見出し画像

旦那様とケンカしないの?するするメッチャするよ(笑)

【注】このnoteは「キャンピングカー生活をするアラサー女子の放浪ログ」を運営するブログ主が、ブログでは語らないテキトーな話を思ったままに書くテキトー記事です!!

==============


ってことで、タイトルどおりです!!

友人や知人からも、必ずと言っていいほど聞かれるのがコレ(笑)

過去に取材を2回ほど受けたときにも聞かれるくらいでしたし、読者さんの中にもコレが気になっている人も多いのではないでしょうか?


仲が良くても、価値観はちがうのです。

私と旦那様は比較的ベラベラしゃべる方なので(といっても私は人見知りなので、初対面だとその一面をお見せする事は少ないかもしれませんが…)

お互いの考えていることを共有しやすく、日頃のコミュニケーションはうまく取れている方だと思います。

けれど人間というのは!どんなに仲が良くても譲れない部分や、許せない部分の価値観がそれぞれ違う生きモノ!

同じ家庭で育った兄弟ですら価値観が違うのですから、違う環境で育った人が完璧100%ピッタリ合うというのは絶対ないですし、それが当たり前なのが人間なわけでございます。


前置きが長くなりましたが、ほかのご家庭と同じように私たちもケンカします。

旦那様は私の大雑把さや、計画を乱す思いつきの行動に! 私は旦那様の変なところで大雑把なところや、オブラートに包まない言い方にキレることが多いです!(爆)

しかも365日、24時間おなじ車の中にいるわけですから、逃げ場すらありません ((*´∀`))ケラケラ


私たちはこうやってケンカをおさめている!

そんな過酷な環境の中ですら最適化を見つけることができるのも、また人間なのでしょうか…。

早くケンカをおさめる術というのも、この3年でボロボロになりながらお互い身につけたわけでございます(笑)

その方法を知りたい人もいると思うので、今回は出血サービス大披露!(……といっても、大層なことをしているわけではないのですが(^^;))


怒りはできるだけ感情的に伝えない(←これ一番重要)。怒った理由や今思っていることを心の中で整理して、知らない人に説明するように、朗読するように淡々と伝える。
・話が平行線になったら、その日は必要なこと以外は一切話しをしない。お互いに干渉せず、好きなことをして気持ちを切り替えたり、イヤホンで音楽を聴いたりして1人で考える時間を作る。
・観光している最中の場合は、とりあえずお互い謝ってケンカを保留にする。納得できないことがあったら、気持ちを整理して夜にまた話し合う。
・夜にケンカした場合は、早めに寝てしまう。たいがいは一晩寝たら怒りが静まったり、考えがまとまって冷静になれるので、朝になったらまた話す。


……目に見える行動としてはこんな感じですが、つまりは「気持ちの整理をする」という部分が大事なわけでございますね。


許せない気持ちに折り合いをつける。

あと「許せない」って感情を引っ張るとケンカは長引くので、許せない気持ちに折り合いをつけるようにしていますね。

これは無理して許すってことではなくて、「分かってほしい」とか「変わってほしい」っていう自分の気持ちに折り合いをつける感じです。

私たちのケンカって大概、自分の気持ちを分かってほしい、許せない部分があるから変わってほしいっていう、相手への要求から発生してるんですよ。

だから相手が要求を呑まないなら、とりあえず一旦は諦めなきゃいけないし、自分も要求を呑みたくないなら、変われない理由を相手に伝えるしかないんですよね。


……とはいえ、どっちも変わらないままだとケンカが再発するのは目に見えているので(笑)

気持ちが落ち着いたあと、自分のどこを変えることで状況がより良くなるのか考えたり、すぐ変われない場合はどうしたらケンカまで発展しないよう行動できるか、考えるようにしています。


自分を変えた方が早いです。これは本当に。

これは私のつたない人生経験から学んだことなのですが、人間って変わらないんですよ。頑固なほどに。絶対に。

でも変われるタイミングが、わずかにあるんです。それはその人が「変わろう」と思ったときだけなんですよね。そして相手を変えるより、自分を変えたほうが100倍速いと私は思っています。

そりゃー、なんで変わらなきゃいけないんだって思いますよ。相手は悠々としているくせに、なんで自分は身を削るような思いをして変わらなきゃいけないのだと。目の粗い金属やすりで心をガリガリ、ゴリゴリと削られるような感覚にいつもなります(笑)

けれど、もうケンカしたくないなーって気持ちが、結局一番なんですよね。だからすごく心が痛くなることもありますが、自分がどう変われるか考えるよう努力しています。


それに、旦那様がストレスになっているってことは、もしかしたら他の人にもストレスを与えている可能性が考えられるわけですよ! 

付き合いが長い人ならまだ挽回の余地がありますが、そうじゃない人の場合はいつの間にか縁が切れたり、離れていく原因にもなってしまうわけです。

だからケンカは、自分を見直すいい機会にもなってくれてると思って、自分磨きの材料にしています。


感情にまかせてケンカしない、これが一番。

こんな感じで旦那様とのケンカについて話してみましたが、結局のところ一番大切にしているのは「感情にまかせない」の一言です。

1年目とかは、けっこう激しく感情的にケンカしていましたが、そっちの方がこじれて大変なことになってました(笑)


最近の私は、頭の中で「なんで自分は○○って思ったのだろう」「どうして悲しいと感じたんだろう」って自問自答しながら、落ち着きを取り戻しているのですが……

心がグチャグチャに混乱しているときは、紙に思ったことを書きなぐりながら気持ちの整理をすることもあります(もちろんその紙はすぐ捨てます。旦那様に見られたら大変ですから((*´∀`))ケラケラ)。

もしよろしければ、あなたのケンカの参考にしてください!(←おい)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
2016年に会社を辞め、現在キャンピングカー生活&仕事をしながら日本各地を周っています。noteではテキトーな裏話をコソコソと。メインブログは旅先での思い出や、この生活ならではの波乱万丈な出来事、女目線で気づいたことなどをログってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。