見出し画像

育児のつらさが育児そのもので解決することはきっとない

育児のつらさを育児そのもので解消できたことがほとんどありません。つらい時に「なんでだろう?どうしてだろう?」とあれこれ考え試行錯誤をくり返しても、結局不毛に終わることの方が多いのです。

つい数日前まで、またしても悶々とした日々を過ごしていました。事の発端が何だったのかさえわからなくなるほどに、ぐるぐるぐるぐる、頭の中でずっと考えていました。

子ども達がやらないで欲しい事ばっかりやるから?
息子のトイレトレーニングが全然進まないから?
娘がベッタリで1日中離れられないから?
今日も味噌汁をカーペットにこぼされたから?

…いや違う。本質はそこじゃない。これはどれも、自分の心の状態が良好な時はほとんど気にならない事ばかりだから。

私にとって、育児のつらさの正体はいつだって“孤独”です。社会的にも、現代の日本において育児環境が極度に孤立しやすい状態であることは知られてきています。それはもちろんわが家も例外ではありません。だからこそ、普段から意識して抱え込まず多方面に頼るようにしています。にも関わらずつらくなる時があるのは、何故だろう。

育児というものは、本来チームで取り組むもの。それは親だったりご近所だったり社会だったり。そして、そのチームの根幹を担うのが夫婦です。その夫婦間で、このところほとんど心が通っていませんでした。

実務的な家事や子どものお世話をどれだけ互いに協力してやっているかは、実は夫婦仲の良し悪しには直結していないと私は思っています。(もちろん大切な事ではあるけれど。)それ以上に大切なのは、お互いの気持ちに想いを馳せる事。そして自分と向き合う事。

日々の育児に奮闘していると、お互い一生懸命になるあまりについ子どもにばかり目が行き、気がついたらしばらく夫の顔をちゃんと見ることさえしてなかった自分に気がつく時が、よくあります。

子どもが生まれる前は穴が開くほど互いに見つめ合い、鼻毛の伸び具合や耳アカのたまり具合さえチェックし合っていたのにも関わらず、今ではヒゲを剃っていなくても気付かない時さえよくあります。

要するに、お互いマジメすぎるのだと思います。

“親”という任務を遂行しようとするあまりにそこばかり求め、親以外の、もともとは好きだった人としてのその人を見失ってしまうと、とたんにすべてが色を失ってしまいます。

育児のつらさが積もって、その怒りの矛先が子どもに向かうのは、弱い者いじめの構造と同じです。

本来はパートナーと向き合い、自分と向き合うべきはずなのに、それができないばっかりにその鬱憤を弱い者にぶつけている。その事に気づかず、「アナタが言う事を聞かないから悪いのだ」とばかりに正義顔で子どもに怒りをぶちまける自分がニョキリと出てくることがたまに(いや、けっこう)あります。サイアクだ。

育児をする上で最も大切なのは育児書を熟読することでもなければしつけをきちんとすることでもなく、夫婦関係を良好に保つ事だと思っています。

“良好”の定義は人それぞれ。

ニコニコラブラブなのが良好だという人もいるだろうし、程よい距離を保ってお互い好きなようにやる方が上手くいくパターンもあるだろうし、離婚した方がかえっていい関係でいられる場合だってある。そこはそれぞれの着地点を見つけられればいいと思います。

最大の難儀は、“保つ事”。そこはもう、お互いに本質を意識することでしか乗り越えられません。

子どものお世話の方法やしつけ方等は時代によってどんどん基準が変わるし、「この方法が正解」というものはあり得えない。ただどこで自分と子どもが納得できるかがあるのみです。しかし、夫婦関係というものは違う。それは、子どもの自己肯定感に決定的な影響を及ぼす上に、自分にとっても育児が楽しくなるのかつらくなるのかが大きく変わります。

子どもにとって親は、自分がそこに存在する証そのものです。その証同士がいがみ合ったり互いに無関心だったりすれば、それは子どもの存在意識に直結すると思うのです。

育児というものは本当に大変です。それは紛れもない事実。

日々のお世話は留まることがないし、さっき片付けたばかりの部屋はもう散らかっている。子どもの成長は待ったなしで、1週間前に悩んでいた事が、もう新しい事に変わっている。しかしそのつらさを解決する方法は育児そのものではなく、本当は別のところにあるのかもしれません。

* * * * *

こちらもぜひ!

この記事が参加している募集

note感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!今日もいい日になりますように。
24
大人も子どもも、そのままのその人らしさをのびのびと羽ばたかせて生きることの応援がしたい。 ダンスインストラクター/自然体験活動インストラクター/自然保育サークル主催/2児の母

こちらでもピックアップされています

子育ちエッセイ
子育ちエッセイ
  • 26本

たまらなく愛おしいと思うこともあれば、どうしようもなくしんどいと思うこともある育児。その両面をコトバにできたらと思っています。

コメント (2)
古川さん、コメントありがとうございます!note拝読して「わかる、わかりすぎる……」と何度もうなずきました。とくに夫の顔ぜんぜん見てない問題とか笑 

子どもを産んでから自分の気持ちを言語化することが増えました。思考の密度が増したとも、しんどいことが増えたとも、感受性を豊かにしてくれたとも言えますよね。。でもこうして同じようにモヤモヤと愛しさにゆれている方がいるんだ!と思うだけで元気になれる気がします。
田中さん わわわわ!うれしい!コメントありがとうございます。
毎日子どもの顔ばっかり見てて、たまーに夫の顔見るとデカくてビックリすることがよくあります。笑。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。