見出し画像

住井すゑ-反骨の作家

住井すゑ(1902‐1997、本名は犬田すゑ)
牛久沼の畔で、農民文学運動を続けた作家だ。今回は、先日の小川芋銭(日本画家-牛久沼での制作)の流れから、住井すゑに至った。
自宅庭に学習舎である抱樸舎(ほうぼくしゃ:1978-)を開き、平等思想の学習の場、文化交流の場を提供した。
その著書には「橋のない川」(同和問題を扱った大河小説-新潮社)、「住井すゑ対話集」「向い風」「野づらは星あかり」「夜あけ朝あけ」「牛久沼のほとり」(エッセイ集)などがある。

 住井すゑ 

画像2

1902年、奈良県磯城郡平野村(現:田原本町)生まれ。田原本技芸女学校在学中から「少女世界」等の雑誌に投稿をはじめる。
1919-1920年、17歳で講談社の婦人記者、ただ、一年で退社した。
1921年、19歳で農民作家犬田卯(いぬたしげる:1891-1957、小説家・農民運動家)と結婚、農民・婦人運動に関わる。
1929年、「大地にひらく」読売新聞創設55周年記念懸賞小説2位となる。
1930-1931年、「無産婦人芸術連盟」機関誌「婦人戦線」に寄稿している。
1935年、夫の郷里でもある茨城県牛久沼畔(小川芋銭の宅の近くだ)に移り、四人の子と病身の夫(犬田卯)を抱え、執筆と農耕で生計をたてる。
1940-1942年、農婦譚、子供の村、土の女たち、子供日本、を出版、刊行する(青梧堂-せいごどう)
1943年、「大地の倫理」(長編)を日独書院から刊行。小学館の児童雑誌、教育雑誌に童話など、多くを執筆。NHK「文芸放送」に採用される。
1948年、「飛び立つカル」三省堂の国語教科書に掲載される。
1952年、「みかん」で第1回小学館児童文化賞(文学部門)を受賞する
1954年、「夜あけ朝あけ」(長編)、新潮社。そして、第8回毎日出版文化賞受賞
1958年、「向い風」(長編小説)を大日本雄弁会講談社から刊行。
この時期に、住井すゑと文学の位置づけが定着されている、錚々たる経歴だ。
1959年、夫の納骨の日に部落解放同盟を訪ね、大河小説「*橋のない川」に着手する。そして、「*橋のない川」が部落問題研究所の雑誌「部落」に22回連載された。
1973年、「*橋のない川」第一部から第六部を刊行。そして、筆を置いたのだが・・
1982年、絵本集等、数多く刊行している。(河出書房新社)
1992年、講演「九十歳の人間宣言 - いまなぜ人権が問われるのか」(日本武道館)、この年、90歳で「*橋のない川」の第七部を完成した。
1997年(平成9年)、牛久沼畔にて死去、95歳だった。
最期の原稿には、「*橋のない川-第八部」と書かれたまま、後は空白だったと言われる。第八部は、構想のまま、未完の章となったという事だ。

画像2

住井すゑ作品集より
「戦争中の十七、八年は私たち童話を書く人間も集められて、『童話は国策に沿って、国のためになるような童話を書け』と言われました。ある時は大蔵省、それから情報局の両方から呼び出されて・・・命令通りに書かなければ雑誌の紙をくれない、単行本出すにも紙をくれない、といじわるしたからねえ、だから気の弱い人は翼賛会や情報局のいう通りになりましたよ。そういう会合でもそいつらと喧嘩したのはやっぱり私一人でした。」(引用:「住井すゑ作品集」第8巻収録「時に聴く-反骨対談」-人文書院)

晩年まで、正義を感じる、反骨の作家だ。そして、本来的な民主主義は大切だという事だろう。
前述したが、小川芋銭の牛久沼の畔の近くに住む自然、農業と共存した作家の流れで「住井すゑ」に視点を置いた。

(註)「*橋のない川」は、差別を描いた小説であり、水平社宣言(日本当初の人権宣言)でまとめられている。

(追記)住井すゑさんから、だいぶ以前になるが、お話を伺った事があった。そのお話の中で、「すべての人に平等なものは時間だ」と言う、その言葉が、今でも印象的だった。
1935年以降、60年間、牛久の小川芋銭宅の近くにお住まいになられて、執筆と農作物自給生活の拠点とされていた。その代表作「橋のない川」はこの地(牛久沼)で執筆されているところからの今回の記事である。
その後日談として、その時の編集者の方から、住井すゑさんと同じ視点の方向性のご子女もいたのだが、そうでないお子さんもいらして、子供さんは親御さんのレッテルを学校でも貼られて、ご苦労があった旨、伺った。親子と云え、思考はそれぞれだという事だろう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
91
#film, #photography, #installation, #scripts, & #art #theory,, pickup of art of interest. アート・デザインへの思いつきのコメント、ランダムな自分の作品とランダムな情報の覚書。

こちらでもピックアップされています

イメージと文化 - 覚書
イメージと文化 - 覚書
  • 480本

イメージ・コンテンツを制作する事は、視覚を通過して、人の心に問いかけることが一番のポイントだ。 人の心に問いかける事は、感性の同一性を得るということで、国境、時間という領域を超えて、大きな心の支えになる。それは、忘れ去られて、しまいそうな小さな表象も、人の受け取り方によっては、計り知れない程、貴重な物だ。 artoday - asano chiaki アサノチアキ

コメント (8)
うちも母子で宗教も考えてる思想も全然違うのでかなり難しいです
確執ありありです(^0^;)
母親のことで私も学校で仲間はずれにされたりよくしたし
自分のことに強く生きる母親を持つと辛いこと多々ありますよ



おばさま 
おはようございます。
親子と云えども、ある年齢になると、思考や信じる事のあり方も変わりますね。
(親子でも、そうですが、うちだと姉がいるのですが、全然、違う世界ですねw 何年も会うこともないですから、、母もいるのに。)

学校生活では、お辛い思いをされたのですね。
そういう流れがあって、今のおばさまの美しい人間性や人柄が形成されていったのだと・・勝手に感じております。
コメントいただいてありがとうございます。お言葉の1つ1つが励みになります。
昨晩、不調で遅くなり、失礼いたしました。
おひさしぶりです何回も読まして頂き
「すべての人に時間は平等だ」と印象的に残る言葉を読んだときに
今日からまたこの言葉から大事な時間を大切に使います
いつも拝見して感動を頂いてます
有難うございます(^◇^)
お体に気を付けて下さいね
su7zu8me6さま
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
住井すゑさんのお言葉は、相当な、ご苦労をなさって経緯から、深い世界が広がりますね。

私くしもsu7zu8me6さんの絵画を楽しまさせていただいております。
この時期、陽気が良くないので御身ご大切にお祈り申し上げます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。