カフェラボ by 珈琲文明

横浜の名物カフェ「珈琲文明」オーナー赤澤智によるワンオペカフェ開業指南書。 2023年…

カフェラボ by 珈琲文明

横浜の名物カフェ「珈琲文明」オーナー赤澤智によるワンオペカフェ開業指南書。 2023年4月カフェラボメンバーシップスタート、いつかカフェを考えるメンバー絶賛歓迎。

メンバーシップに加入する

開業15年経ってもビジネス書を読み漁るほどカフェ開業研究オタクの赤澤智による開業指南書。実際に営業する「珈琲文明」はお客様が来すぎて”文明回避”を推奨する日が頻繁にあるほど人気。カフェ経営の指南書を限定公開します。月500円でビジネス書では決して読むことのできないリアルな話を購読することができます。メンバーシップ加入者に「珈琲文明創業計画書』公開中。 黒字で長く続くお店作りを目指す人のための研究所です。

  • カフェラボ研究員

    ¥500 / 月
    初月無料

マガジン

  • カフェ開業メソッドI vol.06

    カフェ開業のヒントが満載の過去記事をまとめています。 vol.1から読むことを推奨します。

  • カフェ開業メソッドⅡ vol.04

    カフェ開業メソッドシリーズ 最新情報更新中!

  • カフェ開業メソッドⅡ vol.03

    カフェ開業メソッドシリーズ第2段vol.3

  • カフェ開業メソッド Ⅱ vol.02

    カフェ開業メソッドシリーズ第2段vol.2

  • カフェ開業メソッドI vol.05

    カフェ開業のヒントが満載の過去記事をまとめています。 vol.1から読むことを推奨します。

最近の記事

値切り交渉はこうすべし

今回は値切りに関することで押さえておくべき要点とコツを述べてみたいと思います。 まず値切りには「良い値切り」と「悪い値切り」があります。 まずは良い値切り、というよりぜひとも実践すべき値切り交渉からお話します。 まずは金額が大きいもの、まず代表的なのはやはり店舗家賃です。 「いよいよ契約という時の直前、最後の最後にすべし」です。 本当に優良物件であれば値切った瞬間に大家さんから「じゃ結構です」と言われる可能性が高く、さらに「この人めんどくさそうだな」と思われるとすぐ

¥100〜
    • 「収納の重要性とカフェオレベースの収支について」

      珈琲文明オリジナルのカフェオレベースがドーンと届きました。 ワンケース12本入りが50個、これをまず台車に積んで独りで3往復してくれた配送業者が偉過ぎなんでキンキンに冷えたCCレモンの1.5リットルを進呈し、さてその後が問題でして、私はまず中二階に運び、その後屋根裏部屋に運ぶという真夏の苦行大会開催・・・。 今回お伝えしたいことは苦労自慢ではなく主に2点あります。 まずは、こうしたテイクアウトや物販品販売をしようと決めた場合で今回のうちのカフェオレベースのような「瓶(割れ物)

      ¥100〜
      • お店のキャッチコピーを考える

        「あなたとコンビにファミリーマート」「カステラ一番 電話は二番」「サカイ、安い、仕事キッチリ」「あなたの風邪に狙いをつけてベンザブロック」「違いのわかる男のゴールドブレンド」「男は黙ってサッポロビール」「暮らし安心クラシアン」など、世の中には様々なキャッチコピーが溢れています。 テレビCMなんかしてたらいくらお金があっても足りませんが、こうしたキャッチコピーを作る分にはタダです。 是非とも皆さんのお店にもキャッチコピーは作ってください。 メチャクチャ重要なことだと思っ

        ¥100〜
        • 天井が高いことの重要性

          先日とあるお客さん2名(おそらくご夫婦)が「YOUTUBEを見てきてみました」と言っていたので「なんの動画ですか?」と訊いたら「横浜の喫茶店ベスト10」みたいなものだったので、そんな大それた括りの中に珈琲文明が入っていることに驚愕し、見てみました。 珈琲文明はともかく、様々な由緒ある名店が続々出てきていろいろと得るものが多いと思いますので、まずはこの動画をご覧ください。 名前だけは知っているようなお店も多く、でも私自身ほとんど実際には入ったことがないお店ばかりでしたが、こ

