尾崎えり子

授業作家。 株式会社新閃力代表取締役社長。(株)市進ラボ社外取締役。奈良県生駒市教育指導課教育改革担当。 社長兼公務員として、子ども教育をさまざまな側面から「面白くする」ことがしたい。
    • 授業作家「未来メガネ」
      授業作家「未来メガネ」
      • 48本

      面白い授業の種になることをワクワクしながら書いていきたいと思います。

    •       Trist 風が吹けば桶屋が儲かる
      Trist 風が吹けば桶屋が儲かる
      • 3本

      Tristのメンバーが発信するnote

固定された記事

「俺をバカにしたやつを絶対見返してやる!」と泣いていた息子が、それは時間の無駄だと気づくまで。

ある日、学校から帰ってきた息子が唇を震わせていた。 小学2年になった息子は学校でのことをあまり家で話したがらないが、その日は様子が違ったので「何かあったの?」と聞…

ICTを活用した授業アイディアを100個出すチャレンジをしたら、79個目で不思議な世界を体験した話

通っていたお笑い養成所で放送作家の先生からこんなアドバイスをもらった。 「私たち放送作家は一つの番組の小さなコーナー企画にだいたい100以上の企画書を出します。なぜ…

【ツール編】生駒市の小中学校で2020年度に実施したICTを活用した授業

私が奈良県生駒市教育改革担当の職員になってから1年間で4つの中学校、4つの小学校で合計11個の授業&プロジェクトを実施しました。そのうちの9割でICTを活用しました。「…

【テーマ編】生駒市の小中学校で2020年度に実施したICTを活用した授業

■キャリア教育 オンラインでキャリア教育をする一番の価値は「世界中の人の話が聞けること」。多様な生き方、職業、価値観を知ってもらうためにはオンラインと抜群に相性…

オンラインでは得られないものは何か?-福島の帰宅困難地域で子どもたちが感じたこと‐

2021年3月11日。 息子と娘の通う小学校で東日本大震災の犠牲者に対して黙とうが行われた。 朝も夕方も、あの日の映像がニュースで流れ続けていた。 「Fukushima 50」が金…

Story#9プロ人材(複業・テレワーク)として生駒市職員になった私が1年間で面白いプロジェクトができた6つの理由

生駒市の職員採用ポスターがめちゃくちゃ素敵だった。 素敵すぎて「私もポスターになりたかった!」とずっと羨ましくて仕方なかった。 だから、求められてもいないし、誰…