カフェラボ by 珈琲文明

横浜の名物カフェ「珈琲文明」オーナー赤澤智によるワンオペカフェ開業指南書。 2023年4… もっとみる

カフェラボ by 珈琲文明

横浜の名物カフェ「珈琲文明」オーナー赤澤智によるワンオペカフェ開業指南書。 2023年4月カフェラボメンバーシップスタート、いつかカフェを考えるメンバー絶賛歓迎。

メンバーシップに加入する

開業15年経ってもビジネス書を読み漁るほどカフェ開業研究オタクの赤澤智による開業指南書。実際に営業する「珈琲文明」はお客様が来すぎて”文明回避”を推奨する日が頻繁にあるほど人気。カフェ経営の指南書を限定公開します。月500円でビジネス書では決して読むことのできないリアルな話を購読することができます。メンバーシップ加入者に「珈琲文明創業計画書』公開中。 黒字で長く続くお店作りを目指す人のための研究所です。

  • カフェラボ研究員

    ¥500 / 月
    初月無料

マガジン

最近の記事

自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う

この記事はメンバーシップに加入すると読めます

私が開業前までに読んだ「飲食店開業関連の本」の数々は、途中で数えたら118冊(※写真)あって、その後も増え続けたり処分したりで合計冊数はもはやわからなくなった。 誤解しないでほしいのは、これだけ読まないとダメってことでは絶対にないってこと。頭デッカチになってフットワークが重くて行動が伴わないパターンは最悪だ。でも何も考えず「どうにかなるさ」と本当にただ暴走するのも絶対にイケてない。 私の場合、なにしろ飲食店勤務の経験が本当にゼロで、何から何までわからなかった。真っ暗闇の洞

有料
100
    • 「起業独立の際、パートナーを説得するのに必要なこと」

      現在ご結婚されてサラリーマンとして働いている方でこれから脱サラしてカフェを開こうと考えている方は配偶者の方にはどのような感じで折り合いをつけていらっしゃるでしょうか? パートナーの理解がなければ非常に難しいのがこの世界でして、それは何も一緒にお店をやるやらないに関わらず重要なことであります。 私の場合、まだ就職もせず塾の講師として時間給で働くフリーターをしながら音楽活動に軸足どころか両足入れてた時代から彼女とは付き合っていて、35歳で初めて正社員として就職して2年後に富士山の

      有料
      100
      • なぜ人を雇わないのか

        「一人で」とか「ワンオペ」がある意味この指南書でのポイントなわけですが、そもそも私がなぜワンオペのお店をやることにしたのかという本音部分です。
今回ひとつ追記するとすれば、私は独身ではなく妻帯者です(何だいきなり)。夫婦でお店をやっていくメリットももちろん計り知れないほどあるのもわかっています。 ただ私は「仕事」と「音楽」のふたつだけはどうにも「細かうるさい」自覚があり(その他のことは超適当、、、)、理想の夫婦像としてはやはりいくつになってもいわゆる「ときめき ( 笑 )

        有料
        100
        • 静かに燃える

          今回はちょっと日記風の文体でいきます。 ブラック企業という言葉が出てきて久しく、その筆頭格によく出てきた某居食屋。その後、鬼の首でもとったかのようにみんなで叩きはじめたけど、土俵の外からただ攻撃してるだけの人はなんであれカッコ悪い。別にこの会社を擁護する気もないし、特別な気持ちも持ち合わせていない。でも、過去に「青年社長」というこの会社の社長を描いたドキュメント実名企業小説があって、それはとても面白かった。繰り返すけど、主人公(=あの社長)が好きとか尊敬するとかそういう感情

          有料
          100

        自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う

        有料
        100

        メンバーシップ限定

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • カフェ開業メソッド Ⅰ vol.02
          カフェラボ by 珈琲文明
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッド Ⅱ vol.02
          カフェラボ by 珈琲文明
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッド Ⅱ vol.01
          カフェラボ by 珈琲文明
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドⅠ vol.01
          カフェラボ by 珈琲文明
          ¥1,000
        • 【無料公開全32話】文明ロード〜珈琲文明ができるまで
          カフェラボ by 珈琲文明
        • 【無料公開全12話】カフェ開業メソッド by カフェラボ
          カフェラボ by 珈琲文明 他

