

現役引退、野球選手からビジネスマンへ


僕自身、小学校の頃から大学・独立・社会人まで14年間ずっと本気で野球をやってきました。

下手くそだった僕は、周りに馬鹿にされるのが怖くてプロになりたいって口に出せない。
そんな選手でした。
独立リーグまでは行けたのですが、結局実力が足りなくて、プロにはなれませんでした。


その後、独立リーグを引退して、社会人野球に進んだのですが

自分の中で野球で上を目指すというのがなくなり
僕は野球に本気になれずにいました。



学生時代や独立で野球をしていた頃は、常に野球のことを考えていたし

オフも自主練や、ケアに当てていました。
でも、この時の自分は、口では試合に勝ちたいって言っていたり、上手くなりたいって言ってるのに

仕事が忙しいとか、飲み会があるとか自分自身に言い訳をして全然練習をしなくなっていて

そんな、野球に対して中途半端な自分自身を嫌いになっていきました。



一緒に野球をしていた仲間はプロの舞台やビジネスの世界で活躍しているのに
僕は野球も仕事も本気で出来ていなくて



”自分は何をしているんだろう”って


何にも本気になれて自分を

”つまらない男になったな”

そう思いました。



それで、プロ野球選手にはなれなかったけど

僕はまだ自分の人生を諦めたくないなと思って

野球をやっていた時のように本気で仕事をしようと思って野球を引退しました。




そこから約2年は、ほぼ野球と関わらずに仕事だけに没頭してきました。

『野球で結果を出せなかったから、野球以外のもので結果を出さなければならない。』

プロもなれなかったのに、どうして大学を出てまで独立や社会人で野球を続けたんだろう
と後悔した事もありました。


早く諦めて野球以外で結果を出すことが、プロに行けなかった野球人のキャリアにおいて正解なんだ。



そう思って仕事に没頭しました。

ビジネスマンを経てOhka創業


そこからどうしてOhkaを創業したかというと



野球を辞めてからの仕事はとても楽しいのですが
”人生における充実度や幸福度は本気で野球をしていた時の方が上だった”という事に気がついたからなんです。



引退してからは、仕事を本気で頑張ろうと野球から距離を置いてきました。



でも、プロや社会人野球で活躍する友達を見ると
羨ましいし、ワクワクする。

澄んだ青い空を見ると野球日和だなって感じるし

フライが吸い込まれるなぁって思う。



野球から離れてみて、改めて僕は
どうしようもなく野球が好きなんだ
と感じました。


僕プロにはなれなかったですが

嬉しい思いも、悔しい思いも、
感動も、熱狂も

仲間と過ごした時間や、野球を通して沢山事を学び、感じて来ました。



現役を引退してからは、”プロになれなかった野球人生は無駄な期間”そう思っていた時期も確かにありました。


でも野球をしてきた価値というのは


勝ったとか、負けたとか

プロになったとか、負けたとか

そんな分かりやすい結果だけで決まるものではなくて



そこを目指して本気で野球と向き合う中で

どれだけ本気で、野球と自分自身に向き合い続けたのか




これだけが、野球をしてきた人生を素晴らしいものにしてくれる。



今はそう思っています。


だからこそ、現役でやってる選手には
いつか野球を辞める時がきても後悔しないレベルで野球と自分自身に向き合い続けて、
最後までやり切って欲しいです。



○さいごに

Ohkaは本気で野球と向き合う野球人のためのブランドです。



本気で野球と向き合っている選手にはOhkaを手にして一緒に戦っていきたいと思っています。



野球に夢をみた1人の野球人として
僕が作ったグローブで
甲子園・神宮・独立・都市対抗・NPB
ここで戦う選手が出てくることは、これほど嬉しいことはないです。



プレーヤーではない僕にとって、そこを目指す選手の力になり
一緒に戦っていけること以上に幸せなことはないと思っています。

Ohkaのグラブを使って、
活躍できました!

甲子園に出ました!

都市対抗に出ました!

プロになりました!


野球をやってきてよかったです!



1人でも多くの選手から、そういった声を聞くために最高のグラブを届け続け
最後に選手が『野球をやりきった!』と言い切れるその瞬間まで選手と共に進んでいきます。

今後ともOhkaと内山凌をよろしくお願いいたします。

Ohka代表 内山凌

この記事が参加している募集

ドラフト会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
内山 凌
■オーダーグラブ専門ブランド【Ohka】代表 ■球歴:旭川凌雲#2→酪農学園大学#27→栃木GB#12→ウイン北広島#5