見出し画像

【レシピ】サルトゥ・ディ・リーゾ(肉団子入り・お米のオーブン焼)☆ナポリ宮廷料理「ハレの日メニュー」です

サルトゥ・ディ・リーゾ(Sartu`di riso)
ケーキ型に、トマト風味のリゾットを詰め、
その中に、肉団子(ポルペッティーニ)、卵、チーズ、グリンピース等を
たっぷり入れて、オーブンで焼き上げた大皿料理。

ナポリの宮廷料理のひとつで、
パーティ料理として、宴会時や、クリスマス等でも作られています。
「サルトゥ(Sartu`)」は、ナポリ方言
「Sopratutto(とりわけ、なによりも、特に)」という意味です。
「米料理の( di riso)の中でも、とりわけ(Sartu`)」
訳せるでしょうか。

パスタが良く食べられているナポリでは、珍しい米料理の一品です。

かなり作り込む料理なので、日本では、あまり知られていませんが、
ナポリでは「ハレの日メニュー」として、ここぞ!という時に、
ご家庭でも作られているそうです。

是非、「Sartu` di riso」で、ネット検索してみて下さい。
美味しそうな写真が、沢山、見ることができますよ。

サルトゥ・ディ・リーゾの断面


本来は、まず、トマト風味のリゾットを作ってから、肉団子などを用意して、仕上げていきますが、今回は、お家で作りやすく、かつ、活用してもらえるように、まず「肉団子のトマト煮込み」を作り、白ご飯と合わせていきます。

「肉団子のトマト煮込み」だけでも、立派な一品になりますし、
白ご飯と合わせたところで、食べても良いですよ。
もちろん、パスタソースとしても活用できます。
こちらも、併せて、説明してきます。

肉団子のトマトライス
(Riso con polpettini al pomodoro)
フジッリ・肉団子のトマトソース
(Fusilli con polpettini al pomodoro)


クリスマス、年末年始の一品として、少し、時間をかけて作り上げてみませんか?

それでは、作っていきましょう!

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。

******************

☆関連・おすすめレシピ

******************

サルトゥ•ディ•リーゾ

〜 肉団子入り・お米のオーブン焼 〜
( Sartu` di riso )

【 難易度 】★★★★☆
【 調理時間 】 約 60 分〜 (オーブン調理時間は、除く)
【 オーブン調理時間 】 230℃ 約 15~20分 

この続きをみるには

この続き: 4,084文字 / 画像45枚 / ファイル1個

記事を購入

200円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。