カフェラボ by 珈琲文明

横浜の名物カフェ「珈琲文明」オーナー赤澤智によるワンオペカフェ開業指南書。 2023年…

カフェラボ by 珈琲文明

横浜の名物カフェ「珈琲文明」オーナー赤澤智によるワンオペカフェ開業指南書。 2023年4月カフェラボメンバーシップスタート、いつかカフェを考えるメンバー絶賛歓迎。

メンバーシップに加入する

開業15年経ってもビジネス書を読み漁るほどカフェ開業研究オタクの赤澤智による開業指南書。実際に営業する「珈琲文明」はお客様が来すぎて”文明回避”を推奨する日が頻繁にあるほど人気。カフェ経営の指南書を限定公開します。月500円でビジネス書では決して読むことのできないリアルな話を購読することができます。メンバーシップ加入者に「珈琲文明創業計画書』公開中。 黒字で長く続くお店作りを目指す人のための研究所です。

  • カフェラボ研究員

    ¥500 / 月
    初月無料

マガジン

  • カフェ開業メソッドI vol.06

    カフェ開業のヒントが満載の過去記事をまとめています。 vol.1から読むことを推奨します。

  • カフェ開業メソッドⅡ vol.03

    カフェ開業メソッドシリーズ 最新情報更新中!

  • カフェ開業メソッドI vol.05

    カフェ開業のヒントが満載の過去記事をまとめています。 vol.1から読むことを推奨します。

  • カフェ開業メソッドI vol.04

    カフェ開業のヒントが満載の過去記事をまとめています。 vol.1から読むことを推奨します。

  • カフェ開業メソッドI vol.03

    カフェ開業のヒントが満載の過去記事をまとめています。 vol.1から読むことを推奨します。

最近の記事

創業前に震え上がるほど不安になったこと

起業する際にはポジティブとネガティブの両輪が常に必要だと思っています。 ところが世に出回る起業に関する書籍や動画等は皆成功談が多いものです。 まぁそうしないとそもそも「起業を志す人への案内」という本来の趣旨じゃなくなり売れなくなるのでこれはもうしょうがないですよね。 でもここでは結構意識して「負の部分」も多めに出していくように心がけております。 というのもやはり「黒字で長く続けていく」ということを第一に考える際、特に「長く続けていく」ということはマラソンであり、道中いろいろ

有料
100
    • 食器はまず一社からガツンと一括して揃える

      メニュー数の少ない珈琲文明でさえも、例えば食器類は↓※写真参照 「コーヒーカップ、アイスコーヒー銅製(もどき)タンブラー、ビールグラス、ホットカフェオレカップ、アイスカフェオレカップ、ホット紅茶カップ、アイス紅茶グラス、ソフトドリンクグラス、スイーツ用皿、カレーパン用皿、かりんとう用器、よもぎ草餅用皿、お水用グラス、シルバー各種」他にもきっと何かありますがザ~っと挙げただけでもこれだけあります。 これらが席数分の倍必要だったり、破損用としての予備もそうですし、少なくとも複

      有料
      100
      • トラブルシューティングケーススタディ3選

        折に触れやったほうが良いと思ってる「トラブルシューティングケーススタディ」。 今回3つほど実例を用意しました(※実際に私のお店で起こった出来事です)。 早速いってみましょう。 その① コワモテ&イカツイ系の人(※具体的に言うとスキンヘッドにしてTATOO有り。ただし実は普通にイイ人でリピーターさん)が来て周囲の空気が緊張感溢れる感じになった場合。 その② 本来おしぼりは出さないのがデフォである珈琲文明はカレーパン及びかりんとうご注文のお客様にのみ紙ナプキンを出しているが、

        有料
        100
        • ​食器選びのコツと見落としがちでとても重要なこと

          食器(コーヒーカップやグラス各種お皿やシルバー類その他含む)について述べていきます。 まず食器に強いこだわりを持ち、そこにはお金をかけるべき、という店主の皆さんはそれはそれで否定はしません。 私が尊敬するとある喫茶店の店主もコーヒーカップやケーキのお皿に対しては「お客様が口に触れるものだから」という極めて崇高な理由により食器にお金をかけていることを聴けば否定出来るわけがありません。 また、軽井沢のとある大学の先生が趣味で営むお店は年商(日商じゃないですよ)が3万円くらい

