新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

iOS14の衝撃。モバイルマーケターはこの激変を今すぐキャッチアップせよ。

2020/7/2更新:以下に本記事の続報で詳細な分析を行った記事をUPしました。是非、こちらも御覧ください。

iOS14に関するつぶやきをしておりますので是非、Twitterアカウントフォローください。

やや煽った記事になりましてすいません。 2020年6月22日(月) – 2020年6月26日(金)で実施されている 2020 Apple Worldwide Developers Conference にてiOS14の内容が公開されIDFAの取り扱いに大幅なアップデートがありました。

本記事は以下の構成です。

・本アップデートによる各ステークホルダーへの影響範囲をサマリー

・その根拠となる文献の日本語翻訳を7記事掲載


本アップデートによる各ステークホルダーへの影響範囲

結論から申しますと、モバイルマーケティングのステークホルダー

・代理店、媒体社

・ツール会社

・広告主

全員に影響があります。現在、私も随時キャッチアップしておりますが見えている範囲で以下が想定されております。

・代理店、媒体社

以下のようにアプリごとにIDFA取得可否のパーミッションをとるため、IDFA取得率は大幅に下落します。

画像1

その結果、IDFAを使用したターゲティングを使用する媒体全体に影響があります。具体的に言うとリエンゲージメント系の広告は壊滅することが予測されます。媒体社さん大丈夫だろうか。このような状況は今に始まった話ではなく、最近(といっても4-5年前?)ではAppStoreのUI変更で無料ランキングからのインストール数が激減した結果、ブースト広告が世の中から消えました。なので、神様がカラスは白いと言ったら、カラスは白くなるということです。

・ツール会社

上記の通り、IDFAの取得が激減することによりIDFA計測の精度がめちゃくちゃ悪くなります。その結果、広告流入の計測数値と媒体数値の乖離がよりいっそ激しくなり、広告主から「計測精度高められないと広告効果測定ツール載せる意味なくない?」というプレッシャーがかかります。ですので、今後ツール会社が努力する方向性はフィンガープリント計測の精度向上だと考えられます。今まではIDFA計測で漏れた部分を補う役割だったフィンガープリントが逆になり、IDFA計測によりCV計測がほぼ機能しないのでフィンガープリントでCV計測をほぼほぼキャッチアップする必要が出そうです。ただ、フィンガープリント計測のための取得情報は個人情報に近しい情報(位置情報やIPアドレスなど)としてAppleは取得を嫌がっているので、いつフィンガープリント計測ができなくなるかもわかりません。

・広告主

ネガティブな言い方をすると広告配信の選択肢が減ります。ポジティブな言い方をすると、より本質的なマーケティング課題に向き合うきっかけになると僕は思っております。IDFAによるターゲティングができなくなるためリエンゲージメント広告は配信できなくなる、あるいは媒体感の重複がある前提で媒体CVを広告成果として配信し続ける形になるかと思います。また、新規獲得時のCVの定義をどうするか今一度考える必要があります。

となると、リエンゲージメント広告による休眠復帰がほぼできなくなるのであれば、他に復帰を促す方法を模索する必要が出てきます。これはポジティブな話でマーケターの能力を開花させるきっかけになるのではと考えております。というのも、とりあえずリエンゲージメント広告を1-3,4-7離脱のそれっぽい根拠も無い配信セグメントで配信しておけば既存ユーザーの積み増しできるし、予算も消化できるし、ROASもそこそこ休眠だけどついてくるし!みたいな思考停止の打ち手と言う名の逃げ道が無くなったことを意味します。

窮鼠猫を噛む

という言葉があるとおり、多くの人は追い込まれないと反撃するために頭を使いません。この逆境が新しいマーケティング施策を生み出すきっかけになるように私も頭を使ってマーケティング施策を打ち出していこうと思います。

上記に関連する記事の日本語翻訳7記事

上記内容は私も速報ベースでキャッチアップしたこと+現存の知識でアウトプットしているので、間違っていることが多分にあると思いますので是非、建設的なフィードバックいただけますと幸いです。

以下、上記に関連する記事の日本語訳を記載しましたのでご一読ください。

①参照URL
https://www.adjust.com/blog/mobile-measurement-in-ios-14-four-possible-scenarios/

画像17

Adjustは常にプライバシーを重視しており、ユーザーのプライバシーを高める施策を奨励してきました。そのため、今週AppleがiOS 14のために導入した変更点は、私たちの価値観と非常に一致しています。AdjustもAppleも、ユーザーデータが悪用されたり、測定を超えて活用されたりしないように保護するという共通のミッションを共有しています。

しかし、Appleのトラッキングの定義をもっと明確にする必要があると考えています。他社が所有するアプリやウェブサイトを横断して[ユーザー]を追跡する」ことに挑戦している現在の同意書には、Adjustが収集したデータで何をするのかが記載されていません。