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 「私が選んだネクストステージ」について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 重複した記事をアップしたため削除しました。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 珈琲文明創業計画書

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 投稿用親記事

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 「私が選んだネクストステージ」について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 重複した記事をアップしたため削除しました。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 珈琲文明創業計画書

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 投稿用親記事

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          私が開業前までに読んだ「飲食店開業関連の本」の数々は、途中で数えたら118冊(※写真)あって、その後も増え続けたり処分したりで合計冊数はもはやわからなくなった。 誤解しないでほしいのは、これだけ読まないとダメってことでは絶対にないってこと。頭デッカチになってフットワークが重くて行動が伴わないパターンは最悪だ。でも何も考えず「どうにかなるさ」と本当にただ暴走するのも絶対にイケてない。 私の場合、なにしろ飲食店勤務の経験が本当にゼロで、何から何までわからなかった。真っ暗闇の洞

          有料
          100

          自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う

          有料
          100

          なぜ人を雇わないのか

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          「一人で」とか「ワンオペ」がある意味この指南書でのポイントなわけですが、そもそも私がなぜワンオペのお店をやることにしたのかという本音部分です。
今回ひとつ追記するとすれば、私は独身ではなく妻帯者です(何だいきなり)。夫婦でお店をやっていくメリットももちろん計り知れないほどあるのもわかっています。 ただ私は「仕事」と「音楽」のふたつだけはどうにも「細かうるさい」自覚があり(その他のことは超適当、、、)、理想の夫婦像としてはやはりいくつになってもいわゆる「ときめき ( 笑 )

          有料
          100

          なぜ人を雇わないのか

          有料
          100

          静かに燃える

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          今回はちょっと日記風の文体でいきます。 ブラック企業という言葉が出てきて久しく、その筆頭格によく出てきた某居食屋。その後、鬼の首でもとったかのようにみんなで叩きはじめたけど、土俵の外からただ攻撃してるだけの人はなんであれカッコ悪い。別にこの会社を擁護する気もないし、特別な気持ちも持ち合わせていない。でも、過去に「青年社長」というこの会社の社長を描いたドキュメント実名企業小説があって、それはとても面白かった。繰り返すけど、主人公(=あの社長)が好きとか尊敬するとかそういう感情

          有料
          100

          静かに燃える

          有料
          100

          P to P (!?)の強み

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          前回は「個人店の強み」について述べましたが、今回はこの点をもう少し補足します。 商売の種類には「B(法人) to B(法人)」「B(法人)to C(消費者)」などがありますが、今回はここであまり聞いたことがない(というより便宜上勝手に作って使用します)「P(個人※パーソナル) to CまたはP」という話をしたいと思います。 コロナにより飲食店はかなりの打撃を受けていることは間違いないのですが、少し興味深い話を聞きました。 それは、この現況化でのキャバクラとホストクラブで

          有料
          100

          P to P (!?)の強み

          有料
          100

          個人店の勝機と活路

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          以前ホリエモンが喋ってた話が興味深かったんで、今回はそれを紹介します。 かいつまんで言うと「個人店はチェーン店に勝てる」みたいな話だった。タイトルだけならよくある話だけど、「ブラック企業だ、バイトだ、と言われるようになった現況で店は従業員に時間外労働等を強いることが難しくなる一方で、個人店及びパパママ商店はそもそもがそういう、労働時間とか残業とかの概念無しにやってる。そういうじっくりと精魂込めてやってるところにチェーン店はかなわない」 みたいな話で興味深かった。 誰だった

          有料
          100

          個人店の勝機と活路

          有料
          100

          大切な種火

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

           前回の以下の部分について補足します。 →「3回来た人は以降ヘビーユーザー、つまり常連さんになってくれることが多いというデータがあります。ですからなんとかして2回ではなく3回お店に来てもらえるような工夫をしましょう(※3回目の人は無料とかそんな発想はナシですよ)。」 というこのくだりです。 どうすれば3回目の来店実現が出来るのかですが、残念ながら「こうすればいい」という確定方法はありません(あったら苦労しません)。しかし、こういうことをしてみたという実践的体験談は言えるので