          有料
          100

        創業前に震え上がるほど不安になったこと

        マガジン

        • カフェ開業メソッドI vol.06
          1本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドⅡ vol.03
          21本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドI vol.05
          20本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドI vol.04
          20本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッドI vol.03
          21本
          ¥1,000
        • カフェ開業メソッド Ⅱ vol.02
          20本
          ¥1,000

        メンバーシップ

        • 記事が見られない場合

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び②

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • カフェラボ忘年会を開催します!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 記事が見られない場合

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び②

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お詫び

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • カフェラボ忘年会を開催します!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          創業前に震え上がるほど不安になったこと

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          起業する際にはポジティブとネガティブの両輪が常に必要だと思っています。 ところが世に出回る起業に関する書籍や動画等は皆成功談が多いものです。 まぁそうしないとそもそも「起業を志す人への案内」という本来の趣旨じゃなくなり売れなくなるのでこれはもうしょうがないですよね。 でもここでは結構意識して「負の部分」も多めに出していくように心がけております。 というのもやはり「黒字で長く続けていく」ということを第一に考える際、特に「長く続けていく」ということはマラソンであり、道中いろいろ

          有料
          100

          創業前に震え上がるほど不安になったこと

          食器はまず一社からガツンと一括して揃える

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          メニュー数の少ない珈琲文明でさえも、例えば食器類は↓※写真参照 「コーヒーカップ、アイスコーヒー銅製(もどき)タンブラー、ビールグラス、ホットカフェオレカップ、アイスカフェオレカップ、ホット紅茶カップ、アイス紅茶グラス、ソフトドリンクグラス、スイーツ用皿、カレーパン用皿、かりんとう用器、よもぎ草餅用皿、お水用グラス、シルバー各種」他にもきっと何かありますがザ~っと挙げただけでもこれだけあります。 これらが席数分の倍必要だったり、破損用としての予備もそうですし、少なくとも複

          有料
          100

          食器はまず一社からガツンと一括して揃える

          トラブルシューティングケーススタディ3選

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          折に触れやったほうが良いと思ってる「トラブルシューティングケーススタディ」。 今回3つほど実例を用意しました(※実際に私のお店で起こった出来事です)。 早速いってみましょう。 その① コワモテ&イカツイ系の人(※具体的に言うとスキンヘッドにしてTATOO有り。ただし実は普通にイイ人でリピーターさん)が来て周囲の空気が緊張感溢れる感じになった場合。 その② 本来おしぼりは出さないのがデフォである珈琲文明はカレーパン及びかりんとうご注文のお客様にのみ紙ナプキンを出しているが、

          有料
          100

          トラブルシューティングケーススタディ3選

          ​食器選びのコツと見落としがちでとても重要なこと

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          食器(コーヒーカップやグラス各種お皿やシルバー類その他含む)について述べていきます。 まず食器に強いこだわりを持ち、そこにはお金をかけるべき、という店主の皆さんはそれはそれで否定はしません。 私が尊敬するとある喫茶店の店主もコーヒーカップやケーキのお皿に対しては「お客様が口に触れるものだから」という極めて崇高な理由により食器にお金をかけていることを聴けば否定出来るわけがありません。 また、軽井沢のとある大学の先生が趣味で営むお店は年商(日商じゃないですよ)が3万円くらい

          有料
          100

          ​食器選びのコツと見落としがちでとても重要なこと

          ​長居と追加オーダーの兼ね合いのことなど

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          以前の会員専用コミュニティに質問がありまして、これがまたとても汎用性が高く、おそらく皆さん全てに共通する事項だと思いましたので、ここで述べます。 質問内容は「2時間ないし3時間ルールは追加オーダーした人はどうするのか、また店内空いている場合は?」というものでした。 まず現在の珈琲文明のルールとしては「追加オーダー、及びどんなに店内が空いていようが例外なく3時間ルール適用(2021年秋からは2時間)」というものです。 ですが、これから開業する皆さんはチョット待ってください

