見出し画像

【マエボン2/制作の裏側 第2回】コンシェルジュを担当して感じたこと・良かったこと編

オンラインサロン「前田デザイン室」で制作されたマエボン2。
このnoteはその制作に関わったサロンメンバーたちの活動の記録を、前田デザイン室公式noteのマガジンに集約していく形で公開しています。

昨年5月からお邪魔しているオンラインサロン『前田デザイン室』内で始まった雑誌制作プロジェクト『マエボン2』に私も参加させてもらいました。

このプロジェクトでの私の役割は『コンシェルジュ』
いくつもの企画が同時に進んでいく雑誌制作の中で、情報の波に飲み込まれて迷子どころか帰らぬ人になってしまうのを少しでも減らすべく爆誕したこの役割。
声をかけてもらい数秒悩んでお請けすることにはしたのですが、ぶっちゃけそんなもんやったことありません。

そんなコンシェルジュ初体験の私が想像したのは、アメコミのバットマンに登場する執事のアルフレッド・ペニーワース。
幼少期に両親を亡くしたブルース・ウェイン(=バットマン)の父親代わりでもあるアルフレッドのように、ただただ甘やかして全てをやってあげるのではなく、時には厳しいことも伝えつつ、一歩引いて「こっちだよー」と進む方向を指し示してあげるだけに留めることを意識しながら制作期間を過ごしてました。

全てをやってあげちゃった方が楽なんですよ、ホントは。自分のペースで出来るので。
ただ沢山の人が参加する場では物理的に限界があるのと、一人でアレもコレもとやってしまうのでは様々な才能たちに集まってもらった意味が無いし、オンラインサロンでの雑誌制作というなかなか体験できないせっかくの機会にそれぞれの才能を爆発させてもらいたいので、出来る限り私は全体を俯瞰して見守ることにしました。
本当にこのスタンスで良かったのかは自分ではまだよく整理できてないですが、「コンシェルジュありがとう」と言ってもらえる機会も沢山あったので、少しでもお役に立ててたなら良かった良かったと茶をしばきながら一息ついてます。

そんなコンシェルジュをしてみて良かったことはいろいろあるけれど、特になことは下記の3つ!

▶︎参加メンバーの今まで知らなかった一面に触れられたこと

今回初めてやり取りをした人も沢山いましたが、「こんなことが出来る人なんだー!」「こんなことを考えながら過ごしてるのね!」なんてことを知ることが出来たのがとても嬉し楽しでした。それが出来たのも全体を満遍なく見る役割を与えてもらったからこそなのかなと思います。
それぞれにステキな才能をお持ちの方々ばかりなので、何か別の機会にもその才能たちのことを周りにも伝えていけたらなぁ…。

▶︎3人ってちょうど良い

今回のプロジェクトで『コンシェルジュ』を担当したのは私だけでなく、パンを追っかける音の魔術師・ゆきこ と 北の大地のNEWスター・おりちゃん の3人。
1人では抱え込みすぎるし、2人でもどちらかが落ち込むと引っ張られて共倒れする可能性大。それが3人いると誰か1人が落ち込んでも2人でカバーしてまたみんな元気になれる…ってことがしやすかったように思います。
それぞれ気になるポイントがちょっとずつ違うこともあり、結果的にたくさんの迷子たちのお手伝いが出来たような気も。
『三本の矢』の教えってホントだったんですね。毛利元就すげー。

▶︎今まであまり話したことのない人とも交流できたこと

制作が間に合わず途中で締切が伸びて延長戦になったこともあり、大変に感じた人も多くいたと思いますが、へこたれずに乗り越えられるよういろんな人に声をかけようと心がけてました。
そんなことも『コンシェルジュ』という役割をもらったからしやすかったかなと。それを良いことにいろんな人へちょっかいを掛けやすく、私も日々楽しく過ごすことが出来ました。


そんな感じで意外と性に合ってたと思いますこの『コンシェルジュ』という役割。
知ってる人は少ないであろう『カイロソフト』が作ってるようなシミュレーションゲームが好きなのもあり、オンライン上で各企画ごとに巻き起こっていることをニヤニヤ見守りながら、上手く進んでないところをツンツンするの楽しかったです。
大変は大変なので当分はお腹いっぱいですが(笑)

長くなったので今日はここまで!
次回(続くんかい!)、コンシェルジュ生活における反省編に続きますー。

--------

そんなマエボン2ですが、いよいよ6月1日(月)から前田デザイン室・公式オンラインショップと東京、大阪の各書店にて販売がスタートします。クラウドファンディングで手に入れらなかった方はどうぞお楽しみに!

【Web】前田デザイン室 オンラインショップ(限定特典アリ)

【東京】青山ブックセンター本店(限定特典アリ)

【東京】代官山 蔦屋書店

【大阪】TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE

▼マエボン2ってどんな雑誌? 

▼他のメンバーの振り返りはこちら!


この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

じゃーんけーんぽんっ!うふふふふ!
23
フリーランスの空間デザイナー+引きこもり主婦の二足のわらじを履きながら日々を過ごしてます。日々感じたことや仕事のことなども綴っていこうかと思います。 https://fuminakazawa.com

この記事が入っているマガジン

思ったこと
思ったこと
  • 11本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。