くらげ

23歳女社会人6年目の脳内 毎日更新します 世知辛いが幸あれ

くらげ

23歳女社会人6年目の脳内 毎日更新します 世知辛いが幸あれ

最近の記事

  • 固定された記事

キャラ作り

私はコミュニティを分ける事で、自分を守っている。 もはや多重人格まである。 家族、同僚、同期、地元の友達、高校の友達、趣味の友達、恋人、親戚 それぞれのコミュニティ同士を繋げる事は絶対にしたくない。なんか、孤独になりそうだから。 分かるか?この、気持ち 仮に繋げて私がハブになってしまったら、悲しい。 純粋に、それ。 それぞれのコミュニティに見せる顔も違うから、 それぞれに その顔 を、見られたくない。 不器用な人間がそういうことをするとボロが出たりする。生きにく

    • リセット

      人生を辞めるというか、全てリセットして新しい事を始めたい。 親も、親戚も、友達も、職場の仲間も、全て無くして人生を1からやりたい。 そんなバカみたいなクソみたいな最低な有り得ない非現実で最悪な考えしか過らない。 そうしたら周りの目を気にせず好きな事に挑戦できる。 やってみたいこと、たくさんある。 だけど家族、親戚、友達、職場の仲間の目が気になって今の私は何も出来ない。 ならいっそのこと、 そう思ってしまう。 文字にするのは自由でしょ。 好きなことは吐き出させて

      • 運命の連鎖

        私は最近色んな意味でドキドキする事が多い。 あまりにも多い。 楽器なんて話題に1ミリもならなかった同僚が、実はコロナ禍にギターを始めていたことを知って、音楽・楽器が大好きな私はその事実に驚いて嬉しかったし、しかも買った店舗が私が今ドラム教室で通っているところらしい。これは奇跡だ。すごい。 うちの会社によく来る業者さん。 ずっと年上の兄ちゃんだと思っていて接していたけど、ふとした会話で私の会社の同期と高校の時の友人であることをしり、同い年だと知る。 ああ、そんなに世間は狭

        • 姿勢から見える人間性

          常に背筋を伸ばす。私には無理なことだった。 ちょっとタイトな服を着た時や、おめかしして綺麗な服装な時、スーツを着ている時や、改まった式典の時、誰かに見られている時、好きな人が目の前にいる時、気分が良い時。 そんな時くらいにしか私は背筋を伸ばせなかった。 逆に言えば、その時以外は姿勢が悪い。 それなのになぜは私は「姿勢がカッコいいね」と言われる事が多かった。 嫌味か?と思うくらい私は自分に自信のない姿勢であったが、いろんな方面で、ましてや思ったことを素直に言う家族にま

        • 固定された記事

        キャラ作り

          他人事

          ※タイトル写真は、ゲーセンで今年初めて取れたでっかいキットカットとじゃがりこです。嬉しくなって人がたくさん歩くショッピングモールの中で1人で撮りました。 というのも他人事だろう。 と思いながら私は今そのじゃがりことキットカットを爆食いしながら文字を打ち込んでいる。 (ちなみにことあと盛大な胃もたれ事件) 他人事だから、人の相談に乗った時に余裕でいられる。 他人事だから、同僚がしたミスを笑い話にできる。 そんな事が世の中にはありふれている気がする。 もちろん、 人の

          他人事

          記憶

          思い出のアルバム見て笑えるのはどうしてだろう。 あの時こんな顔をしてた、 あの時こんなにおちゃらけていた、 すごく不貞腐れた顔をしている、 つまらなそうな顔だ、 全てが新鮮に思えるし、その時を思い出したりする。 私は久々にアルバムを見ていた。 母と一緒に見ていた。 自分の幼い頃の写真を見ながら、我ながら可愛いななんて思ったりもした。 と同時に、私も子供が欲しいな、一緒に楽しい思い出作っていきたいな、なんて夢を見たりもした。 現に私が母と一緒に、私が母と一緒に写

          「良い事でもあったの?」が嫌い

          断言します。 「良い事でもあったの?」は、禁止にしてほしい。 自己肯定感の低い人なら共通して理解してくれる気がする。この言葉はあまりにも胸の奥深いところを傷つけるような言葉である。 今日は気分でメイクを少しだけ気合を入れて、 髪の毛も前髪を少し分けてみちゃったりなんかして、 イメチェンまではいかないが、軽い気分転換レベルの容姿の一捻りをして、出勤した。 その時にこう言われた。 「◯◯ちゃん(私)いつも綺麗だけど、今日はいつにも増して綺麗なお姉さんだねえ!何か良い事で

          「良い事でもあったの?」が嫌い

          成田山一人旅 後編

          さて、途中省略していた本題の占いについてだ。 前編でもチラッと話した通り、1人で占いに行くことは2回目だ。 わざわざ遠くから行くほど、信用している占いの先生。 私自身の分析に対して言われることはいつも大体同じだが、それは占いが一本筋が通っているという証拠でもある。 話しやすくて、芯があって私はわざわざ出向く。 仕事と恋愛を占ってもらった。 20分で4000円である。 自分の生年月日や、自分の職業、気になる人、元カレの生年月日を聞かれ、伝えると、何かと照らし合わせ

