【レシピ】魚醤シリーズ ② 冷製・鶏そうめん
見出し画像

【レシピ】魚醤シリーズ ② 冷製・鶏そうめん

「魚醤(ぎょしょう)」とは、
魚と塩を一緒に漬け込んで発酵させた、液体発酵調味料。


今回は、和食で「魚醤」を使っていきます。

夏の定番・冷そうめんを、鶏肉のだしに、 魚醤を加えて、ご紹介。
ぐっと、旨みが増して、美味しいですよ。
食欲が、ちょっと落ちている時にも、お薦めの一品です。

応用編では、蒸し鶏、鶏のだし、この2つを使って、さらにバリエーションを広げていきます。
また、最後に「めんつゆの基本的な割合」も、書いておきました。
参考にして頂けたら嬉しいです。

画像44

蒸し鶏のサラダ

画像45

蒸し鶏を、パンに挟んで

画像34

冷製・すだちそうめん

画像40

冷製・味噌そうめん

画像45

冷製・鶏飯(けいはん)仕立て


魚醤については、下記から、ご覧頂けます。


それでは、作っていきましょう!

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「めんつゆの基本的な割合」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。

******************

冷製・鶏そうめん
~ 魚醤を使って ~

【 難易度 】★★☆☆☆
【 調理時間 】 約 40 分 
     (昆布を水出しする時間、出汁、食材を冷やす時間は、除く)

この続きをみるには

この続き: 4,668文字 / 画像40枚
記事を購入する

【レシピ】魚醤シリーズ ② 冷製・鶏そうめん

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、問い合わせ等は、こちらまで→ info@albero-cooking.com