くっきー🍪本を売らない本屋さん

本を売らない本屋さん/『読書の方法』(きずな出版)/朗読舞踏家/姿勢とウォーキングの先生/AI アーティスト/人生を変えた3冊インタビュー

くっきー🍪本を売らない本屋さん

本を売らない本屋さん/『読書の方法』(きずな出版)/朗読舞踏家/姿勢とウォーキングの先生/AI アーティスト/人生を変えた3冊インタビュー

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    🎤人生を変えた3冊インタビュー【1〜2月スケジュール】

    【本を売らない本屋さん札幌ログハウス(2023年秋OPEN予定)】に置きたいのが、 人生を変えた本10000冊!! というわけで、 実際に誰かの人生を変えた本を、本好き(本嫌いでもいいけど!)さんにインタビューしていきます。 【人生を変えた3冊インタビュー】1冊だけ聴いていると、「本」が主役という感じ。 3冊分の人生のビフォーアフターをお聴きすると、主役は「あなた」 あなたの人生と、あなたの人生を変えた3冊をおしえてください!! (好きな本とはちょっと違う選書になる

      • 本屋大賞2023勝手に審査員『汝、星のごとく』

        【本屋大賞2023勝手に審査員】続報♪ 本屋大賞ノミネート本を読んで、好みでランキングしちゃいます(作品の良し悪しじゃなく、僕の好みかどうかです) 『汝、星のごとく』読了! いやあ良かった〜 『光のとこにいてね』がとってもよかったので、そのまま、くっきー🍪的本屋大賞かと思っていたら、、、 すぐもっと好きなのきちゃった汗 星10個で僕の好き度を勝手につけます。そして、文学性とエンタメ度がどれくらいかを星の色で見える化します。 『汝、星のごとく』凪良ゆう ★★★★★★

        • 本屋大賞2023勝手に審査員『光のとこにいてね』

          『光のとこにいてね』読了! これ、むちゃよかったね。 本屋大賞ノミネート本ぜんぶ読むシリーズ、次は『汝、星のごとく』いきます! 勝手にランキングつけようと思うけど、どんな基準にしようかな。独断と偏見で星の数(最高で星10個かな)をつけて、「文学性」と「エンタメ度」くらいで決めちゃおうかな。 だとしたら、 『光のとこにいてね』つけるのムズイなあ。「もう星10でいいんじゃね」という気持ちなんだけど、もっといいのが出てくるかもしれないからなあ、、、 『光のとこにいてね』一

          • 【ディスカッションか、ダイアログか】学びのデザイン×ファシリテーター道❸

            「A」と「B」2つのアイデアで参加者の意見がわかれたときどうする。 ありがちなのは、 お互い納得できないところを削って削って、互いに納得できるほんのちょっとの部分で妥協する。すべての参加者が納得できることだけだから、誰も反対はしない。でも、まったく面白くない。面白いアイデアは、お互いの削られたところにある。しかし、「A」の面白いアイデアは「B」が納得いかないし、「B」の面白いアイデアは「A」が納得いかない。 誰もが納得いくアイデアだから、誰も反対はしないけど、面白いとこ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 学びのデザイン
            くっきー🍪本を売らない本屋さん
          • 📚人生を変えた3冊の本棚📚
            くっきー🍪本を売らない本屋さん
          • 🎤人生を変えた3冊インタビュー
            くっきー🍪本を売らない本屋さん
          • 心もからだも軽くなる「姿勢」の教室
            くっきー🍪本を売らない本屋さん
          • 一瞬で生きることが楽しくなる考え方【全10回】
            くっきー🍪本を売らない本屋さん
          • 「読書業界」という妄想
            くっきー🍪本を売らない本屋さん

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【「スピリチュアルなし」が「スピリチュアルあり寄りのあり」になる本】人生を変えた『生きがいの創造』

            あなたは『生きがいの創造』という本を知っていますか? あなたは「人は生まれ変わる」説を信じますか? それとも、採用しますか? 信じる。 採用する。 「信じる」かどうかの話になると、信じられないものは、どう言われようと信じることはできない。科学的に証明されているようなことでも、10年後にはひっくり返っている可能性が大です(飛行機がない時代には科学者が飛行機は不可能と当時の科学で証明してた!)。 科学的に正しいことも「信じる」ことが難しいのだから、今のところ科学で証明でき

            【「時間がなくてできない」が「時間があるからやってみる」になる本】人生を変えた『人生が輝く!主婦のための手帳術』

            あなたは『人生が輝く!主婦のための手帳術』という本を知っていますか? 本が光っていた。 そう。この本との出会いでむちゃくちゃ人生が変わったエピソードも素敵なのですが、印象的なのがこの本との出会い。 古本屋さんに入ったところ、本棚のこの本だけが光って見えた。 導かれるようにその本を手にとり、そして人生激変。ドラマチックです。劇的ですよね。残念ながら僕には本が光って見えたことはありません。体験してみたい。 本は光らないけど、自分にあう本あわない本は本を開く前から直感的に

            *「書くぞー」メンバー用【90日間引き寄せ倶楽部】

            Akkoみなちゅうみかまるはるさんゆんしずりんじゅんじゅんしょうこちゃんのじまる

            【「死、考えたくない」が「死も人生のワンシーン」になる本】人生を変えた『死ぬ瞬間〜死とその過程について』

            あなたは『死ぬ瞬間〜死とその過程について』という本を知っていますか? 3ヶ月前に母を亡くしました。 1ヶ月ほど高熱やいろいろな不調に見舞われ、1週間入院したかと思うとあっという間に亡くなりました。いろいろ説明はあったけど、結局のところ原因不明だと理解しています。 悲しみに打ちひしがれたり、後悔したり、怒りがでたりするかと思っていたのですが、どうだろう。 後悔なく、感謝でお別れできたつもりではいます(今は感情が麻痺してるだけで、これから哀しみに襲われるかもしれないけど)