          有料
          100

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「創業時と軌道に乗ってからの違いに合わせて変えていかなければならないこと」

          これを読んでいる方々は概ね「これから開業しようとしている方」がほとんどでしょうから創業前または創業時近辺の情報に飢えていると思うのですが、開業はゴールではなくスタートなので、創業時とその後の展開の違いに適応対応していくということが大切になってきます。 「黒字で長く続けて行く」というカフェラボの合言葉を実現させるためには絶対に必要な話ですので創業前や創業直後にはあまり関係ないかもしれませんが必ず頭に入れておいてください。 まず創業時の話からします。 創業時にとにかく重要なことは

          有料
          100

          「創業時と軌道に乗ってからの違いに合わせて変えていかなければならないこと」

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          P to P (!?)の強み

          前回は「個人店の強み」について述べましたが、今回はこの点をもう少し補足します。 商売の種類には「B(法人) to B(法人)」「B(法人)to C(消費者)」などがありますが、今回はここであまり聞いたことがない(というより便宜上勝手に作って使用します)「P(個人※パーソナル) to CまたはP」という話をしたいと思います。 コロナにより飲食店はかなりの打撃を受けていることは間違いないのですが、少し興味深い話を聞きました。 それは、この現況化でのキャバクラとホストクラブで

          有料
          100

          P to P (!?)の強み

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          個人店の勝機と活路

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          以前ホリエモンが喋ってた話が興味深かったんで、今回はそれを紹介します。 かいつまんで言うと「個人店はチェーン店に勝てる」みたいな話だった。タイトルだけならよくある話だけど、「ブラック企業だ、バイトだ、と言われるようになった現況で店は従業員に時間外労働等を強いることが難しくなる一方で、個人店及びパパママ商店はそもそもがそういう、労働時間とか残業とかの概念無しにやってる。そういうじっくりと精魂込めてやってるところにチェーン店はかなわない」 みたいな話で興味深かった。 誰だった

          有料
          100

          個人店の勝機と活路

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          「『がんばるタイム』の発動」

          今回の話は既に開業された人に関係する話ではありますがこれから開業される方もぜひ今のうちに頭の中に入れておいてほしい話なので覚えておいてください。 というよりもしかしたら現在サラリーマンとして働いている人の仕事にも非常に活かせる話であるとも思います。 吉越 浩一郎さんという人がいます。 彼はトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社元代表取締役社長で「平成の名経営者100人」に選出されたこともあります。 18年連続で増収増益を達成したという揺るぎない結果はどう考えてもこの社

          有料
          100

          「『がんばるタイム』の発動」

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          大切な種火

           前回の以下の部分について補足します。 →「3回来た人は以降ヘビーユーザー、つまり常連さんになってくれることが多いというデータがあります。ですからなんとかして2回ではなく3回お店に来てもらえるような工夫をしましょう(※3回目の人は無料とかそんな発想はナシですよ)。」 というこのくだりです。 どうすれば3回目の来店実現が出来るのかですが、残念ながら「こうすればいい」という確定方法はありません(あったら苦労しません)。しかし、こういうことをしてみたという実践的体験談は言えるので

          有料
          100

          大切な種火

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          「3」と「100」という数字から見えるもの

          一般的に一度来た店に再来店する人の数というのは少ないものであるが、 3回来た人は以降ヘビーユーザー、つまり常連さんになってくれることが多いというデータがあります。 ですからなんとかして2回ではなく3回お店に来てもらえるような工夫をしましょう(※3回目の人は無料とかそんな発想はナシですよ)。 不思議なもので物事3回繰り返すと気持ちも安心するし慣れてもきます。 よく社会人になったら「石の上にも3年だからまず3年頑張れ」などよく聞きますよね? これは1年の業務の流れを3回

          有料
          100

          「3」と「100」という数字から見えるもの

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          「店舗内レイアウトの際に頭に入れておくべき寸法」