          ¥100〜

        値切り交渉はこうすべし

        ¥100〜

        マガジン

        • カフェ開業メソッドI vol.06
          15本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドⅡ vol.04
          7本
          ¥100
        • カフェ開業メソッドⅡ vol.03
          22本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッド Ⅱ vol.02
          20本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドI vol.05
          20本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドI vol.04
          20本
          ¥1,000

        メンバーシップ

        • 記事が見られない場合

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び②

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • カフェラボ忘年会を開催します!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 記事が見られない場合

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び②

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • カフェラボ忘年会を開催します!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          値切り交渉はこうすべし

          今回は値切りに関することで押さえておくべき要点とコツを述べてみたいと思います。 まず値切りには「良い値切り」と「悪い値切り」があります。 まずは良い値切り、というよりぜひとも実践すべき値切り交渉からお話します。 まずは金額が大きいもの、まず代表的なのはやはり店舗家賃です。 「いよいよ契約という時の直前、最後の最後にすべし」です。 本当に優良物件であれば値切った瞬間に大家さんから「じゃ結構です」と言われる可能性が高く、さらに「この人めんどくさそうだな」と思われるとすぐ

          ¥100

          値切り交渉はこうすべし

          「収納の重要性とカフェオレベースの収支について」

          珈琲文明オリジナルのカフェオレベースがドーンと届きました。 ワンケース12本入りが50個、これをまず台車に積んで独りで3往復してくれた配送業者が偉過ぎなんでキンキンに冷えたCCレモンの1.5リットルを進呈し、さてその後が問題でして、私はまず中二階に運び、その後屋根裏部屋に運ぶという真夏の苦行大会開催・・・。 今回お伝えしたいことは苦労自慢ではなく主に2点あります。 まずは、こうしたテイクアウトや物販品販売をしようと決めた場合で今回のうちのカフェオレベースのような「瓶(割れ物)

          ¥100

          「収納の重要性とカフェオレベースの収支について」

          お店のキャッチコピーを考える

          「あなたとコンビにファミリーマート」「カステラ一番 電話は二番」「サカイ、安い、仕事キッチリ」「あなたの風邪に狙いをつけてベンザブロック」「違いのわかる男のゴールドブレンド」「男は黙ってサッポロビール」「暮らし安心クラシアン」など、世の中には様々なキャッチコピーが溢れています。 テレビCMなんかしてたらいくらお金があっても足りませんが、こうしたキャッチコピーを作る分にはタダです。 是非とも皆さんのお店にもキャッチコピーは作ってください。 メチャクチャ重要なことだと思っ

          ¥100

          お店のキャッチコピーを考える

          天井が高いことの重要性

          先日とあるお客さん2名(おそらくご夫婦)が「YOUTUBEを見てきてみました」と言っていたので「なんの動画ですか?」と訊いたら「横浜の喫茶店ベスト10」みたいなものだったので、そんな大それた括りの中に珈琲文明が入っていることに驚愕し、見てみました。 珈琲文明はともかく、様々な由緒ある名店が続々出てきていろいろと得るものが多いと思いますので、まずはこの動画をご覧ください。 名前だけは知っているようなお店も多く、でも私自身ほとんど実際には入ったことがないお店ばかりでしたが、こ

          ¥100

          天井が高いことの重要性

          「臨時営業万歳!」

          私のお店(珈琲文明)はこの度史上初の3か月連続(4,5,6月)で売上100万円を超えました。 この三ケ月物凄い頑張ったかといと全然そういうことでもなく、客数も単価も何も変わらず(値上げした分単価は少し上がった)なので変わったことといえばズバリ営業日数を増やしただけなのです。 増やしたとはいえおそらくほとんどの個人経営の飲食店は月に25日営業くらいはしていると思います。 珈琲文明の日商平均は完全に4万円を超えているので25日営業すれば必然的に百万は毎月行くのです。 つまり近年こ

          ¥100

          「臨時営業万歳!」

          そうは言っても本業が忙しくて・・・という方へ

          おそらく開業をぼんやりと考えている方は多いことでしょう。 「いや、ぼんやりとじゃない、本気で開業したいんだけど、本業が忙しくてどうしても手が回らないんだよ」という人はここカフェラボにはもちろんもっといらっしゃると思います。 もう本当に痛いほどにわかります。 何より私がそうでしたから。 先日、友人である某有名ブロガーさんがこのことに関してとてもとても「我が意を得たり」なことを書いていましたので、まずは内容をかいつまんで述べます。 仕事に真面目な人ほど生活の優先順位は「1.仕