GDPRに準拠したデータ処理者であり、CCPAサービスプロバイダである当社は、単一のアプリの範囲内でのみIDFAを使用しています。デバイス識別子が異なるアプリパブリッシャー間で使用されることはありません。パーソナライゼーション(「あなたのデータはあなたにパーソナライズされた広告を提供するために使用されます」)に関しては、Adjustが提供するソリューションの一部ではありません。私たちはAppleと密接に協力しているので、AppleがそのプラットフォームとiOS上のグローバルな広告エコシステムに対して想定している未来をよりよく理解することができます。

秋にiOS14がロールアウトされたら検討すべき要素がいくつかあります。

・IDFAは完全になくなるわけではなく、代わりに明示的な同意が必要になります。

・IDFAが利用できない場合は、SKAdnetworkが基本的な知見を提供してくれるかもしれません。

・フィンガープリントは、準拠した属性を提供するためのオプションとして常に使用されます。

しかし、今日の時点では、まだ多くの重要な未知数が存在しています。最も重要なことは

・SKAdNetworkは、効果的な意思決定を行うのに十分な粒度のデータを提供できるか?

・SKAdNetworkを使用した場合、ディープリンクはどのように機能するのか?

・この新しい環境で詐欺防止はどのように機能するのか?

・ユーザーのオプトイン率はどのようになるのか?

これらの変更点はまだ展開されていないため、現在、市場標準のソリューションは存在しないことを強調しておくことが重要です。その結果、業界が過去数年にわたって信頼してきたものと同じレベルの精度と透明性を提供できる、すぐに使える製品は存在しません。

現在のところ、この問題に対して既成概念にとらわれないソリューションを持っていると主張する企業は、重要な機能的側面を見落としていると断言できます。それは予想されることです: 発表は月曜日に行われましたが、すべてはまだ所定の場所に落ちています。

SKAdNetworkの仕様を見ると、現代のマーケターのニーズを満たすことができるとは思えません。

・アップルが定義したように、ダウンロードや再ダウンロードの前の最後のリダイレクトのみがアトリビューションのトリガーとなります。これは、設定可能なアトリビューション設定、ビュースルー、非アクティブなユーザーのリトリビューション、マルチタッチがないことを意味します。


・ユーザーレベルのデータは提供されず、下流のメトリックとしては6ビットの単一の値のみが提供されます。これは、リテンション、収益、イベントファネル、または現在一般的なKPIを意味しません。


・SKStoreProductViewは、強制的な広告フォーマットとして、動的または遅延ディープリンクをサポートしていません。


・リターゲティングや除外ターゲティングを行わない


・不正防止のためのサポートやデータの透明性が不明瞭なままである。


このすべてのことは可能であり、間違いなく解明されるでしょう。しかし、アプリ開発者、Apple、MMP、アドネットワーク、そして業界全体での作業と時間が必要になります。デフォルトのソリューションとしてSKAdNetworkに飛びつくことは、当社の顧客とパートナーへのサービスを損なうことになります。

複数の業界リーダーと議論した結果、アトリビューションとより大きな広告エコシステムのための4つの可能性のあるシナリオを特定しました。

オプション 1: Google PlayStore リファラーに似た iOS リファラー
今のところ、SKAdNetworkは広告ネットワークにデータを提供するだけで、他の誰に対しても透明性はほとんどありません。それは、AppleのSearch Ads SDKやGoogle PlayStore Referrerに似た新しいAPIを導入することです。

今日のアトリビューションロジックは劇的に変更されないだろうし、それはMMPs、広告ネットワークとクライアントが多くの混乱なしで動作を継続することができるようになります。

アトリビューションはMMPによって実行され、広告ネットワークはコールバックを受け取り、広告主は1つのグローバルな真実のソースを持つことになります。下流のすべてのメトリクスも一貫しているでしょう。締めくくりは?それはまた、IDFAが必要とされていないように、プライバシーのためのAppleのプッシュに準拠しているだろう。

さらに、同じ技術はAndroidとiOSで何年も利用可能である - ので、業界全体がすでにそれに慣れています。

もちろん、これですべての問題が解決するわけではないが、正確で、検証可能で、透明性のあるアトリビューションを提供することはできるだろう。

オプション 2: フィンガープリント

おそらく最も簡単な解決策は、フィンガープリンティングはこれらの変更によって影響を受けないままです。広告ネットワークは、まだ属性、コールバックを送信し、広告主にデータを表面化することができますMMPにクリックを送信することができます。今日のデータの流れ方には何も変化はありませんが、フィンガープリンティングに大きく依存することになるでしょう。

GDPRもCCPAも、データがこの目的を超えて使用されない限り、正当な例外の下でアトリビューションのためにデータを収集する法的枠組みを提供しています。

しかし、私たちはこれが理想的な解決策であるとは考えておらず、帰属表示のためにフィンガープリントに頼るのは良い考えではないということを率直に述べてきました(私たちの見解はこちら)。理想的ではありませんが、我々はすでにそのようなシナリオでのフィンガープリンティングを可能な限り正確にするためのソリューションの研究を開始しています。

オプション3: 強制的またはインセンティブのあるオプトイン
アプリのパブリッシャーや広告主との話し合いの中で出てきたアイデアの一つは、IDFAを読むためにユーザーの許可を要求するか、インセンティブを与えるかということです。