          店舗の内装工事に入る前に、というより物件などまだ決まっていなくても予め頭に入れておいていただきたい「寸法」というものがあります。 何度も申し上げていることではありますが、黒字で長く続けて行くための店舗設計にするためには10~15坪くらいのスケールで、かつ20~30席の確保が必須条件なのです。 席数=坪数×2の公式とはいえ15坪で30席確保するよりも10坪で20席確保するほうが圧倒的に難しい(厨房の占める割合は変わらない為)のでやはり12坪以上の店であることが理想ではありますが

          有料
          100

          「店舗内レイアウトの際に頭に入れておくべき寸法」

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          忙しくても暇でもどちらも嬉しいと思える職業

          私がお店をやっていて良かったなぁと思うことのひとつに、「忙しくても暇でもどっちも嬉しい」ということが挙げられます。アルバイト及び大多数のサラリーマン(歩合給ではなく基本給メインの人)は、「暇だと嬉しい」人は多いはずです。また会社役員をはじめ組織の代表者は「自分の会社が忙しい」ことはもちろん嬉しく、これはお店を経営しているオーナーももちろんそれは間違いなく、おそらく例外はないでしょう(雇われ店長や仮面オーナーは除く)。 しかし、これは私が個人的によく思うことなのですが、「暇で

          有料
          100

          忙しくても暇でもどちらも嬉しいと思える職業

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          ​高価格帯にビビらない

          さて、これまでにワンオペの個人店が扱うべき商品のポイントとして、「安くて良い(おいしい)もの」は大手に勝つのは難しく、でも「少し高いけど物凄く良い(おいしい)もの」になると、大手は実は介入しないことが多いので、狙い目という話をしたことがあると思います。 とはいえこの「少し高い」、はごく一般の消費者レベルから言うと単に「高い!」と感じる場合が多く、これから価格をつける側になる読者の皆様自身がこの「高価格帯にビビってしまう」という心理現象が起こるのは経験上よ~くわかります。今回

          有料
          100

          ​高価格帯にビビらない

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          「当たり前水準をどこに置くか」

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          間もなくお店をやろうとする人の中には「オープニングスタッフを募集しなきゃ」と思ってる人も多いものです。 ここカフェラボでは大原則として「ワンオペ(あるいはご夫婦2人体制)の個人店」を開業しようとする人に向けて書いているので基本無関係かもしれず、またぜひとも無関係であってほしいと思います。 「オープニングスタッフ」も何も「オープニングキャンペーンは百害あって一利なし」というのが私の考えですのでぜひやめてください。 でも「いつかスタッフを入れないと回らないくらいに大繁盛したらどう

          有料
          100

          「当たり前水準をどこに置くか」

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          事業計画書の書き方改め事業計画書そのもの(後編)

          前回に引き続き、事業計画書の書き方、というより「事業計画書」そのものをここに載せます。融資の決め手となるのはなんといっても前回のほうです。今回は自分のお店のコンセプトとその具象化についてです。 あくまでもこれは私自身のお店のことを書いているにすぎませんので、皆さんはそれぞれにご自身の例に当てはめて書いてみてください。前回も述べましたが、このような計画書は仮に借入れの必要がない恵まれた人であっても、航海の地図、羅針盤のようなものとしてぜひ作成してみてください。 「融資不要で

          有料
          100

          事業計画書の書き方改め事業計画書そのもの(後編)

          有料
          100

          メンバーシップ限定

          事業計画書の書き方(前編)

          起業の際に全額自己資金で賄うことが出来ればもちろんそれにこしたことはないのですが、融資をお願いする場合に「創業(事業)計画書」というものが必要になってきます。しかしこれは仮に全額自己資金で大丈夫な人にも必ず書きおこしておいてほしいものです。借入先に見せて理解を得るということと同じかそれ以上に自分自身にとっての経営指標であり、これから始まる航海への地図なのですから。 さて、実際に私が当時の国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫。以下「国金」)に求められた創業計画用紙というのはた

          有料
          100

          事業計画書の書き方(前編)

          有料
          100

          メンバーシップ限定