虐殺器官(読書レポ)

0年代の最高傑作SFと聞き読んでみた「虐殺器官」(伊藤計劃著)。

読後感はなんともいえない寂しさと、空恐ろしさ。なんていうか、最初から最後までわたしには怖かった。内容も主人公は外人だし、近未来だし、戦争ものだし、最初から最後までキリキリとした緊迫感に満ちていた。普段息抜きに読んでるエンタメの小説とは全然ちがう。
でも不思議と文体に引き込まれ、頭と心の柔らかいところが麻痺していく。
ここで描かれていることが、フィクションであることを願った。これはもしかしたら、遠くない未来そのものなのかも。
そう思ったからこそ、怖かったのかなぁ。


今回の読書でいちばん胸に刺さった言葉が線をひいたところ。
自由の意味を、希望に満ちた自己都合ではなく、能力として、説いている文章はあまり見たことない。
ああ、そうだよな。自由は危険を回避するために人間が身につけた能力だ。きっと。

この小説は、生きることの罪と罰、自分との向き合い方、そういうのを考えさせてくれる最高傑作でした。

#読書レポ #読書 #SF #小説 #本紹介 #本好き #本感想

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
会社員&フリーランスの二足のわらじ。小学生二児の母。ただただ欲望のままがむしゃらに。いくつになっても子どもの頃の夢が忘れられず、ひっそり小説を書いています。読んでくれた方、ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。