広告による収益化に頼っている無料ゲームを想像してみてください。IDFAがなければ、これはより困難であり、パブリッシャーはユーザーに広告なしのバージョンを購入するか、IDFAへのアクセスを許可するかの選択肢を提供するかもしれない。

ソーシャルメディアアプリは、利用規約の一部としてトラッキングを受け入れることを必須条件とし、ユーザーが同意しないと利用できないようにすることができるかもしれない。

これは明らかに業界にとって大きな変化となるだろう。また、ユーザー体験の変化により、全体的にエンゲージメントが低下する可能性があるため、このアプローチに対してAppleがどのような反応を示すかは不明である。

しかし、移行フェーズの後、広告マーケティングのエコシステムは、我々が今日知っているものにかなり似ているだろう。

オプション 4: 例外として帰属表示を使用したより詳細なトラッキング許可
すでに述べたように、広告効率測定を提供することと、複数のアプリやウェブサイトにまたがってユーザーを追跡することは、まったく異なる2つのことだと考えています。Appleはすでに、ユーザーのオプトインなしでIDFAを取得するためのいくつかの例外を提供しています - そのため、Appleがプライバシーとオプトインの考え方に準拠していると考える方法でアトリビューションを提供することは、まだIDFAを中心にした解決策があるかもしれません。

現時点では、これらの例外の明確化がどのように見えるかを伝えるのは時期尚早です。とはいえ、これは追求する価値のある興味深い選択肢であると考えており、私たちはクライアントやパートナーと協力して、このシナリオに関連するあらゆる機会を理解していきたいと考えています。

また、WWDCの変更はアトリビューションに影響を与えるだけではないことも考慮しなければなりません。私たちのエコシステム全体が、この変更にどのように対応するのが最善かを理解する必要があります。大小を問わず、アプリパブリッシャーは影響を受け、自社のビジネスを見直す必要があります。今は、急いで発表したり、マーケティングに力を入れている場合ではありません。

②参照URL
https://www.singular.net/blog/ios14-idfa-limit-ad-tracking-skadnetwork-wwdc-privacy-update/

iOS 14:IDFAはまだ死んではいないが、確実に生命維持に入っている

Appleの新しいプライバシー機能の強化は、あなたにとってどのような意味があるのでしょうか。
6月30日(火)午前10時(PT)からのウェビナーに参加して情報を得ましょう。


本日開催されたWWDC 2020で、Appleは9月にデビューするiOS14のいくつかの新しいプライバシー強化を発表しました。私たちはこれらの変更をずっと前から予想しており、1年前にモバイルアトリビューションプライバシーグループの結成を発表して以来、この変更に向けて準備を進めてきました。詳細はこちらをご覧ください。

消費者にとっての朗報:より多くのプライバシー。

マーケティング担当者にとっての朗報:データ駆動型マーケティングのゲームオーバーではない。

AppleのSKAdNetworkフレームワークへの変更点の中には、非常に有望なものもあります。AppleのSKAdNetworkの改善は、アプリパブリッシャーが必要としていることに耳を傾けているだけでなく、洗練されたマーケッターにツールを提供できるようになることを示唆しています。

さらに、Singularは近日中に発表する予定のプライバシー保護ソリューションをいくつか持っています。

IDFAのオプトイン

iOS 14から、アプリは広告主のための識別子であるIDFAを使用するために、ユーザーからの許可を得る必要があります。はっきり言って、これはアプリやサービス全体でユーザーを追跡するための許可を明示的に与えることです。

ドキュメントからのストレート。
"アプリは、トラッキングが発生する前に、トラッキングの許可を要求する必要があります。これは、最初の起動時や特定のアプリ機能の使用時などです。例えば、サードパーティのSSOでサインオンするときなどです。"

画像2

iOS 14のドキュメントを見てみると、「Ask App Not To Track」ボタンをクリックすると、アプリはデバイスのIDFAにアクセスできなくなり、「Limit Ad Tracking」の仕組みをオンにした場合と同じ値を受け取ることが確認できます。つまり、ユーザーが承認するまでは、すべての識別子はゼロアウトされます。
もしあなたがIDFAを使いたいと思っていて、それがユーザーにとって必要なものだと信じているのであれば、良いニュースの一つがあるだろう。

メッセージはカスタマイズ可能です。"アプリの開発者は、使用方法の説明文字列として知られるカスタムテキストを提供する必要があります。

つまり、ユーザーにオプトインすることがユーザーにとって良いことであることをアピールできるようになるということです。

しかし、率直に言ってみましょう。

上記のようなメッセージを見た人の大多数は、オプトインするつもりはありません。彼らは、出版社が他社が所有するアプリやウェブサイト全体でそれらを追跡するための許可を求めていることを見たときに...それを忘れてしまいます。

