BRIDGE KUMAMOTO

熊本地震をきっかけに熊本のクリエイターが設立したプロボノ団体。「寄付するクリエイティブ・エージェンシー」「社会課題にクリエイティブの力で挑む」が使命。熊本地震の廃棄ブルーシートをアップサイクルした「BLUE SEED BAG®」は2017年グッドデザイン賞BEST100を受賞。

BRIDGE KUMAMOTO

熊本地震をきっかけに熊本のクリエイターが設立したプロボノ団体。「寄付するクリエイティブ・エージェンシー」「社会課題にクリエイティブの力で挑む」が使命。熊本地震の廃棄ブルーシートをアップサイクルした「BLUE SEED BAG®」は2017年グッドデザイン賞BEST100を受賞。

    ストア

    • 商品の画像

      ごみを見る万華鏡 REF®︎(レフ)製作キット

      ごみを見る万華鏡 REF®︎(レフ) サイズ:長さ16cm、直径約3.6cm 重さ:約55g 筐体、蓋:再生プラスチック 内側:アクリルミラー3枚、アクリル板2枚 のぞくもの:再生プラスチック、ごみたち ネコポス(¥385)で発送いたします。
      1,650円
      BRIDGE KUMAMOTO
    • 商品の画像

      復興乗車券【令和2年7月豪雨災害支援】

      熊本電鉄・南阿蘇鉄道・くま川鉄道・肥薩おれんじ鉄道が、災害復興のため共同で企画した特別な復興乗車券です。 クリックポストでの発送となります。 鉄道4社それぞれ約1,000円相当の1日乗車券、往復乗車券が台紙に納められています。 2022年8月31日まで、乗車券をご利用いただくことができます。 ーーーーー乗車可能な区間についてーーーーー 熊本電鉄(鉄道線): 全線を1日乗り放題 くま川鉄道:肥後西村から湯前までの区間について、1日乗り放題 肥薩おれんじ鉄道:八代から佐敷までの区間について乗車可能(下車前途無効) 南阿蘇鉄道:中松から高森までの区間について、1日乗り放題 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 台紙サイズ:約 縦15cm × 横21cm
      6,000円
      BRIDGE KUMAMOTO
    • 商品の画像

      ブルーシードバッグ

      サイズ:高さ約30cm 幅約33cm 奥行き約15cm 素材(表):被災地域などで使われた廃棄予定のブルーシート 素材(裏地・持ち手):綿
      4,400円
      BRIDGE KUMAMOTO
    • 商品の画像

      ごみを見る万華鏡 REF®︎(レフ)製作キット

      ごみを見る万華鏡 REF®︎(レフ) サイズ:長さ16cm、直径約3.6cm 重さ:約55g 筐体、蓋:再生プラスチック 内側:アクリルミラー3枚、アクリル板2枚 のぞくもの:再生プラスチック、ごみたち ネコポス(¥385)で発送いたします。
      1,650円
      BRIDGE KUMAMOTO
    • 商品の画像

      復興乗車券【令和2年7月豪雨災害支援】

      熊本電鉄・南阿蘇鉄道・くま川鉄道・肥薩おれんじ鉄道が、災害復興のため共同で企画した特別な復興乗車券です。 クリックポストでの発送となります。 鉄道4社それぞれ約1,000円相当の1日乗車券、往復乗車券が台紙に納められています。 2022年8月31日まで、乗車券をご利用いただくことができます。 ーーーーー乗車可能な区間についてーーーーー 熊本電鉄(鉄道線): 全線を1日乗り放題 くま川鉄道:肥後西村から湯前までの区間について、1日乗り放題 肥薩おれんじ鉄道:八代から佐敷までの区間について乗車可能(下車前途無効) 南阿蘇鉄道:中松から高森までの区間について、1日乗り放題 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 台紙サイズ:約 縦15cm × 横21cm
      6,000円
      BRIDGE KUMAMOTO
    • 商品の画像

      ブルーシードバッグ

      サイズ:高さ約30cm 幅約33cm 奥行き約15cm 素材(表):被災地域などで使われた廃棄予定のブルーシート 素材(裏地・持ち手):綿
      4,400円
      BRIDGE KUMAMOTO
    • もっとみる

