あせっとびるだーず note

昔から株式投資や資産運用にまつわる話が大好きで、今まで沢山の本を読んできました。中でも…

あせっとびるだーず note

昔から株式投資や資産運用にまつわる話が大好きで、今まで沢山の本を読んできました。中でも特に好きなのは、著名投資家ウォーレン・バフェットの話です。現在は会社を設立しこきゃくしゅぎて、法人投資家として、また金融機関に属していない完全顧客主義のお金のアドバイザーとして活動しています。

最近の記事

それって常識?、『投資』と『投機』って、本当に区別して考える必要あるの。

投資は良くて、投機はダメ?胡散臭い投資の話 ファイナンシャルプランナーなどのマネー相談や、雑誌やネット上のお金のコラムなどで、「投資は良いけど、投機はダメ」といった話をよく見かけます。 これらの話でよく出てくる投資では、S&P500のような株価指数に連動するインデックスファンドを、毎月積立(ドルコスト平均法)で買うような方法のことを指し。 投機には、FXや信用取引などで行われることも多い、デイトレードのような短期売買のことを指していることが多いと感じています。 投機は

    • 『資産運用』という言葉と、『投資』という言葉、一体何が違うのだろう?

      ファイナンシャルアドバイザーの使う『資産運用』と『投資』という言葉、一体何が違うんだろう?FPなどのファイナンシャルアドバイザーたちが使う『資産運用の相談』という言葉。 そんな『資産運用の相談』でよくみられるのが、投資信託を勧めるというものです。しかし投資信託の本質は、『投資』じゃないかと思うのです。 じゃあ、『資産運用』と『投資』で一体何が違うというのだろう。 「『資産運用』という言葉を使ったり、『投資』という言葉を使ったり、そこにはどういう意味があるんだろう?」 おそ

      • ファイナンシャルアドバイザーの価値と役割ってなんだろうと考える。

        投資の勉強は、本で十分。投資の勉強をしようと思うなら、本を読むことが一番だと思う。 私自身、ファイナンシャルアドバイザーからアドバイスをもらって投資を学んで来たのではなく、本を読むことで勉強してきました。 投資関連の本の中には、著名投資家たちが自身の経験や知見にもとづいて書いているものや、学術的な研究の結果として、投資を科学的及び理論的に解説している内容のものもあります。 ちょっと詳しいだけの投資のアドバイザーから話を聞くことよりも、そういった本から学べる内容の方が、ずっ

        • はじめまして、ファイナンシャルアドバイザーをしている「㈱あせっとびるだーず」です。

          ファイナンシャルアドバイザーとして活動中資産運用や家計の見直しなど、さまざまなお金の悩み解決のために、マネー相談や投資のマネー講座などを行っています。 日本FP協会のCFP資格及び、国家資格でもあるファイナンシャル・プランニング技能検定1級を保有しています。 ファイナンシャルアドバイザーとしては、同じ業種のファイナンシャルプランナーなどの中でも珍しい、生命保険や投資信託といった金融商品の販売や仲介などを行わない、完全に顧客主義の立場からのアドバイスを行っております。 完

        それって常識?、『投資』と『投機』って、本当に区別して考える必要あるの。