          ¥100

          そうは言っても本業が忙しくて・・・という方へ

        記事

          「臨時営業万歳!」

          私のお店(珈琲文明)はこの度史上初の3か月連続(4,5,6月)で売上100万円を超えました。 この三ケ月物凄い頑張ったかといと全然そういうことでもなく、客数も単価も何も変わらず(値上げした分単価は少し上がった)なので変わったことといえばズバリ営業日数を増やしただけなのです。 増やしたとはいえおそらくほとんどの個人経営の飲食店は月に25日営業くらいはしていると思います。 珈琲文明の日商平均は完全に4万円を超えているので25日営業すれば必然的に百万は毎月行くのです。 つまり近年こ

          ¥100〜

          「臨時営業万歳!」

          ¥100〜

          そうは言っても本業が忙しくて・・・という方へ

          おそらく開業をぼんやりと考えている方は多いことでしょう。 「いや、ぼんやりとじゃない、本気で開業したいんだけど、本業が忙しくてどうしても手が回らないんだよ」という人はここカフェラボにはもちろんもっといらっしゃると思います。 もう本当に痛いほどにわかります。 何より私がそうでしたから。 先日、友人である某有名ブロガーさんがこのことに関してとてもとても「我が意を得たり」なことを書いていましたので、まずは内容をかいつまんで述べます。 仕事に真面目な人ほど生活の優先順位は「1.仕

          ¥100〜

          そうは言っても本業が忙しくて・・・という方へ

          ¥100〜

          自家製モノでやるべきものとやってはいけないもの

          前回「自家製にすべきか否か」で自家製のお勧めパターンをいくつか挙げましたがそれをまずおさらいします。 レシピがしっかりあって、計量や時間等でキッチリ成立するもの、つまり毎回安定したクオリティのものが出来てそれを提供できるもの。 原材料が安定供給されるもの。 希少性はなくとも原材料費がそこまでバカ高くないこと。 それからもう1つもしかしたらこれが最も重要かもしれないことを加えますと、それは・・・ 「その原材料が他のメニューの何かに使いまわせるモノ」です。 「使いまわ

          ¥100〜

          自家製モノでやるべきものとやってはいけないもの

          ¥100〜

          あなたの店舗に必ずや来るであろう営業電話にはくれぐれも注意しましょう!

          店舗運営をして日々現場にいると頻繁に「営業の電話」がかかってきます。 「セールスの9割以上は不要なもの」とまず踏まえておきましょう。 そうであるならばその電話に長々と応対することはただの時間の無駄であり、それは同時に相手にとっても実は無駄なのです。 営業側にとっても長々と話して結局成約しないくらいならすぐ次に行ったほうがいいわけでつまりはお互いのために1秒でも早く切ったほうがいいと思うので「すみませんうちは結構です、失礼します。ガチャ」でいいと思います。 冷たいと思われようが

          ¥100〜

          あなたの店舗に必ずや来るであろう営業電話にはくれぐれも注意しましょう!

          ¥100〜

          孤独に打ち勝つ

          先日のイベント「丸山健太郎さんが珈琲文明にやってくる」はおかげ様で大盛況のうちに終了いたしました。 私と丸山珈琲の関係については過去の「文明ロード(修行編)」でも触れていますし、もうご存じの方が多いので省きますが、そもそも今回なぜ日々超多忙を極めいてるような「世界のマルヤマ」が珈琲文明に来たのか?ということに関してはおそらく正確には誰も知らないと思います。 でもここカフェラボの人にはその本当の背景を説明します。 実は説明は既に(やはりここカフェラボ内でのみ)終わっていま

          ¥100〜

          孤独に打ち勝つ

          ¥100〜

          自家製にすべきか否か

          赤澤メソッドの大原則で「ランチをはじめフードは出さない」というのがありますが、例外として「スイーツ及び作り置き(クイック提供)が出来るもの」という条件付きでならフード(あくまで軽食)は有り、というか単価アップのために導入しましょう。 さらにそれが自家製であればもちろん原価を抑えることが出来ます。 全てのフードを自家製にすればもちろん良いのかもしれませんが、作る人(店主)の体力気力の問題もありますし、そもそもその作ったものが果たして美味しいのかどうなのかという根本的な問題も