          有料
          100

          ​長居と追加オーダーの兼ね合いのことなど

          値上げや 諸注意やメニュー文言の微調整について

          「カフェラボ研究員」に参加すると最後まで読めます

          値上げに関して必要以上にビビってる店主っていると思います。 でも仕入れ元をはじめ光熱費や雑費ありとあらゆるものの価格が高騰してますよね? 取引先の仕入れ元も値上げの通達をしっかりしてきますよね? 企業、とりわけBtoBの会社はかなりキッチリと値上げをしてきます。 別に殿様商売ということじゃなく、かつては血のにじむような企業努力やはたまた下請けを泣かせたりといったアンフェアトレード(?)みたいなものがあったのかもしれません。 でもそれだと誰もいい思いがしないことがわかりもはや自

          有料
          100

          値上げや 諸注意やメニュー文言の微調整について

        記事

          ​長居と追加オーダーの兼ね合いのことなど

          以前の会員専用コミュニティに質問がありまして、これがまたとても汎用性が高く、おそらく皆さん全てに共通する事項だと思いましたので、ここで述べます。 質問内容は「2時間ないし3時間ルールは追加オーダーした人はどうするのか、また店内空いている場合は?」というものでした。 まず現在の珈琲文明のルールとしては「追加オーダー、及びどんなに店内が空いていようが例外なく3時間ルール適用(2021年秋からは2時間)」というものです。 ですが、これから開業する皆さんはチョット待ってください

          有料
          100

          ​長居と追加オーダーの兼ね合いのことなど

          値上げや 諸注意やメニュー文言の微調整について

          値上げに関して必要以上にビビってる店主っていると思います。 でも仕入れ元をはじめ光熱費や雑費ありとあらゆるものの価格が高騰してますよね? 取引先の仕入れ元も値上げの通達をしっかりしてきますよね? 企業、とりわけBtoBの会社はかなりキッチリと値上げをしてきます。 別に殿様商売ということじゃなく、かつては血のにじむような企業努力やはたまた下請けを泣かせたりといったアンフェアトレード(?)みたいなものがあったのかもしれません。 でもそれだと誰もいい思いがしないことがわかりもはや自

          有料
          100

          値上げや 諸注意やメニュー文言の微調整について

          ​お客様へのお願いや禁止事項はどう伝えればよいのか

          先日私の現場で実際に起きたトラブルの話をします。 公の場でこれを書くと炎上しそうなんで(笑)個人のフェイスブック投稿に限定しました。 その投稿記事をまず以下に貼り付けますのでザ~っと目を通してください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2階席にいたひとりの男性お客さん(40代くらい)がパソコンでZOOM会議を始めた。 2階席はテーブルがふたつしかなく、既にその人よりも前にもうひとつのテーブルはおふたりの女性客が座っていた。少しだけ様子をうかがったが止める気配がなかっ

          有料
          100

          ​お客様へのお願いや禁止事項はどう伝えればよいのか

          理論武装のススメ

          開業準備中に(今すぐ)すべきこととして、前回は「開業までの実況中継ブログのすすめ」をしました。 今回もう一つ是非ともやっておいてもらいたいことをお伝えします。 それは「理論武装」です(笑)。 あなたのお店にまつわる様々な事柄(メニュー、コンセプト、内外装、立地等)に関して、相手に説明できるようにするだけではなく、さらにそれらそれぞれに対して深く調べたり研究してみたりしてほしいのです。 中でも最も重要なのはやはりあなたのお店で扱うメニューの主軸商品のことです。 タピオ

          有料
          100

          「時間外労働が出来る自由」

          これまで私は折に触れ「月商目標の第1ステージはズバリ80万円」ということを申し上げてきました。 もう少し細かく言うと83万円くらいです。 月商83万円であると年間でギリギリ1千万円以内に収まりますが、これを超えて来ると消費税の支払い義務が生じます(ここではインボイス制度のことを含めると話がややこしくなるので無視します)。 ともあれ皆さんが開業し自店舗を運営していくのであればまずはこの月商80万を毎月颯爽と超えていくべきという提唱はこれからも変わりません。 さて、今日のお話はそ

          有料
          100

          「時間外労働が出来る自由」

          ​創業開始までの実況中継ブログを今すぐ書き始めて!

          目下開業準備をしている皆様の進捗状況は様々であることでしょう。 物件がなかなか決まらずに動くにも動けないという17年前の私のような人もいることでしょう。 もしも「何かやんなきゃ!仕事もう辞めちゃったし暇だし(←極力仕事辞めないでください。辞めるタイミング等に関しても後日また触れたいと思います)、でも何していいかわかんない」っていう人や、もしくは現在がどんな状況であるかに関わらず皆さん全員にやってほしいことがあります。 それは「お店をオープンするまでの実況中継」をブログで

          有料
          100

          ​創業開始までの実況中継ブログを今すぐ書き始めて!

