Blancolic

ベルリン在住。イラスト、デザイン、写真、映像、いろいろ、ほわほわ ぺこぺこ ぽこぽこ ぷくぷく もじゃもじゃ http://blancolic.com/

Blancolic

ベルリン在住。イラスト、デザイン、写真、映像、いろいろ、ほわほわ ぺこぺこ ぽこぽこ ぷくぷく もじゃもじゃ http://blancolic.com/

    マガジン

    • Aus Berlin

      ベルリン生活のアレやコレや、とりとめもなく、、たぶん写真が多いかな。

    • 図画工作室

      今んとこ、モゲモゲ以外はココ past - current works

    • モゲモゲモゲラ

      以前web絵本サイトで連載していたモゲモゲ三兄弟の物語の続き。10年経って成長した(たぶん)彼ら、さてどうしましょうか

    最近の記事

    No Racism ! 差別をなくせ!... るのか?

    私は現在ドイツのベルリンで生活をして、常に外国人としてこの国で生きている。そして日本に帰る時には外国人の夫を連れて帰国する身だ。 朝日新聞Globe+ の記事『温泉拒否、「外国人専用」…根深い日本人の差別意識 「つり目」されてもトンチンカン』 https://globe.asahi.com/article/14397420?fbclid=IwAR319cljcr1PDUZ38TvwbuL7xzcjvG2HO_8Qa2iB42uivz8RwAOjfEDVbm0 上の記事に書

      • 厚い雲と霧の日

        買い物はわざわざ散歩がてらの遠回り。都会暮らしは気楽に緑の多い場所に出かけられない。ちゃんと目的を持ったお出かけか、用事で出るか、買い物で歩数を稼ぐしかないのだ。という事が、コロナ禍の生活でつくづくわかった。 今年は普段の半分くらいしか歩いていない。コロナで出かける用事が半減しているせいだけど、在宅組の私はさらに閉じ籠ってる訳だから仕方ないというか、、、、。普段から籠るのは好きだし、数日外出しないことも今まで(コロナ以前)は気にもならなかった。ただ、この生活が長く続くと、緊

        • 小人さんの絵のクリスマスカードを買うか迷って買わずに帰って来た帰り道、ご自由にどうぞのリサイクル絵本でアストリッド リンドグレーンの小人本ゲット! コレは、#引き寄せの術 というのだろうか?

          • 2020年のハロウィン@ベルリン🎃

            コビトさん19号第2波中のベルリンです。ハロウィン満月の今日。やっぱり秋になってもコビトさん19号に右往左往させられている私たち。 コスプレ好きでも無い兄弟は、ただ甘いモノが欲しい花より団子派なんだけど、街に繰り出せないのは、やっぱり寂しいみたい。 うちの近所だけなのかわからないけど、旧東ベルリン地区の街のど真ん中に住んでいる都会っ子にとっては、近所のレストランやカフェ、アイス屋さんに小売店などハロウィンに巡るだけでここに書き切れないほど色々な”美味しいもの”がもらえるの

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Aus Berlin
            Blancolic
          • 図画工作室
            Blancolic
          • モゲモゲモゲラ
            Blancolic

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ベルリンの街の真ん中で、なんと大胆な引っ越し作業!

            ベルリンの中心地にある住宅街、ここ、Pベルクからお伝えしております。 只今、ご近所で引っ越し作業が行われているのですが、まー大胆な作業プリに、ハラハラドキドキ。 3階(日本では4階)のベランダから、屈強な男性が「引っ越しエレベーター」の上に高々と荷物を積み上げているのですが、落下防止策一切なし(爆)。真ん中から外側へバランスをとりながら乗せていくテクはお見事と言うしかない程、軽快、、、なんですが、心配です。 ところで、荷物が積まれている板なんですが、ありあわせの板を乗せて

            日本でも、もっと街路樹植えたらいいのに。暑い日は日陰作ってくれてチョイ涼しい、空気も綺麗にしてくれて、ふっと緑の匂いで四季も感じれて、癒されて、樹があるだけでちょっと街の風景が変わる。台風での倒木が怖いんか?管理も大変ってことだろうけど、そんな世知辛い事言わんでほしいわ。

            言葉、、、

            (2016年ごろに書いたお蔵入り雑記#熟成記事) 海外で生活していると年に数回、「言葉って大事だよな。」 「ちゃんと語学やらないとだよな。」と猛烈に落ち込むタイミングがやってくる。そこで「よいしょ!」と一念発起始められた人は素晴らしい。 すでに何度かそのような波が私の方にも押し寄せてきているのだけど、ドイツ語に関して言うと、ん〜なんか ダメ。そもそもドイツにドイツ語やらないで来ている時点で「お前は向こう見ずのアホゥだ」という意見もあるのは重々承知している。 海外生活ー言葉

            日本がcovid-19襲来以前からすでにしていた感染症対策覚書(202.05.20-

            気づけば、かれこれ14年も海外(ドイツ、ベルリン)に住んでいることになる。今までも日本との生活習慣の違いを如実に感じる瞬間が度々あったのだが、2020年の春、この新型コロナウイルスによる感染症が世界で蔓延している中、日本の生活習慣やすでに生活の中に馴染んでいる衛生管理(感染症対策になっていた!)が沢山ある事に改めて気付かされたので驚いている。 これは過去の歴史や、私たちの子孫が経験した感染症から学びそして生活習慣になっていったのか、はわからないこともあるが興味深い。覚書とし

            +9

            2020年 コロナ禍の5月の午後の昼下がり

            +15

            見たことある?ベルリン市議会議員選挙のプロパガンダポスター(解説は割愛w)

            +4

            LINDEN (菩提樹) の季節

            簡単なのに美味しい手作りピザ!

            +12

            投票いきましょ!在外選挙に行ってきたぞ。

            +5

            湖水浴 @ Weißen see

            I luv it !