            【「あなたも私も幸せじゃない」が「私は幸せ!」になる本】人生を変えた『嫌われる勇気』

            あなたは『嫌われる勇気』という本を知っていますか? まだあまり知られていなかったアドラー心理学を日本で一躍有名にしたのは、間違いなくこの本でしょう。 青年と哲人の対話で成り立つストーリー。 2人の奥深い対話を期待するかもしれませんがそうはいきません(もちろん奥深い対話満載ですが)。やっかいな青年なんです。要所要所でブチ切れます。それもかなりのブチ切れ度合いです。「この人大丈夫?」と読んでて心配にすらなります。まあ、それもこの本の魅力のひとつでしょう(笑) 生きることが

            【「読書会、困った……」が「読書会サイコー!」になる本】人生を変えた『スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?』

            あなたは『スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?』という本を知っていますか? 「人生を変えた3冊」をインタビューしていると、人生の変化におもしろい関わり方をしている本があります。それが、これ!! よくよく聞いていくと、内容はまったく覚えていない。 まあ、僕は読んだ本の内容、ほぼほぼ覚えてないので、あるあるです。でも、人生を変えた本なのに覚えてないってちょっと不思議な感じがしたので、さらに聞いてみたところ、 読書会にもっていったの

            【「親子断絶」が「親子親密」になる本】人生を変えた『ユダヤ人大富豪の教え3』

            あなたは、『ユダヤ人大富豪の教え3』という本を知っていますか? 僕が、生涯で1冊しか本をおすすめしちゃいけないと言われたら、間違いなくこの本をおすすめします。不動のおすすめ本1位です(「おすすめ」じゃなく「好き」であれば大河ファンタジー小説『グイン・サーガ』かな) 人間関係には力学がはたらき、 常にバランスをとっている。 一方が「ポジティブ」になると、 もう一方が「ネガティブ」になる。 一方が「自立」になると、 もう一方が「依存」になる。 主人公ケンが、人間関係の達

            【「どん底ネガティブ」が「超ポジティブ」になる本】人生を変えた『運命を拓く』

            あなたは、『運命を拓く』という本を知っていますか? 実は、この本のタイトルは知らなかったのですが、著者である「中村天風」という名前はよく聞いていました。著名な経営者さんたちが読んでいるらしい。あまりにも何回も目にするもんだから、とりあえずどれか1冊と思い購入したのが『運命を拓く』でした。 購入したことで安心し、とりあえず積読(笑) しばらく積読山脈の一角で熟成させ、あらためて本を開き、中村天風さんが何者なのかの解説を読みはじめる。そうとうすごい経歴。戦争中は軍事探偵(何

            【「仕事できない」が「仕事できる!」になる本】人生を変えた『考える技術・書く技術』

            あなたは、『考える技術・書く技術』というビジネス書を知っていますか? 副題にある「ピラミッド原則」が何かが気になるところですが(読んでいないのでわかりません)仕事ができるようになる本です。 そもそも仕事ができるとは、どういうことでしょう。 たとえば、話していても要領を得ず、何を言いたいかわからず、本人も頭の中がとっ散らかっていたら、きっと仕事ができるとは言われません。 仕事ができる人は、何について話しているか、何のために話しているかが明確で、必要な情報を筋道たててプレ

            寝坊を引き寄せた!?汗(引き寄せは正確に〜)

            毎朝6:20からクラブハウスで開いている【本を売らない本屋さん☀️本好きの朝礼】部屋、 はじめて寝坊しました汗。 引き寄せの法則に、「場面ごとの意図確認」というコンセプトがあります。 どんな1日にしたいのか、 どんな通勤時間にしたいのか、 どんなランチタイムにしたいのか、 どんな仕事時間にしたいのか、 どんな休憩時間にしたいのか、 どんな読書時間にしたいのか、 そして、 どんな睡眠時間にしたいのか、 なんとなくその時間に突入するのではなく、「どんな時間にするのか意

            【「仏像つまらない」が「仏像オモシロイ!」になる本】人生を変えた『見仏記』

            あなたは、『見仏記』という仏像エッセイを知っていますか? 「見物」ではなく「見仏」 文字どおり「仏(つまり仏像)」を奈良、京都に見にいった記録、見仏記(けんぶつき)です。 仏像、、、 見るの楽しい? 小学校が神戸だったので(小3~5は千葉県松戸市でした)遠足で奈良にいったのは間違いない。鹿が記憶に残ってる。ただ、鹿以外は、仏像も、お寺も、神社も、何ひとつ記憶に残っていません(そもそも、あまり子どものころの記憶がありません。汗) みうらじゅんさんは子どものころから仏像が

            【「本が好き」が「本が大大大好き」になる本】人生を変えた『グイン・サーガ』

            あなたは、『グイン・サーガ』という大河小説を知っていますか? 栗本薫による150冊超え大長編小説です。 豹頭の超戦士グインと魅力的すぎる登場人物多数の異世界三国志。 100巻完結を目指す! 100巻のタイトルは『豹頭王の花嫁』だ! 暴挙。誰もが無謀な挑戦だと思ったのですが、、、 100巻にたどりついてもぜんぜんおわりませんでした(笑) 読みやすいラノベ(ライトノベル)の異世界ものがお好きな方にはもしかしたら濃厚すぎるかもしれません。栗本薫さん、かなりダークでエグいこと