見出し画像

副業ものづくりマンガ 「そのひらめきがバタフライボード になるまで」

持ち歩けるホワイトボードの「バタフライボード 」、ミニマリストに最適な何度もかけるマグネット式ノート「notesX」をクラウドファンディングを活用し開発しています。

2021年2月現在、新製品notesXでクラファン実施中なので、よろしくおねがいします!

バタフライボード株式会社代表の福島です。

はじめに

持ち歩けるホワイトボードの「バタフライボード」 の開発経緯、副業時代の苦悩や楽しかった経緯、人情物語を皆さんに知ってもらいたいと思いマンガ制作PJTを開始。

マンガ制作はクラウドファンディングで資金調達し、幻冬舎ブランドコミック(見城徹会長、石原正康さん、箕輪厚介さん、設楽悠介さん、作画:伊野ナユタ先生 etc)にて制作しました。

実話の物語、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

マンガ本編

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22

画像23

画像24

画像25

画像26

画像27

画像28

画像29

画像30

画像31

画像32

画像33

画像34

画像35

画像36

画像37

画像38

画像39

画像40

画像41

画像42

画像43

画像44

画像45

おわりに

実話の物語はいかがでしたでしょうか?!「おじさんの夢の叶え方」が一番伝えたかったテーマです。

・嫁ブロック
・資金調達
・販路開拓
・副業の進め方
・工場・量産の信用
など

このマンガでは、「リアルなものづくりの裏側」を全てを公開しました。


TwitterでRTや感想を頂ければとても励みになります!物語が届いているとわかるととても嬉しいです。



マンガ内にも登場したバタフライボードや、0.5mmの極細ホワイトボードペンシルは下記です。

<新製品の「notes」>

画像46

画像47

<バタフライボード シリーズ>

・A5サイズ(計4本のペン:黒0.5mm+赤、青、黒1.0mm )
・A4サイズ(計4本のペン:黒0.5mm+赤、青、黒1.0mm )
・A3サイズ

魂込めて開発をしたので、お手に取って頂けましたら幸いです。


読了ありがとうございました。ぜひ感想を伺えましたら幸いです。




この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Twitter(@butterflyboard)フォローお願いします!
212
2015年に第1弾のクラウドファンディングで初代バタフライボードを発表。“Hello, idea”® をコンセプトにハードウェア版リーン開発でアイデアに出会う道具を進化させています。鈴鹿高専卒、元ボーズアコースティックエンジニア。