    最近の記事

    「社会課題にクリエイティブの力で挑む」団体にインターンに来たらデザインのイメージが変わった話

    デザインとは デザインとは、人間が関わったもの、ことすべてに当てはまります。  解決したい課題を見つけ、対象は誰(何)なのか、資源や予算はどれだけあるのか、それを作ることによって生活にどのように役立てることができるのか、などさまざまな視点から考える必要があります。  また、デザインといっても製品化するもの以外にも、イベント運営など、誰にどのように楽しんで欲しいのかなどといった空間を作り上げることもデザインと言われます。  そして、デザインをするときに大切なのは言語化することで

    スキ
    13
      • 熊本城瓦御守 presents 能動的未来奪取戦略。のその後〜ご祈祷行ってきた編〜

        8月28日(土)に実施した「熊本城瓦御守 presents 能動的未来奪取戦略。」 ■熊本城瓦御守 presents 能動的未来奪取戦略。 ◯ 2021/08/28 (土)19:00 - 20:30 ◯ ゲスト:松本杏奈(Anna Matsumoto)さん ◯ イベントページ:https://bridge-omamori2021.peatix.com/ イベントが終了してからも、実は、ひっそりとイベントに関する活動は続いていたのです。 みなさんから願いや祈りを預かりま

        スキ
        2
        • 熊本城瓦御守 presents 能動的未来奪取戦略。のその後〜ご寄付をお渡ししました編〜

          8月28日(土)に実施した「熊本城瓦御守 presents 能動的未来奪取戦略。」 ■熊本城瓦御守 presents 能動的未来奪取戦略。 ◯ 2021/08/28 (土)19:00 - 20:30 ◯ ゲスト:松本杏奈(Anna Matsumoto)さん ◯ イベントページ:https://bridge-omamori2021.peatix.com/ イベントでお預かりした寄付金をお渡ししてまいりました。 イベントを実施したのは、熊本城瓦御守への思いがけない反応から

          スキ
          2
          • 静岡大雨被害 災害ボランティアのための寄付

            【2021年7月3日の集中豪雨により、被害を受けられました皆様に心よりお見舞いを申し上げます】 すでに熊本・全国から災害ボランティア団体が現地(熱海市・富士市・沼津市など)入りして、情報収集をされています。 今は行方不明者の捜索、安全の確保が最優先です。 その後で、本格化する復旧作業に従事する災害ボランティアの皆さまの後方支援のお手伝いをいたします。 2016年の熊本地震、2020年の豪雨災害を通して、私たちBRIDGE KUMAMOTOはいろんな災害支援団体にお世話にな

            スキ
            3

            認知症フレンドリーって?園芸用品の商社が当事者とつくるやさしいバッグ

            こんにちは! 熊本の一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOです! 熊本地震を機に設立した私たちは「社会課題をクリエイティブの力で解決する」を掲げて、災害ゴミとなった廃棄ブルーシートをバッグにし、収益の一部を被災地域に寄付する「ブルーシードバッグ」というプロダクトを作ったり、企業からお預かりした寄付金を現地のニーズと、企業さんへのPR効果に合わせコーディネートを行ったり、さまざまな事業を行っています。 最近、さまざまな企業や団体の方から「社会課題に関する商品やサービスを

            スキ
            9

            令和2年7月豪雨から1年。あの時、本当は言ってほしかったこと。

            熊本地震をきっかけに、複数回の災害ボランティアだけ関わりが、いつのまにか「熊本」という場所が私自身のサードプレイスのような感覚になっていき、ご縁が重なって一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOの理事になった田中美咲です。 自然災害・防災・気候変動を学び、活動しはじめてあっという間に10年が経ちました。国内外色々な災害現場に伺い、目にし、耳にしてきたけれど、それでもこんなにも「わからない」という言葉を使った災害はなく、「奇跡だ」と感じた回数も、想像の域を超えていました。

            スキ
            18

            「熊本城瓦御守」のルーツをたどる。〜あらうひと、つくるひと、手に取るひと〜

            地震で被災し、破損した熊本城の瓦を封入し、ブルーシートで包んだ「熊本城瓦御守」。 二度と落ちない「後来不落」という言葉に身近な方の合格祈願や目標達成の心願成就、熊本の復興など、それぞれの願いをこめて手にとっていただくアイテムとなり、半年で4,000個、ご購入いただいています。 このお守りの製作にあたっては、様々なひとが関わってくれています。 あらうひと廃棄予定のブルーシートの回収から、熊本城瓦御守の製作がはじまります。 ブルーシードバッグを企画・発売しはじめた当初は、熊