          ​【あ!】の魔力

          前回サイレントロイヤルカスタマー(SRC※ちなみにこれは私の勝手な造語なので正式な略称でも何でもありません(笑))の方だけに贈った手紙のことなどをご紹介しました。 いずれも創業後5年、10年といった単位で歴史を重ねれば重ねるほどにその方たちとは絆レベルに昇華出来るため効果的なのですが、これから開業するという皆さんにとってはさしあたっての即効性はないと思われるため、今回はもう少し開業後まもなく使える魔法のような破壊力を持つ秘奥義をお伝えします(なんだか胡散臭い流れになってきて

          有料
          100

          「それでも起業開業に不安な人がやるべき2つのこと」

          開業前の「不安」について誰よりもビビリィな私がどのようにしてその不安を払拭していったのかということに関してはしっかりと具体的に述べられることが大きく2つありますのでそれを述べていきますね まず何より「やろうとしていることで既に成功している人(店)のところに行き、いろいろと話を訊く」ということです。 この「やろうとしていること」とは私の場合「ワンオペの珈琲専門店(モーニングやランチはやっていない)フードは出さない」という業態のお店で上手くいってるお店を探しました。 ところがこれ

          有料
          100

          「それでも起業開業に不安な人がやるべき2つのこと」

          サイレントロイヤルカスタマーと結ぶ見えない強靭な糸

          前回はお客さまにとってのオンリーワンになるためには「オンリーワンな状況に遭遇した場合はそれを強調すべし(例えば「最初(最後)のお客さん(メニュー)」であることなどを口に出して伝えるなど)というようなことを書きましたが、これらに該当するお客さまというのは当然のことながら限られた少数の人ということになります(だからこそオンリーワン感を与えられるともいいますが)。 今回はもっと多くの人を対象にした、それでいてオンリーワン感満載になるような秘奥義(!?)をご紹介します。 その

          有料
          100

          サイレントロイヤルカスタマーと結ぶ見えない強靭な糸

          ​オンリーワン店への具体策を述べます

          赤澤メソッドの生命線ともいえる「価格競争はしない」や「そこの地域で一番になる」等のことはおそらく皆さんも同意してくださると思うのですが、これだけで話を終えていたらそれはC級カフェコンサルの戯言ですし、「価格競争はしない→価格を下げずに価値を上げよ」で止まっているのはまだB級コンサルなので(笑)ここでは具体策と共にもっとガンガン踏み込みます。 結論を一言で言うと「オンリーワン」になることですが、もちろんもっと深堀りしますね。 価格競争もなく、競合相手もいないようになるのには

          有料
          100

          ​オンリーワン店への具体策を述べます

          「開業の不安とどう向き合っていくか」

          この度カフェラボ会員さんから相談の書き込みがありまして、相談内容は物凄く一言で片づけてしまうと「開業し継続していけるのかが不安」ということになります。 これはもう開業志望者にとっての永遠のテーマであり、もちろん私自身が通って来た道でもありますので、机上の空論を一切やめて本音だけを述べていきたいと思います。 そして開業志望者永遠のテーマであるがゆえそれをここで会員の皆さんとも共有できたらと思いこちらに書くことにしました。 今回少し長くなるかもしれませんが最後までお付き合いくださ

          有料
          100

          「開業の不安とどう向き合っていくか」

          ​キラーメニューの真意「テレビ番組(ザ!世界仰天ニュース)に出ました」

          (この記事は2021年6月に掲載されたものを再投稿しています。) 昨日「お知らせ」にも書きましたように「世界仰天ニュース」(日テレ)に出ます。 これを書いているのが月曜(14日)なので放映は明日(15日)となります。 皆さんがこれを見る頃もしかしたら時既に遅しで放映が終わってしまった後かもしれませんが、特に何の問題もありません(笑)。 何より今回のここ指南書で述べることが重要なのでここだけ読んでいただけたら十分です。 実際放映を未だ見ていない私が言うのもなんですが、今回の

          有料
          100

          ​キラーメニューの真意「テレビ番組(ザ!世界仰天ニュー…