浅野良雄@〈対話法〉考案者・心理カウンセラー

大学で電子工学を専攻。大手電機会社の技術者、各種学校の講師等を経て心理カウンセラーに。合唱指揮者、第九合唱団事務局長、市民活動代表、研究誌の編集長などを歴任。1994年に〈対話法〉を考案。現在、対話法研究所(http://taiwahou.com/)所長。元・川柳作家。

浅野良雄@〈対話法〉考案者・心理カウンセラー

大学で電子工学を専攻。大手電機会社の技術者、各種学校の講師等を経て心理カウンセラーに。合唱指揮者、第九合唱団事務局長、市民活動代表、研究誌の編集長などを歴任。1994年に〈対話法〉を考案。現在、対話法研究所(http://taiwahou.com/)所長。元・川柳作家。

    最近の記事

    適切な「ことば」がうかばないうちは発言しない(黙っている)というのも、立派な「コミュニケーション・スキル」。

      • メーリングリストやSNSでのトラブルを予防するためのルール(努力目標)

        私が参加していたメーリングリストやSNSでの交流で、過去に5〜6回、険悪なムード(いわゆる「炎上」)になったことがあります。 私が、うまく介入して調整できたグループは、その後も存続していますが、私が、そこまでできる権限がなかったグループの多くは、トラブルをきっけけに閉鎖されてしまいました。私は、これらの経験から多くを学びました。 そこで、私が管理する権限のあるメーリングリストやSNSでの交流では、必要時応じて〈対話法〉の原則(自分の考えや気持ちを言う前に、相手が言いたいことの

        スキ
        2
        • 「〈対話法〉で学ぶカウンセリング勉強会ーその理論と実技」のご案内(参加無料)

          開催日程(原則): 平日:毎週金曜日 11:00〜12:30(12:45まで延長あり) 週末:毎週土曜日 20:00〜21:30(21:45まで延長あり) 定員:各回10名 参加資格: ◯浅野が考案した〈対話法〉の理論に賛同していること。 ◯現役の対人支援者(カウンセラー、心理士、相談員、医療・福祉関係者、教育者など)であること。なお、有償・無償は問いません。つまり、必ずしもプロ(職業)である必要はありません。詳細は浅野までご相談ください。 主催:浅野良雄(対話法研究所

          スキ
          6
          • クレームの真意は「意外」なところに!!

            仕事柄、鉄道を利用する機会が多い私は、あるとき、講演先から自宅に戻る在来線の車中で、地震に遭遇しました。数十分ほど停車しているあいだ、「地震のため停車します」との車内放送はあったものの、次の駅での新幹線への接続情報についての案内はありませんでした。 やがて新幹線の接続駅に到着し、私が新幹線を待っていると、私と同じ電車に乗っていたと思われる客が駅員に話しかけている声が聞こえました。周囲の誰もが気づくほど大きな声だったので、思わず声の方向を見ると、「研修生」という腕章をしている

            スキ
            2

            「初めて!!」に関われることの喜び

            我が家から西へ4Kmほどの距離に「岩宿遺跡」(群馬県みどり市)があります。この遺跡の「歴史」は、昭和21(1946)年に、群馬県桐生市(私の地元)に在住していた考古学研究者、故・相沢忠洋氏によって、関東ローム層の中から一片の石器が発見されたことに始まります。昭和24(1949)年には、明治大学考古学研究室のメンバーと、相沢氏を含む発掘調査団により、日本で初めて、関東ローム層の中から石器が出土することが確認されました。これは、日本文化の始まりが、当時の定説よりも1万年以上遡るこ

            スキ
            3

            ひとは褒められると必ず嬉しいのだろうか?

            このタイトルの答えを一言でいうなら「ノー」です。ここでは、その根拠の一端を示す二つの研究を紹介します。 2005年に起きた、福知山線脱線事故を受けて、JR西日本は、翌年、「安全研究所」を社内に設立しました。そして、2008年に、人的要因が安全に与える影響についての研究結果が発表されました。 研究の一つとして実施された、「効果的なほめ方・しかり方」についてのアンケート調査によると、部下が行った工夫を上司が評価した場合、両者の間に良い関係性が築かれている場合は、業務に対する責

            スキ
            6

            メーリングリストでのトラブル体験と、その解決法

            以前、私が管理者をしていた、あるメーリングリストで、こんな体験をしたことがあります。それは、辛くて嬉しい経験でした。現在は、メーリングリストよりもSNSが多く使われるようになりましたが、そこで起こるトラブルには共通点があるので、参考になると思います。 ある日、参加メンバーの一人のAさん(ハンドルネーム)が、メーリングリストの運営方法について、意見を投稿しました。もし、その内容や書き方が、肯定的・建設的なものなら、なんら問題なかったのですが、実際は、それとは正反対の、否定的・

            スキ
            9

            〈対話法〉の誕生と、その後の展開

            私は大学で電子工学を学び、技術者として10年間、大手電機メーカーに勤務の後、退職し、学校等で講師をする傍ら、民間団体(全日本カウンセリング協議会)でカウンセリングを学びました。現在は、主として地元の高校にカウンセラーとして勤めながら、〈対話法〉というコミュニケーション技法の普及活動をしています。 カウンセリングの学習と実践を通して私が知ったのは、人が抱える悩みの多くは「不適切なコミュニケーション」に起因するということでした。一方、心理的支援が必要な人の数に比べて専門職が少な

            スキ
            4

            一般に、「共感」という言葉は「同感」や「賛同」という意味で使われることが多いため、学習者の頭の中で「混乱」が生じています。しかし、浅野が発案した「確認型応答」(相手が言いたいことの要点を、相手に言葉で確かめるための応答)という概念を導入すると、この「混乱」は、一挙に解決します。

            スキ
            3