マガジンのカバー画像

『Beep21』メガドライブミニ2臨時増刊号

55
伝説のゲーム誌『Beep』が2021年に21世紀仕様になって帰ってきた! 『Beep21』は他では読めない独自取材記事と当時の関係者による初公開秘話ばかり。 このメガドライブミニ… もっと読む
最終収録予定記事数は実に50本以上!総文字量は40万文字超(※新書3冊分以上)の大ボリューム! A… もっと詳しく
¥1,480
運営しているクリエイター

記事一覧

【重要】2023年からの『Beep21』を読む前に

2021年12月末の創刊以来 4つのnoteマガジンでお届けしてきました 『Beep21』ですが、2023年か…

Beep21
1か月前
30

2023年から『Beep21』は毎週読めるサブスク版がスタートします!

①おかげさまで創刊号(パイロット版)から1周年!おかげさまで 2021年12月24日に新創刊した 『B…

Beep21
1か月前
39

『Beep21』「LUNAR ETERNAL BLUE」ライナー・ノート シナリオ担当・重馬 敬氏が語る思…

メガドライブミニ2の発売に合わせて 収録タイトルの秘話を振り返ってきた 『Beep21』メガドラ…

Beep21
1か月前
40

『Beep21』「いろいろたぶれ22」(竹本泉)・第7回

まさかまさか!! 竹本泉先生の漫画は3本立てになっちゃいましたっ!『Beep21』創刊当時から 連…

Beep21
2か月前
39

How to GET!Beep21~『Beep21』を読むための準備~

【これは便利!】『Beep21』がPayPayでも購入できるようになりました! みなさん、大変お待た…

Beep21
1年前
121

『Beep21』メガドライブミニ2臨時増刊号 目次 (もくじ) ~Published September 30, …

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

Beep21
5か月前
88

『Beep21』セガハード列伝特別編 ファイティングパッド6B誕生秘話

2019年9月19日に発売された 初代メガドライブミニに続き、 2022年10月27日に発売された メガドライブミニ2。 このどちらにも標準装備された コントローラはおなじみの 「ファイティングパッド6B」。 ※以下「6Bパッド」と略します。 1992年末に初めて発表された時は ボタンが3Bから6Bになっていたため、 「あの人気格闘ゲーム」が登場か? と大きな話題を呼びました。 翌1993年1月に発売された 6Bパッドは、同年4月23日に発売された メガドライブ2と合わ

『Beep21』当時の開発者が語るシリーズ メガドライブ2開発秘話 書き手 :…

2019年9月19日に発売された 初代メガドライブミニに続き、 2022年10月27日に発売された メガド…

Beep21
2か月前
65

メガドライブミニ2発売記念『Beep21』「LUNAR ETERNAL BLUE」ライナー・ノート シナ…

話題のハード メガドライブミニ2には メガCDの名作タイトルが収録され 多くのファンを歓喜さ…

Beep21
3か月前
47

『Beep21』・キャラクターデザイン窪岡俊之氏が語る「LUNAR ETERNAL BLUE」キャラクタ…

話題のハード メガドライブミニ2には メガCDの名作タイトルが収録されますが その中には、メ…

Beep21
3か月前
57

メガドライブミニ2収録作品「LUNAR ETERNAL BLUE」サウンド担当 岩垂徳行氏が語る 超…

10月27日に発売される メガドライブミニ2には メガCDを代表する大作RPGの 「LUNAR」シリーズ…

Beep21
4か月前
66

【全文無料公開中】『Beep21』特別寄稿 ありがとう小玉理恵子さん - フェニックスりえ…

歴代セガハードで数々の名作RPGを 生み出してきた小玉理恵子さん。 ゲーム制作者がまだ実名を…

Beep21
3か月前
130

BEEP!メガドライブとメガドライブFANが合体!メガドライブミニ総力特集号『BEEP!メガ…

あの伝説の2誌が再び合体して登場! メガドライブミニ2の発売に合わせ、『Beep21』メガドラ…

Beep21
3か月前
38

発掘!セガのDNA 塚本昌信・長谷川亮一インタビュー 「セガ・ローカライズの夜明け」 鶴見六百 with 堀井直樹 / 奥成洋輔

 ゲーム業界で活躍している「セガ出身者」に当時の話を聞くことで、誰もが心を惹かれてやまない「セガらしさ」の根源に迫る本企画、「発掘!セガのDNA」。  今回は、「メガドライブミニ2臨時増刊号」ということで、メガドライブミニ2に収録されている『ナイトトラップ』や『エコー・ザ・ドルフィンCD』などのローカライズを担当した塚本昌信氏と長谷川亮一氏のお二人を発掘対象として、色々と掘り起こしていきます。  当時海外では、絶好調だったGenesisに向けて、次々と良作が生まれていました