ということで、IDFAなしでも生きていけるように準備しておく必要がありそうです。

IDFAのステータスを確認する

Appleは、isAdvertisingTrackingEnabled関数を非推奨としています。ユーザーが実際に計測を有効にしたかどうかを確認するために、開発者はAppTrackingTransparencyフレームワークを確認する必要があります。

SKAdNetworkの変更点

画像3

iOS14アップルのSKAdNetwork
Appleはまた、広告主主導のアプリインストールを検証するクラスであるSKAdNetworkに複数の変更を加えました。この点については明日のブログ記事とウェビナーで詳しく説明しますが、簡単な概要は以下の通りです。

Appleはタイマーを追加しましたが、これはおそらくコンバージョン通知が即時ではないことを意味します。これはおそらくプライバシーを強化するための動きです。
Appleはコンバージョン値を更新する仕組みを追加しました。これは、インストール後の限定的なKPIをコンバージョン通知に添付するための初期の方法かもしれません。

Appleは再ダウンロード/再インストールのサポートを追加しました。
Appleは、パブリッシングアプリを認識するためにSource App IDを追加しました(これは、パブリッシャーレベルの粒度を容易にすることができるようになったので、非常に大きなことです)。
他にもかなりの数の変更点がありますが、今後も調査を続け、詳細なフォローアップ記事で更新していきます。

最後に: 新しいアプリのプライバシーセクション

今年後半には、アプリのApp Store製品ページに、自己申告によるプライバシー慣行の概要と、プライバシーポリシーへのリンクが表示されるようになります。これには、他の場所でユーザーを追跡するために使用されるアプリ経由で収集されるデータと、パブリッシャーがアプリ外でアクセスしてアプリ内のユーザーのプロファイルにリンクする可能性のあるデータの両方が含まれます。例:購入、ウェブ閲覧履歴、位置情報、その他の人口統計学的情報。

画像4


③参照URL
https://blog.branch.io/how-to-integrate-apples-skadnetwork-in-ios-11-3/

iOSでのアドネットワークの仕組み

他のサードパーティ製アプリケーションでモバイルアプリを広告するには、通常、サードパーティ製の広告ネットワークと連携することになります。広告ネットワークは、そのネットワークと統合されたアプリ全体に広告を表示する責任があります。ユーザーが広告をクリックしてアプリをインストールすると、広告ネットワークはインストールを促したアプリに報酬を与えます。

IDFAを使用したインストールの帰属

しかし、広告をクリックしたユーザーが、あなたのアプリケーションをインストールしたユーザーと同じユーザーであることを、広告ネットワークはどのようにして知ることができるのでしょうか?広告ネットワークは、IDFA(Identifier for Advertisers)と呼ばれるデバイスレベルの識別子を使用して、両方の場所でユーザーが同じであることを判断します。これは、広告を表示するアプリと広告料金を支払うアプリの両方が広告ネットワークまたはアトリビューションプロバイダのSDKを統合して、新しいインストールを元の広告クリックにアトリビューションできるようにする必要があることを意味します。

IDFA アトリビューションの問題

残念ながら、IDFAは完全に信頼できるものではありません。ユーザーのプライバシーのために、Appleはユーザーが自分のデバイスのIDFAをリセットすることを許可しています。これは、ユーザーが広告をタップし、アプリをインストールし、IDFAをリセットし、アプリを削除し、同じ広告をタップし、再び同じアプリをインストールすることができることを意味します。広告ネットワークは、これを2つの別々のインストールと見なします。次に、大規模なデバイスファームでこのシナリオを想像してみましょう。明らかに、これにより広告ネットワークは詐欺に対して脆弱になります。

SKAdNetwork とは何ですか?

SKAdNetworkは、AppleのStoreKitフレームワークに新たに追加されたもので、サードパーティの広告ネットワークがIDFAを公開せずにインストールを属性化できるようにします。基本的に、このフレームワークは、ユーザーのプライバシーを損なうことなく広告属性を提供するAppleの方法です。SKAdNetworkは、広告クリックを署名でマークすることで動作します。これにより、ユーザーがそのクリックから直接アプリをインストールすると、Appleは署名が不正でないことを確認し、広告ネットワークがIDFAを見ることなくインストールが発生したことを直接広告ネットワークに警告します。

画像5

SKAdNetworkのメリット

もしあなたがインストールを集計して計測することにしか興味がないのであれば、このフレームワークはアトリビューションにいくつかの利点をもたらします。その1つは、インストールが有効であることを確認するために、インストールごとに送信される詐欺防止の署名です。他のアトリビューションプロバイダーがサーバーサイドでの処理をすべて行う必要があるのに対し、このフレームワークはAppleが所有するフレームワークであるため、App Storeのインストールプロセスを通じてアトリビューション情報を渡すことができます。これにより、報告される結果に対する信頼性が格段に高くなるはずです。最後に、Appleがアトリビューションを実行しているので、サードパーティのアトリビューションプロバイダを使用する必要はありません。

