ぶれるめん
【ショートストーリー】イラスト+BGMに、2人の作家がそれぞれ異なる物語を書く!? 2⃣ホラー
見出し画像

【ショートストーリー】イラスト+BGMに、2人の作家がそれぞれ異なる物語を書く!? 2⃣ホラー

ぶれるめん

前回に続き、【イラストに物語つけてみた!】(第一弾)
今回は『ホラー』がテーマの動画に、
【りょん】
【2号】

の2名が物語をつけた作品。

前回同様、使用されているイラストとBGMは同じですが、
書き手によってまったく異なるお話になっています!!

ぜひ二つの作品を見比べてください。

それでは、まずは一作目
【りょん】による「最高の‟赤”」です。

最高の‟赤”


【画像①】

私、白石朱里(あかり)。おしゃれと絵の好きな、ごく普通の女子高生だ
ある日、私たちのクラスに転校生がやってきた


【画像②】

それは、中2の時、お父さんの仕事の都合で引越していった高梨くんだった
高梨くんとは同じ絵画教室に通ってて、絵を見せ合ったりして仲良くしてた
私は、彼の悪戯っぽい笑顔が大好きだった
だけど、高2で再会した高梨くんは、私のことなんかまるで覚えてないみたい
クラスの誰も寄せ付けない感じがして、
「ねえ、朱里だよ。覚えてないの?」
そんな声もかけられずにいた


【画像③】

「なんか前の学校で問題起こしたんだって。朱里も近づかないほうがいいよ」
親友の美穂ちゃんは言う
……違う、彼はそんな人じゃない
高梨くん、何があったの?前みたいに笑ってよ
「隣のクラスの朝宮さんと親しいみたい」そんな噂を耳にした
朝宮さんって……たしか、図書委員の?


【画像④】

やっぱり、高梨くんとちゃんと話がしたい
前みたいに、一緒に絵の話しようよ
私は、高梨くんを探した


【画像⑤】

あ!
図書館の裏手で高梨くんと朝宮さんを見つけた
親密に見つめ合う二人
誰も入っていけない、そんな空気を感じた
私が知ってるあの頃の高梨くんじゃないんだ、もういい


【画像⑥】

そのまま、高梨くんとは話もしないまま、数日が過ぎた
彼が来る前の、ごく普通の日常に戻っていた
そんなある日・・・


【画像⑦】

放課後、人気のない教室から出てくる高梨くんを見かけた
声をかけるか迷っていたら
ドサッ(SE)
え!?何、今の音?
「ギヤアアアアア」
外から悲鳴が聞こえた


【画像⑧】

高梨くん、何笑ってるの?
さっき朝宮さんと一緒にいたよね
「僕のキャンバスに必要な赤、ずっと探してた。
だけど、やっぱりあの子も違ってた」
「高梨くん……?」
「僕が欲しいのは……最高の」

【画像⑨】

おわり


続いて二作目
【2号】による「私だけを、見て」

私だけを、見て


【画像①】

タイトル「私だけを、見て」


【画像②】

青春はあっという間
瞬きしている暇はない

私が好きな春斗くん
あの日、私に優しく手を振ってくれたよね
あなたの瞳の中に私が映っていた 
嬉しかった

好きになってもらえなくてもいいの
私はこうしてあなたのこと
見守っていられれば、それでいいの

でも、もし一度だけ願いが叶うなら
私のこと、私だけのこと 
見て欲しい


【画像③】

「もう、すぐそうやって恋するのやめなって」
「だって青春はあっという間なんだよ」
「だからって、リリカがやってること許されないことだよ」
「どうしてよ」
「リリカだって、もう十分わかってるでしょ」
「何のこと?」
「リリカのこと理解してあげられるのは私だけだってこと」
「いつもそうやって、ミコは私が恋するのを邪魔する!」
「それはリリカが一番分かってるはずだよ」


【画像④】

ミコはいつだって私に厳しい
現実を突きつけてくる
  
ミコ、私だって分かってるよ
この恋が
叶わないってこと
  
この恋を
しては、いけないってこと


【画像⑤】

春斗くんにはあの子がいる
春斗くんの目にはあの子しか映っていない
春斗くんの目には私は映っていない
   
   白黒
 
分かってる 
もう十分、分かってるつもりだけど
でも、でも……


【画像⑥】

ただ、ずっと後ろから見守ってるだけじゃ

嫌なの! (ドサっ)


【画像⑦】

ねえ、あの時誰に手を振っていたの? 
私じゃなかったのかな?
 
ねえ、今も誰に手を振っているの?
私、ここにいるよ
  
ねえ、私こっちにいるよ
ねえ、見てよ

春斗君!

「え? 誰か俺のこと呼んだ?」


【画像⑧】

やっと見てくれたね
よく目を見せてくれる? 

こんなに近くにいるのに、どうしてあなたの目には
私が映らないの?


【画像⑨】
だったら、ずーっと見えなくしてあげる

【終】


次回は『ファンタジー』です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「帽子はどうした」
ぶれるめん
映画、舞台、小説、ゲーム、アニメなど 各業界で活動する作家・脚本家で構成されたチーム【ぶれるめん】です。 チームライティングならではの企画や作品を生み出していきたいと思っています。 応援よろしくお願いします!