医療介護DX、今スグ導入するべき?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

医療介護DX、今スグ導入するべき?


てか、DXって何??


特に今年に入ってからでしょうか、この医療・介護業界においても、「DX(Digital Transformation)」というワードが席巻するようになってきました。

これは何かというと、最新のITツールやデジタル技術を活用して、業務効率化生産性向上を実現し、収益拡大や新たなビジネスモデルやサービスの提供につなげること。そして、結果として人々の生活を豊かにする取り組みのことを言います。

(少し前ですと、「IT化」「IoT」「ロボット導入」などと言われたりもし、それに近いかもしれません。)

皮肉にも、昨年からのCOVID-19の流行がこの動きを大幅に推し進めることになりました。

また私たちの業界では、以前から言われているように、「働き手の減少」「医療・介護を取り巻く経営環境の変化」が、導入が叫ばれる背景にはあり、先進的な法人ではすでに舵を切っている印象です。



例えば、電子カルテなどはかなり一般的になってきましたが、それでも導入率は平均で50%弱といいます。

この何年かで、急速に、私たちの現場もこれに近い景色に変わってくるのでは、という気がしています。


タレントをマネジメントする・・とは?


このDXの中でも、特に最近では、「タレントマネジメントシステム」なるものが話題となってきています。

これは分かりやすく言うと、360°評価や、スタッフ個々人の特徴・強みを一元化、可視化します。出てきた結果を分析し、人材育成や適切な人事配置に活用できます。成長度合いなんかも見ることができます。


システムを効果的に運用することで、職場へのエンゲージメントを高め、働きがいの向上、離職を減らす、というのが狙いになります。

これまでも定期的な評価や面談、教育は行われてきましたが、結果が散在しており、また集約にもやたら時間がかかり、どのぐらい効果的な活用がなされているのか・・というと、不安な面があるのは否めません。

そういった、従来紙や人力でやられてた業務をIT化して省力化し、より人に着目したマネジメントを回していく...そんなイメージです。


医療介護業界では、まだまだ馴染みが薄いかもしれませんが、一般企業ではすでによく使われており、有名タレントを起用したCMまで流れています。


今、知られているところでご紹介しますと、

タレントパレット

SmartHR

HRBRain

あしたのチーム

カオナビ

WEVOX

COCOREPO

SKILL NOTE

ハイジ

THANKS GIFT

Wistant

TUNAG

ALTURA/ALOLINK


実際、それぞれに特色や打ち出しポイントがあり、どれも非常に魅力的です。比較する上で、当然、職員数がまとまった数になりますので、「価格」と「見やすさ・使いやすさ(UI/UX)」は大事な要素となります。

ただ、ご承知の通り、医療介護業界というのは、ある種独特なところもあり、一般企業のようにはいかない難しさが多々あります。その辺を熟知し、サポートが得られるかどうか、というのが選定のポイントになるかもしれません。

画像1


DXを導入すれば、もう組織は安泰?!


じゃあ、大枚叩いて導入すれば、組織は劇的に変わるのか・・? というと、答えはハッキリ「No」です。実際にはそう簡単ではありません。

それを生かして、時間を生み出したとしても、そこからは「人 対 人」なんです。いよいよもってコミュニケーションやコーチングスキルだって必要になります。


また、実際に導入したとしても、それをきちんと理解して組織内で運用していく、いわば「DX人材」が極端に少ないことも課題の一つだと思います。

この業界特有かもしれませんが、ITリテラシーの低さ(FAX信仰?)もそうですし、ITアレルギーをもつ幹部・職員も多いです。「この忙しいのに!」という声もあるでしょう汗 ここをどう納得・理解していただくか?


運用面では、もちろん、組織内には、経営戦略室やシステム系の部署はあれど、やはり現場をよく知っていないと・・というのは実感としてあります。現場専門職・管理職でそう言ったことにかじ取りできると、理想的なんですけどね〜〜



これに関しては、とても重要なテーマですので、また何度かに分けて、情報提供いたしますね!

今回も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



▷また、その本質部分の理解度を高めて頂きたく、私どもは毎月セミナーを開催しております。無料の上に、通常聞けない情報がサクッと聞けると、結構評判です笑 ぜひお気軽にご参加ください!↓

(ALTURA Inc.  マーケティング部門  鯨岡エーイチ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
次の記事もお楽しみに!!
ALOLINKは、属人的に行われていた人事課題(採用/評価/教育)をDX化する医療介護特化型タレントマネジメントシステムです。マネジメントに関する即現場活用できるノウハウをご紹介いたします!|簡単に情報を入手する→https://lin.ee/1NU370evQ