SKAdNetworkの欠点

IDFAは、広告ネットワークに半永久的な識別子を与え、ネットワーク内のすべてのアプリでユーザーを追跡するために使用できます。この情報を使用して、リターゲティングプロファイルを構築したり、あらゆるタイプのコンバージョン(インストール、購入、サインアップなど)を元の広告クリックに属性付けしたり、ユーザーのリテンションを測定したりすることができます。SKAdNetwork の IDFA の抽象化は、広告コンバージョンを測定する際に広告ネットワークが取得できる粒度のレベルを制限します。基本的に、SKAdNetworkの機能は、Appleが広告ネットワークに送信するウェブフックには、インストールを実行したユーザーを一意に識別する情報がないため、キャンペーンからのインストールを集計して表示することしかできません。タイムスタンプ、キャンペーン、アプリ、製品、アドネットワークIDのみが提供されます。

SKAdNetwork の実装

実装の要件
SKAdNetworkを正常に実装するためには、デバイスがiOS 11.3+を搭載している必要があり、Ad NetworkはAppleから登録された識別子を持っている必要があります。

広告の表示

アプリのインストール広告を表示するアプリは、広告がタップされるとユーザーをApp Storeに誘導する役割を担っています。iOS 6では、AppleはSKStoreProductViewControllerを作成しました。これにより、開発者はユーザーがアプリから離れてアプリストアを開くことなく、製品のダウンロードページを提示できるようになりました。このビューコントローラを提示する際には、loadProduct関数で表示している商品をロードする必要があります。

func loadProduct(withParameters parameters. String : Any]を指定します。
completionBlock ブロック: ((Bool, Error?) -> Void)? = nil)
一般的には、製品情報をパラメータ変数に渡すだけです。これには、ItemIdentifier、ProductIdentifier、AdvertisingPartnerToken、AffiliateToken、CampaignToken、ProviderTokenが含まれます。SKAdNetworkを使用する場合は、これらの追加パラメータを渡す必要があります。

SKStoreProductParameterAdNetworkIdentifier
Appleに登録したアドネットワーク識別子

SKStoreProductParameterAdNetworkCampaignIdentifier
提供するキャンペーン番号です。

SKStoreProductParameterAdNetworkNonce
広告インプレッションごとに提供する独自の値。

SKStoreProductParameterAdNetworkTimestamp
広告インプレッションの時間付近に生成するタイムスタンプです。

SKStoreProductParameterAdNetworkAttributionSignature
その他のパラメータに基づいて生成される暗号署名。

これらは、アプリのインストールを広告キャンペーンに関連付ける際にAppleが探すパラメータです。最後のパラメータは、他の4つのパラメータを'\u2063'で区切ってUTF-8でエンコードした文字列で構成されたインストール検証署名です。

ad-network-id + '\u2063' + campaign-id + '\u2063' + itunes-item-id + '\u2063' + nonce + '\u2063' + timestamp
この値に楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)とあなたのPKCS#8標準秘密鍵で署名すると、完全な検証署名が得られます。

変換通知のトリガー

アプリがアトリビューションに SKAdNetwork を使用する広告ネットワークに参加している場合、アプリはインストールから起動する際に registerAppForAdNetworkAttribution() を呼び出す必要があります。これにより、広告の結果からインストールが発生したことをAppleに通知するコンバージョン通知が作成されます。帰属データが存在する場合、この関数への最初の呼び出しだけが通知を生成します。それ以降の呼び出しは何もしません。

コンバージョンのポストバックを検証する
アプリをインストールしてアトリビューションデータでコンバージョン通知が発動すると、Appleからアドネットワークにこんな感じのポストバックが送られてきます。

{
"ad-network-id" : "com.example"。
"transaction-id" : "6aafb7a5-0170-41b5-be4-fe71dedf1e28".
"キャンペーンID" : 42.
"app-id" : 1229670720.
"attribution-signature" : "MDYYCGQCsQQ4y8d4BlYU9b8Qb9BPWPi+ixk\/OiRysCGQDZZ8fpJnuqs9my8iSQVbJO/oU1AXUROYU="
}
このインストールが不正ではないことを検証するために、広告ネットワークは、広告を表示するアプリが作成したものと同じUTF-8文字列を作成する必要があります。

広告ネットワークは、広告を表示するアプリによって作成されたのと同じUTF-8文字列を作成する必要があります。
ad-network-id + '\u2063' + campaign-id + '\u2063' + app-id + '\u2063' + transaction-id
Appleの公開鍵をバイト配列にデコードする必要があります。
最後のステップで作成したバイト配列から X.509 標準の公開鍵を作成します。
Apple の公開鍵を使用して、tribution-signature パラメータをステップ 1 で作成した文字列と照合して検証します。
署名が検証されると、インストールは元々表示されていた広告に帰属することができます。この方法では、すべてのインストールが一意で不正でないことが保証されます。

何から始めればいいですか?