            スキ
            8

            防災のはじまりにあるものは、「忘れないこと」だと思う。

            2016年、2度の震度7を観測した熊本地震。 公務員の方々、警察官や自衛隊、飲食店と、多くの方が自分の仕事を通じて、この町のひとびとの生活と、復旧に向けて貢献しているなかで、クリエイティブは何が出来るのだろう。 自分が好きなデザインという仕事が、何も役に立たないのはかなしい。クリエイティブの力を信じたくて、立ち上がった団体が、私たち 一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO です。 どんな災害がおきたって、創造力は奪えない。熊本の自然、産業を、クリエイティブの力で呼び戻

            スキ
            14

            二度と落ちない後来不落の「熊本城瓦御守」が生まれるまで。

            熊本地震を機に生まれた私たち BRIDGE KUMAMOTOの代名詞ともなっている「BLUE SEED BAG®(ブルーシードバッグ)」。 家屋などを守るために使用されたブルーシートを再利用したバッグです。 廃棄予定のものに付加価値をつけるアップサイクルの手法に加えて、「縫製は被災した工場にお願いしたこと」「売上の一部が被災地域へ寄付として還元されること」といった仕組みが評価され、2017年にグッドデザイン賞BEST100、復興デザイン分野の特別賞に選出いただきました。

            スキ
            6

            九州で一番盛り上がる合同展示会「thought」のフードコーナーをディレクションした話

            合同展示会 thought。衣食住のあらゆる分野において、主に九州内で活動するブランドやクリエイターが中心となっておこなう合同展示会、『thought=考えること』をテーマに様々なジャンルが融合した新たな発信と新しいコミュニケーションの場としてどなたでもご来場いただけるマーケットを開催されています。 今回で9回目の開催となるthought。昨年はやむなく開催を見送られましたが、2年ぶりについに開催となります。 そんな待ちに待ったthought / MARKETのフードコー

            スキ
            2

            熊本県山江村のおいしい栗が困っているひとのスーツになった話

            熊本県は山江村。1977年に皇室献上栗に選ばれて以来、栗の名産地として「栗まんじゅう」「柚子まろん」「びっ栗団子」「栗もなか」など栗を使った様々なスイーツもあります。  そんな山江村の栗を使った「栗ごはんの素」を販売しているのは、イシイのミートボールでおなじみ石井食品さん。 Photo: Yoshiko Otsuka 「イシイの本気は裏に出る」と、素材にこだわり、無添加調理にも取り組み続けて20年以上になる食品メーカーです。 2012年より、東日本大震災で被災された方

            スキ
            14

            祝成人!晴れ姿をBRIDGE KUMAMOTOが写真に収めます! #晴れフォト

            新成人のみなさま、ご成人おめでとうございます。 心よりお祝い申し上げます。 BRIDGE KUMAMOTOでは、成人の日である1月11日(月)に三益式・花キューピット 熊本支部・サクラマチクマモトと協力し、みなさまの晴れ姿をプロのカメラマンが撮影し、写真を無償で提供するプロジェクト #晴れフォト を実施することにしました! ■撮影日 2021年1月11日(月)10:00〜15:00 ■撮影場所 サクラマチクマモト ■対象者 新成人100組(1組につき5名まで) ■参

            スキ
            7

            【くま川鉄道 ✕ BRIDGE KUMAMOTO】田園シンフォニーをもう一度

            令和2年7月豪雨で被災したくま川鉄道。 今回、BRIDGE KUMAMOTOとくま川鉄道がコラボしたアイテム 田園シンフォニーをもう一度 DEN-EN SYMFONY ONCE AGAIN をリリースしました。 ◯予約販売:2020/12/29(火)15:00〜 ◯発送開始:2021/2/1(月)予定 人吉・球磨地方の高校生を支えるくま川鉄道を襲った豪雨令和2年7月、九州の広い範囲を襲った豪雨災害。 特にくま川鉄道の走る人吉・球磨地方では、球磨川やその支流で氾濫が

            スキ
            8

            創造力は、奪えない。 マガジンはじめました

            はじめまして!BRIDGE KUMAMOTOです。 2016年、熊本地震をきっかけに設立された団体で、「クリエイティブの力で社会課題に挑む」「寄付するクリエイティブ・エージェンシー」をミッションとして、メンバーのそれぞれが本業を持ちながら、プロボノとして参加しています。 社会課題とクリエイターの架け橋に 熊本地震の発災時、公務員や医療機関など多くのみなさんが仕事を通して、復旧に向けた活動をするなか「クリエイターとしてできることはなにか」という問いとともに生まれた団体です。

            スキ
            6