見出し画像

佐藤文香『そんなことよりキスだった』(左右社)のためのプレイリスト16*Oasis「Slide Away」 #そんキス

『そんなことよりキスだった』、16話目は「ピアットにパクさん」。ピアットというお店のモデルは、わかる人にはわかる、私の元バイト先のカフェです。出てくる店員さんたちにもモデルがいます(もう誰もそのお店では働いていませんが)。そのなかに、私にOasisをおしえてくれた人がいます。ジョニーさんです。

ジョニーさんは店長がいないとき、カフェで流すことになっている音楽を自分のiPhoneに繋ぎ直し、勝手にOasisをかけていました。やる気が出ない開店前準備の時間、何度 Oasisに励まされたか。感じ入った私は『TIME FLIES... 1994-2009』を購入(しかもDVD付き)。

Oasisの曲には共通して、初めて聴いても懐かしいかんじがあるんですよね。苦しい気分が思い出されて、それが解放されるような。名曲しかない。

曲の話全然してませんが、なんであえて「Slide Away」にしたかというと。
ジョニーさんがキッチンから料理を出すカウンターに皿をスライドさせて、「Slide Away」と言ったことから。

次回は、cero「大停電の夜に」です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうござる
5
句集『海藻標本』『君に目があり見開かれ』、編著『俳句を遊べ!』『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』、掌編小説集『そんなことよりキスだった』ほか。音楽と飲食、散歩と生き物が好き。日本語ラヴァー。http://satoayaka.com/

こちらでもピックアップされています

そんなことよりキスだった
そんなことよりキスだった
  • 37本

12月刊行の書籍『そんなことよりキスだった』の4篇、お届けします。 笑える。切ない。少しヘン!?下心満載!言葉遊びを少々加えた恋愛小説30景!! メガネで天パー。前向きで目立ちたがりな佐藤さんは、恋しかしてこなかった。 パワフルにあったて砕け、幾重もの恋がめぐる。 1995年神戸からはじまる新しい恋愛のかたち。 さまざまなジャンルとのコラボレーションするなど現代俳句に新しい風を吹き込んできた 短詩界のエース佐藤文香の個性が爆発! ★装画は同じく1985年生まれの漫画家山本さほさんが担当しています★

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。