SKAdNetworkとの連携に興味がある場合は、アドネットワークがAppleに登録しているかどうかを確認するために、アドネットワークに相談することをお勧めします。前提として、この作業のほとんどはアドネットワークSDKに組み込まれているため、ディスプレイアプリや広告購入アプリが検証処理を行う必要はありません。Appleは登録されたアドネットワークになるための情報をあまり公開していないので、まだ答えの出ていない疑問がたくさんありますが、今回の記事では、登録されたアドネットワークになるための方法を紹介しています。


④参照URL
https://www.searchenginejournal.com/apple-safari-to-block-google-analytics-from-collecting-data/372775/?utm_source=sej-feed

画像6

Appleの最新バージョンのmacOSには、Google Analyticsを含むトラッカーがユーザーデータを収集するのをブロックするように見えるSafariブラウザの更新版が含まれています。

Big Sur」と呼ばれるmacOSの新バージョンは、今週、Appleが毎年開催しているワールドワイド・デベロッパー・カンファレンス(WWDC)で発表されました。この発表の中で、AppleはSafariの新機能であるプライバシーレポートをプレビューした。

Safariのプライバシーレポートは、ユーザーが現在訪問しているウェブサイト上でブラウザによってブロックされているすべてのトラッカーをリストアップします。

よく見ていなかった人は見逃してしまったかもしれませんが、Appleは特にGoogle AnalyticsがSafariによってブロックされていることを示しています。

以下は、Appleが昨日発表したプレスリリースのスクリーンショットです。

画像7

Apple SafariがGoogle Analyticsのデータ収集をブロック
ご覧のように、Safariの新バージョンでは、DoubleClick、Amazon、Optimizelyなどの他の人気トラッカーをブロックしているようです。

Appleは、新しいブラウザの主要なセールスポイントとして、Safariのプライバシー機能を宣伝しています。

"プライバシーは常にSafariに組み込まれていますが、新しいプライバシーレポートでは、Safariがウェブ全体のブラウジング活動をどのように保護しているかをさらに詳しく知ることができます。

ユーザーはSafariの拡張機能がいつ、どのWebサイトで使用できるかを選択でき、データ漏洩パスワード監視などのツールがあなたのパスワード情報を公開することはありません。

Appleは、macOS Big Surのユーザーがいつでも簡単にアクセスできるように、プライバシーレポートウィジェットをデスクトップに追加できるようにするそうです。

プライバシーレポートウィジェットには、過去7日間にブロックされたすべてのトラッカーの包括的なリストが含まれています。

公式には確認されていません

これ以上進む前に、AppleもGoogleも、新しいmacOSでGAがSafariによってブロックされることを公式に確認していないことに注意しておきましょう。この情報はWWDCでプレビューされた内容を私や他の人が解釈したものです。

技術やマーケティングのコミュニティの多くは、これがAppleが取る可能性のあるルートだと考えているが、他の人は見た目ほど悪くはないと断固として主張している。

専門家は、スクリーンショットに描かれているのはSafariがサードパーティ製ストレージへのアクセスをブロックしていることであり、Google Analyticsを完全にブロックしているわけではないと主張しています。

画像8

提示された議論は、macOS Big Surの開発者プレビューに基づいており、最終版が一般公開されるまでに何度も反復されることが予想されます。

現時点では、誰もが新しいmacOSでSafariがどのように動作するのかを正確に把握していないと言ってもいいだろう。

SafariがGoogle Analyticsのトラッキングをブロックしていることについて間違っていることが証明されたら嬉しいですが、誰もが確かなことを知るまでには少なくとも数ヶ月はかかるでしょう。GoogleやAppleがその前に物事を明らかにしない限り。

これはマーケッターにとって何を意味するのだろうか?

この変更は、もしそれが実行された場合、マーケッターやサイトオーナーにとっては悪いニュースになる可能性があります。訪問者のかなりの量がSafariブラウザを使用している場合は特にそうだ。

しかし、サイトの閲覧者のうちどれだけの人がSafariを使用しているかに関わらず、データを失うことは決して良いことではありません。

他のオペレーティングシステムのユーザーと比較して、Macユーザーがどのようにウェブサイトを利用しているかを分析する場合には、特に貴重なデータセットとなります。

このアップデートはデスクトップ版のSafariにのみ適用され、モバイル版のSafariの半分以下のシェアを占めています。

関連しています。Safari、完全なサードパーティCookieブロッキングを発表
searchenginejournal.com/safari-full-3rd-party-cookie-blocking/357198/

Safariの市場シェア - デスクトップとモバイル

画像9

Safariがデスクトップ市場の15.6%を占めている米国のデータを見ると、この数字は若干高くなっています。

画像10

ChromeよりもSafariを使う人の方が少ないが、Safariの市場シェアは決して取るに足らないものではない。Safariは今でも2番目に人気のあるデスクトップ向けウェブブラウザです。

しかし、今回のSafariのアップデートがモバイルブラウザにも展開された場合、その影響はさらに大きくなるだろう。

この数字は米国ではその2倍以上で、現在Safariは55%という圧倒的な市場シェアを持つ最も人気のあるモバイルWebブラウザとなっています。

モバイルSafariでGoogle Analyticsをブロックすることは、マーケターのデータに大きな打撃を与えることになります。

これは広告にとって何を意味するのか?