          成田山一人旅 後編

          成田山一人旅 中編

          まあそんなこんなでかくかくしかじかあり無事に成田駅まで辿り着いたわけです。 とりあえずお腹が空いた私は、食べ歩き狙い一心で成田山の本道目掛けてガン早歩きをした。(ガンダは使うがガン早歩きは新種) 勝手に名付けてしまったが、これはほんのり温かさの残る焼き立て煎餅だ。 成田山に来るといつも値段の安さ、食べやすさから買ってしまうが、これはきっと何か潜在意識が食べなくてはいけないと言っているんだと思う。 とりあえずは占いに向かう足も止まらない。 道中でもう1つ気になるものが

          成田山一人旅 中編

          成田山一人旅 前編

          先日、占いを目当てに成田山へ行きました。 1人で成田山の占いに行くのは2回目。 好きな人ができると大体行ってる気がする。 いつも同じ人に見てもらう。 朝からアクシデント続きだった。 早く起きて準備をして、よし家出るぞのタイミングで、携帯の充電器が壊れていて充電が35%しかなかった。 なくなく中身があるか無いか不明のモバイルバッテリーを持って充電しながら歩いて25分の最寄駅に着いた。 太陽はかんかん照り。 日傘を差してきたが少しだけ汗ばむ。 私は電車に乗った。

          成田山一人旅 前編

          精神科よりも占いへ

          私は占いに行く事にした。 恋愛で悩み、仕事で悩み、将来で悩み、生きる事に疲弊しているからだ。 実際なにか精神的な病気であると自分で感じているのだが、よく考えれば仮に精神病を患っていたとして病院に行っても、よく分からない不安を抑えるような薬をもらって終わるだけ。 それならば占いに行って不安を人に打ち明け、何かしらの指図をされた方が気が楽だ。 そういうわけで、そういうわけだ。おう。 人に何か未来を指示されないと今の私はダメになってしまいそうなのでね。

          精神科よりも占いへ

          包まれたい

          私は小さい頃包まれることに喜びを感じていた。 これはどう表現したら良いのか分からないが、とにかく包まれたかった。 上着を着たり、フードをついたものを着たり、背中にタオルをかけたり、リュックを背負ったり、リュックにキーホルダーをつけたり、何かを羽織ったり、後ろに誰かいて欲しかったり、そういう包まれ方をしたかった。特にそれらは "後ろ" である事に意味があった。 あの時の感覚を私は忘れていない。 だけどどうしてそうしたかったのかまでは、思い出せない。 大人になった今考えた

          包まれたい

          マシュマロ

          職場の近くに新しいマッサージ屋さんが出来ていた。 繁華街にあればいかがわしそうなPOPな看板だ。 でもここは田舎だし、 普通のマッサージなんだと思う。(多分) 店名が「マシュマロ」だった。 あぁ…なるほどね。 腑に落ちるネーミングであったが、なぜが私は通勤の車を走らせながら職場に着くまでの数分間、マシュマロで頭がいっぱいになった。 恐らく、体がふわふわになるポジティブな印象からそう名付けたのだとは思うが… 焼きマシュマロというものは存在するし、もしかしたら焼かれ

          マシュマロ

          体調不良の時の食欲

          あればあるほど良い。 私は体調悪くしだ時に、昔から食欲についてはそう言われていた。 今もその名残がある。 "体調を崩したら、食べなきゃ" ぶっちゃけ、薬よりも治る要因になるとまで思っている。それくらいに幼少期に植え付けられた常識が大人になった今でも頭に宿っているということだ。 それを教えてくれた母親が先日熱を出して寝込んでいた。 全く食べていなかった。 おい。 というか、無茶苦茶心配だった。 きっと、そう言うことかもしれないと思った。 え、どういうこと?

          体調不良の時の食欲

          生活音と機嫌

          生活音、イライラをぶつけるようにわざと大きく音を立てたり、ため息をすることは絶対にやめてほしい。 幼い頃からそういう環境で育っているので人の機嫌を伺い続ける自分軸のない大人になってしまった、助けてくれ。 早く実家を出て一人暮らしをしてみたい。 そう思う瞬間が生まれた今日だった。

          生活音と機嫌

          不貞腐れ

          心無い一言。 私は不貞腐れた。何日も引きずっている。 というか、引きずったふりをせずに普通にその心無い一言を言った相手に接している事をまず褒められるべきだ。まあ褒めなくても良いが、そういう事実がある。 嬉しいことよりも嫌なことの方が引きずる。 人間として生まれたらどうやらそれが当たり前なようだ。 だってさ、でもさ、でもね、 傷つくこともある。 忘れられないこともある。 思い出しては今日もイライラしてしまって、悪循環。 言葉や文章はその人を表すと思うが、貴方から

          不貞腐れ