          ¥100〜

          自家製にすべきか否か

          ¥100〜

          軌跡を記録し保管すること

          私のお店(珈琲文明)は6/16で17周年を迎えました。 公式には来月7/7(2007年7月7日)としていますが、ここカフェラボではお馴染みの「サイレントプレオープン(友人知人にこそ内緒にする完全サイレントオープン)」して最初のお客さんに手書きの手紙を渡したのが17年前の6/16でした。 20年くらい前のまだ開業準備期間中にいろんなカフェの雑誌を眺めてて、その中に代々木にあるとあるカフェが実に様々な雑誌や媒体に紹介されていてその掲載数に驚き、「これくらい多くの媒体に取り上げられ

          ¥100〜

          軌跡を記録し保管すること

          ¥100〜

          カフェラボ会員の方々が実際に動き始めています!

          カフェラボ会員さんにとって何よりも勇気づけられ、これ以上ないほどに説得力を持つのが、現会員さんによる開業、そしてその結果でしょう。 阿佐ヶ谷の「ペンギンカフェ」や北海道江別の「喫茶ファロ」が順調に健全経営出来ていることは私自身も本当に嬉しいですし、再現性という部分でここカフェラボの開業メソッドに対して私自身も自信を持つことが出来て安心します。 さて、このコロナ禍の現在でありながら逞しく間もなく開業するカフェラボ会員さんのお店が現在少なくともふたつあります。 起業や開業に

          ¥100〜

          カフェラボ会員の方々が実際に動き始めています!

          ¥100〜

          ​お客様からのご褒美

          (この記事は2021年10月に書かれたものを再投稿しています。) 今月より珈琲文明では(増税以外では)史上初の値上げ、そしてコーヒー豆の販売という新たな展開がスタートしました。 ここ指南書では、現場で実際に起きている出来事とさらにそれへの結果を記述していくことが会員の皆さんにとっても有益であることと信じ、結果の良し悪しに関わらず(というよりも悪い結果のデータのほうが役立ちます)述べていきたいと思います。 さて、まず値上げとその結果についてですが、結論からいいますと客数に

          ¥100〜

          ​お客様からのご褒美

          ¥100〜

          日替わりメニューは不要

          皆さんがこれから開業するお店が食堂やフード(特にランチ)メインのカフェであるならば「日替わりメニュー」というのも有りかもしれません。 しかしカフェラボが推奨している「ドリンク中心のカフェでモーニングやランチはやらず、フードもほぼないお店」の場合は「日替わりメニュー」というものはまったくもって不要であると断言します。 フードを出してるカフェですら個人的には「日替わり不要論」を唱えます。 その理由は後述するとして、まず「ドリンク中心カフェ」での「日替わり」ってそもそも何?ってこと

          ¥100〜

          日替わりメニューは不要

          ¥100〜

          ​店内BGM及びスピーカーの位置について

          (この記事は2021年10月に投稿されたものを再投稿しています。) 昨日久しぶりに赤澤談話にも書きましたように今月10月23日(土)に丸山珈琲の丸山健太郎さんが珈琲文明に来ます。 明日10月6日(水)より一般への参加募集も開始しますので参加希望の方はお早目に申込みください(もう二度とない激レア企画です)。 さて、今回は店内で流すBGMについて述べていきます。 カフェをやるならばおそらく何らかのBGMを流すことになると思います。 たまに全く無音のお店もありますが、完全

          ¥100〜

          ​店内BGM及びスピーカーの位置について

          ¥100〜

          ​価格改定改編の具体例

          (この記事は 2021年9月に書かれたものを再投稿しています。) これから開業しようとしている皆さんは価格のことや店内注意事項その他クレド(信条)など取り決めていくことになると思います。私は15年前にもちろんそういうことはしましたが、この度の価格改定によりメニューを刷新することになり、今一度注意事項等も見直してリニューアルすることにしました。 ここ指南書では過去に私が実際にやってみて上手くいったことはもちろん失敗したこと(実はこっちのほうが大事)などを主に書いていますが、

          ¥100〜

          ​価格改定改編の具体例

          ¥100〜