見出し画像

ことばのゆくえ、こころと社会のあいだ#19

C²-Wave 六本木けやき坂

夢(1)

 人はその生涯のおおよそ3分の1もの時間を眠りという世界で過ごす。それは残り3分の2のあいだの心身を健康な状態に保ち、私たちの明日を有意義で快適なものにするため心身にすぐれた鎮静(痛)および疲労回復効果を与えてくれるものだ。「睡眠を制する者は人生をも制する」とは私の勝手な言説だが、実際あながちまったくの誇張とも思われないのだ。いずれにしろ睡眠という時間を私たちは有意義に過ごす必要がある。
 だが残念なことに、老若男女を問わず多くの現代人が慢性的に睡眠不足だったり眠りの質や睡眠環境に何らかの問題を抱えていると言われている。それらによって日常生活になんらかの支障をきたしているにもかかわらず、どうしても日中覚醒時の活動に関心と注意が偏ってしまい、眠りはその余りものとして優先順位の低い地位に甘んじた生活を送りがちだというのが多くの人の現実なのかもしれない。
 カウンセリングに訪れる方々のなかにも、睡眠に何らかの問題を抱えていることを自覚している人は多い。こころに問題を抱え現実生活に大きな心配ごとがあれば、ぐっすり安心して眠れるはずもないのは当然のことだ。一方逆もまたしかりで、良好な睡眠が得られるならば心理的に困難な状況から生じる心身のさまざまなストレス症状がときに劇的な改善をみせることも珍しくない。睡眠のメカニズムについては科学的解明も随分と進んでおり、今では睡眠(障害)はすでに医学的治療の対象である。一般の総合病院を中心に精神(神経)科内に睡眠外来が併設され多くの人が受診する。

 ところで、この睡眠という世界で起きる不思議な現象に夢体験がある。不思議といっても睡眠と同様、今では夢を見るメカニズムや機序といった側面においては科学的な研究に基づく知見もさまざま集積されつつある。夢はいってみれば、強烈な鎮静効果を持つ睡眠により不安定な覚醒状態に置かれた脳が混乱した意識下でランダムに示す神経生理的な反応であり、就寝中の睡眠環境や現実日常生活における心身の状態や生活習慣にも左右される。悪夢障害のようないくつかの精神疾患が原因で見られる病理もまた医学的治療の対象である。とはいえまだわかっていないことも多いのもまた確かである。

 夢とはいったい何か、なぜ人は夢をみるのかについて探る人類の歴史は長い。古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、当時得られている自然科学的知見等に基づきさまざま説明を試みている。

 実際、眠っているとき、大部分の血がその感覚の始原(=心臓)へと下りていくので、感覚器官に内在する諸々の「動」 ― 可能的に内在する場合もあれば、現実に内在する場合もある ― は、血と共に下りてくる。(中略)それらのもろもろの動の各々は、ちょうど述べられたように、現実に活動していた感覚内容の残存物なのであって、それは現物が去ってさえも、感覚器官になお内在している。(中略)感覚器官のなかにある諸々の動によって、ちょうど感覚しているときのように動かされるということがある。それで、似ているものが、現物それ自体であると思われしまう。実際、眠りの力とは、そのことを気づかせないほどのものなのである。

アリストテレス全集7「自然学小論集」岩波書店

 また、時代はかなり下るが19世紀のフランスのノーベル文学賞作家アナトール・フランスの夢に関する情緒観念的だが巧みな表現はよく知られる。

 夜、われわれが夢に見るものは、昼間われわれが気にもとめずなおざりにしたもののあわれな残である。夢はしばしば、軽蔑された事実たちの仕返しであり、見捨てられた人々の非難の声である。だから不意打ちを食らうし、悲しみに襲われることもある。

アナトール・フランス「赤い百合」複数邦訳版を一部改変して掲載
 

 精神病理学や心理学の専門家達もまた、夢について過去さまざまな説明・解釈を行ってきた。精神分析学の祖であるジーグムント・フロイトが、「ある抑圧された願望の、偽装した充足」と表現したことはよく知られる(彼はアナトール・フランスの上記表現を自著でも引用している)。
 日本におけるユング派分析心理学の草分け的存在であった河合隼雄は、「夢はそのときの意識に対応する無意識の状態が何らかの心像によって表現した自画像であるともいうことができる」と述べている。また、昨年逝去した日本精神医学界の巨星中井久夫によれば、「夢のはたらきによって我々は健康を保っており、昼間こなせなかったことを寝ているあいだに消化してくれる『こころの胃液』のようなもの」だという。

 こころの病の源流を無意識や深層心理の世界の中にさまざま探り、現実日常の行動や思考に変容をもたらそうとうする精神療法である精神分析学や分析心理学における臨床実践の一部としての夢内容が持つ象徴性や記号性、暗喩についての分析や解釈、知見といったものが、一定の治療的意義や効果をもたらすとされた時代も過去にはあった。だが、現代の精神医学や臨床心理学においてこうしたアプローチは、十分な科学的根拠に欠けるとして精神療法の主流からは外れてしまっている。夢を見たからといって常にそれがその人の潜在的な不安や欲求を反映しているといったわけではない。心の病の治癒に必要な客観性や普遍性が十分に担保された理論なり技法を導きだす素材として、夢はあまりに主観的経験の色濃い、気まぐれでアナーキーな体験世界なのだろう。夢に過大な期待をかけるのは酷な話というわけである。

 ただ、それでは夢について考えることにまったく意味も効果もないかというとそうとも言い切れない。われわれ人間はあまりに複雑な存在であり、カウンセリングにおいてすべて個人はいわば特殊ケースでもある。一般的あるいは集団的に共通する部分として語れない個別事情なり背景の部分にこそこころの問題の本質もまた潜んでいるものである。夢についての話題を取り上げたり話し合ったりすることが、苦悩するこころの理解や問題解決に導くヒントを与えてくれるケースもあるだろう。
 ではどのような場合や条件の下で夢をカウンセリングの俎上に載せるのか、夢分析の研究知識も経験の蓄積も浅いあくまで私個人での取り組みのレベルになるが、夢の事例も挙げながら次回話を進めていきたい。

C²-Wave 六本木けやき坂ウェブサイト


 

 

 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!