Appleは、今回の発表よりもずっと前から、よりプライベートなブラウジング体験に向けてプッシュしてきました。

これまでのところ、トラッカーをブロックするための同社の取り組みは、ターゲットを絞ったSafari広告の価格設定が60%減少する結果となっています。

AppleはSafariでそのトラッカーのブロッキング機能を拡張するように, 広告は、おそらくさらに下に価格を駆動するターゲットにすることがさらに困難になります.

それは広告の買い手に利益をもたらすかもしれませんが, 広告の価格が下がるということは、それらの広告を公開しているウェブサイトが稼いだお金が少なくなることを意味します.

トラッカーをブロックすることは言うまでもなく、広告主が意図した視聴者に到達するためにそれが困難になります。

時間は、この変更がマーケターにどの程度影響を与えるかを教えてくれます。

macOSのビッグサーのために石に設定されたリリース日はありません, しかし、Appleの主要なオペレーティングシステムのアップデートは、通常、秋にロールアウトされます.


⑤参照URL
https://www.singular.net/blog/skadnetwork-support/

SingularはIDFAに代わる初のSKAdNetworkサポートを発表

過去数年間、我々はAppleがIDFAを非推奨にするという事態に備えて準備してきました。かつては想像を絶するシナリオだったものは、今では現実になるでしょう 9月 14 iOSが公開されたときに起動します.

IDFAは完全になくなっていませんが, Appleは事実上それを無用になりますオプトインのメカニズムを作成, その結果、何千もの企業と開発者の何百万人もの人が頭を掻いていると次に何があるのか疑問に思っています.

これはモバイル測定パートナー(MMP)の役割を根本的に再定義するものです。

MMPは、モバイルマーケティングの取り組みについて、第三者による偏りのない測定を提供することを目的としています。これまでは、iOSではAppleのIDFA、AndroidではGAID(GoogleのAdvertising ID)などのモバイル広告識別子を利用していました。今後、私たちは大きな課題に直面することになります。それは、エンドユーザーのプライバシーを守りながら、この約束を守り、マーケティング担当者がキャンペーンを最適化できるようにするための新しい方法を見つけることです。それは、エンドユーザーのプライバシーを守りながら、マーケティング担当者がキャンペーンを最適化できるようにするための新しい方法を見つけることです。

だからこそ、シンギュラーがSKAdNetworkを市場に先駆けてサポートし、モバイルマーケッターにとって拡張性があり、シンプルでシームレスなものにしたことを発表できたことをとても嬉しく思います。

昨日のWWDCでの発表は、モバイルマーケッターにとって地殻変動です。今後、どのように広告キャンペーンを最適化していくのか、疑問に思っている人もいるでしょう。それはまだ可能で、どのマーケティングインプットが必要な結果をもたらしているのかを理解できるようになるでしょう。

(実際には、来週、その方法についてお話します。)

SKAdNetworkとは何ですか?

SKAdNetworkは、マーケティング担当者がプライバシーに配慮した方法でマーケティングをアトリビュートするのを支援するために、iOSの一部として提供されているライブラリです。

Apple はしばらく前から取り組んでいました。ありがたいことに、私たちも 1 年以上前からサポートする方法を模索してきました。しかし、iOS 14では、AppleはSKAdNetworkをより便利で使いやすいものにするために、いくつかの大規模な改修を行いました。そして、Appleは私たちやMobile Attribution Privacy Coalitionの他のマーケッターの意見に耳を傾け、その強みと弱みを分析するのに時間を費やしたと感じています。

SKAdNetworkのキーコンセプトは、iOSオペレーティングシステムがマーケティングアトリビューションを促進する上で中心的な役割を果たすようになるということです。

アプリでSKAdNetworkを有効にすると、広告のクリックによってアプリが開かれると、App Storeはアトリビューションパラメータを受け取るようになります。そして、このクリックがコンバージョン(アプリのダウンロード)につながった場合、iOS自体がこれらのアトリビューションパラメータを添付したポストバックを送信します。

(そして、潜在的には、インストール後の重要なコンバージョンデータも含まれている可能性がありますが、これについては後ほど説明します)。

これは Google の Play Referral メカニズムに多少似ているように聞こえるかもしれませんが、SKAdNetwork がプライバシーを保護しているのは、帰属パラメータにデバイス ID や個人を特定する情報を含めることができないという事実です。また、インストールポストバックは、インストールされたアプリではなく、オペレーティングシステム自体によって送信されます。このように、広告主はインストールが行われたことを知ることができますが、特定のインストールと特定のデバイスを結びつけることはできないため、プライバシーを保護することができます。

SKAdNetwork 1.0は2年以上前にリリースされましたが、粒度が非常に限られており、インストール後の測定をサポートしていなかったため、最適化の目的では実質的に使用できませんでした。

しかし、SKAdNetwork 2.0では、Appleは「パブリッシャーアプリ」の粒度を追加しました。つまり、マーケッターは、どのパブリッシャーがどのインストールを促進したかのデータを取得できるようになりました。これは非常に重要なことで、パブリッシャーレベルのインサイトをマーケターに提供できるようになりました。さらに、Apple は新しい updateConversionValue と registerAppForAdNetworkAttribution メソッドで、インストール後のトラッキングを限定的にサポートするようになりました。

