文徒インフォメーション Vol.76

文徒

Index------------------------------------------------------
1)【Book】柴田錬三郎賞は青山文平と金原ひとみ、山田風太郎賞は小川哲
2)【Publisher】福岡の書肆侃侃房は「新鋭短歌シリーズ」の版元だ
3)【Advertising】結局、ADKの便宜供与はいつ始まったのか?
4)【Digital】杉田水脈敗訴を「いいね罪」と呼ぶのは誤り
5)【Magazine】ワン・パブリッシング「ムー」など5誌が節目記念号
6)【Marketing】出会いを生むオンライン書店「チャプターズ」とは
7)【Comic】もしかしてコミックエッセイは隠れた鉱脈ではないのか
8)【TV, Radio, Movie, Music & More】テレビを萎縮させたい統一教会裁判攻勢
9)【Journalism】幸福の科学による「宗教2世マンガ」への教団見解
10)【Person】山岡朝子、下河辺さやこ、東雅夫、牧野楠葉、高山文彦!
11)【Bookstore】街の書店は業態転換の波を乗り越えられるか?
--------------------------------------2022.10.17-10.21 Shuppanjin

この続きをみるには

この続き: 33,063文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
デイリー・メールマガジン「文徒」はマスコミ・広告業界の契約法人にクローズドで配信されている。2013年より月〜金のデイリーで発行し続けており、2021年6月で通巻2000号を数えた。出版業界人の間ではスピーチのネタとして用いられることが多く、あまりにも多くの出版人が本誌を引用するせいで「業界全体が〝イマイ社長〟になっちゃったね」などと噂されることも。

マスコミ・広告業界の契約法人に配信されているクローズドなデイリーメールマガジン「文徒」をオープン化する試み。配信されるメールのうち、出版・…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!