見出し画像

【AFOPRO】 プレーモデル分析 エウゼビオのASローマ

〈イントロダクション〉


エウゼビオの最初のローマでのシーズンは、チャンピオンズリーグで準決勝へと進出し、セリエAでトップ3に入りました。

エウゼビオのチームはもっぱらほぼ1-4-3-3システムでプレーし、これが彼によれば理想的なシステムとなります。ときおり、FCバルセロナ戦での素晴らしい勝利のように、相手と戦うために1-3-4-1-2 システムを配備。しかし通常は、4人の守備ラインを用いています。非常に攻撃的な両SB、3人の中盤のライン、そしてFWの両側にいわゆるタンカーのようなWGを配備していました。

今作品を通じて日本の指導者の皆様へ、エウゼビオのプレーのアイデア、モデル、スタイルを紹介していきます。

皆様ご自身のフットボールの知識の向上や再確認また、ご自身のチームのプレーモデルを作成する上で手助けなることを願っています。

それではお楽しみ下さい!


この続きをみるには

この続き: 3,866文字 / 画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
実際の試合画像を利用した図解・分析によりトップレベルのチームのプレーを学べます。

35作品の詰まったお得なプレーモデル集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします。皆様からいただいたサポートはクリエイターの活動費の一部とさせていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです
1
スペイン発のオンライン・コーチングスクールAFOPROのスペイン人講師&スペイン在住の日本人指導者によるコンテンツを提供。※コンテンツ販売という商品の性質上、返金は受け付けておりませんので予めご了承下さい。また、当コンテンツの無断転載・複写は著作権の侵害の対象となり禁じております

こちらでもピックアップされています

【AFOPRO】 プレーモデル分析集
【AFOPRO】 プレーモデル分析集
  • 37本
  • ¥3,000

35作品の詰まったお得なプレーモデル集

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。