高レベルのフローは以下のようになります。

画像11

マーケターにとって何を意味

現在、マーケターは、マーケティングキャンペーンを測定するために、主に2つのデータソースを持っています。

1,MMPから:インストールに関するメトリクスとインストール後のコホート化されたメトリクス

2,アドネットワークから:インプレッション、クリック、動画閲覧、消費に関するメトリクス

現在のところ、Singularはこの2つのデータセットを組み合わせています。これにより、マーケティング担当者は、マーケティング投資の成果に関する詳細かつ高度なインサイトを得ることができます。このような洞察力があれば、獲得やリターゲティングキャンペーンの最適化、新しいネットワークのテストなどを行うことができます。

iOS 14では、すべてが変わります。

まず、アプリのアトリビューションのデータフローが変わります。アプリがSingularにポストバックを送信する代わりに、Appleはアプリのインストールの原因となった広告ネットワークにインストールポストバックを送信するようになりました。これらのポストバックには、Appleによって暗号化されて署名されたインストールに関する情報が含まれており、Appleの公開鍵を使って検証することができます。

iOS 14のもう1つの重要な問題は、インストール後のアクティビティの測定です。SKAdNetworkには、アプリがインストール後のコンバージョンデータを広告ネットワークに送り返す機能がありますが、これは範囲とタイミングの両方で制限されています(これについての詳細は後ほどご紹介します)。(これについての詳細は次の記事で近日中にご紹介します)

ところで、ここには大きなプラスがあります。iOS 14では、Appleはアプリのインストールを保証し、広告詐欺の可能性を劇的に減少させます。

これはすべて、マーケターにとって大きな変化を意味します。以前はMMPが必要なすべてのデータを収集していましたが、iOSの広告主は、キャンペーンを実行するすべての広告ネットワークからすべてのインストールポストバック(およびインストール後のコンバージョンデータ)を収集する必要があります。さらに、広告主は、これらのポストバックを検証し、保存し、帰属パラメータを人間が読めるデータに変換し、広告費のリターンを決定するためにキャンペーンの支出データに接続する必要があります。そして、それをリアルタイムで行うことができればできるほど、将来の広告費を最適化することができるようになります。


⑥参照URL
https://www.forbes.com/sites/johnkoetsier/2020/06/24/apple-just-made-idfa-opt-in-sending-an-80-billion-industry-into-upheaval/#616d11f6712c

アップルはまさにIDFAを麻痺させ、800億ドル市場を激変させる

画像12

あなたが昨日感じたフォースのその震えは、おそらくAppleの新しいiOSであなたの車のキーをテキスト化したり、Siriとリアルタイムのオフライン翻訳を行うことができることにショックではありませんでした 14. 代わりに, それはアップルのショットだった 80億ドル業界の弓を横切って.

IDFAは死んでいる.
IDFA万歳。

昨日、アップルはiOS 14, iPhoneとiPad用の新しいモバイルオペレーティングシステムを発表した。同社は、モバイルマーケティング担当者が予想していたように、IDFAの死を発表しなかった。

その代わりに、Appleは広告主のための識別子を実際に殺すことなく、基本的に役に立たないようにしたのだ。

画像13

Googleの広告識別子であるGAIDと同様に、AppleのIdentifier for Advertisersは、モバイルマーケティング担当者が広告費を属性化するのに役立ちます。つまり、LyftやKabamのような企業が新規のモバイル顧客を獲得するためにユーザー獲得キャンペーンを実施する場合、Adjust、Singular、Kochava、AppsFlyerのようなモバイル計測パートナーを利用することで、広告のクリックと特定のデバイスへの最終的なアプリのインストールを結びつけることができます。(フルディスクロージャー: 私はSingularのコンサルティングをしています。) これにより、Lyftは広告が効果を発揮したこと、そして広告に使用した広告ネットワークが成功したことを知ることができます。

さらに、そのアプリをインストールした人が最終的にアカウントにサインアップしてライドシェアを利用した場合、Lyftはそのマーケティング努力の結果をどこにどのように帰属させるかを知っていて、それを開始した広告費に結びつけることができます。さらに良いことに、Lyftの観点からは、IDFAを利用してモバイル広告ネットワークに本質的に伝えることができます。私はこのようなユーザーが好きなので、もっと検索してみてください。

そのすべてがiOS 14ではなくなります。

昨日Appleは、ほとんど誰もそれを見つけることができなかった設定アプリの深みからそれを取り出すことによって、IDFAを殺すことなく、IDFAを殺しました - ますます人々はそれを見つけて、それをオフにしていたが - とすべての単一のアプリのためにそれを明示的にオプトインすること。アプリがIDFAを使用したい場合, iOS 14 このような大きな怖いダイアログでモバイルユーザーを提示します.

画像14

アプリやブランドの許可を得て、"他社が所有するアプリやウェブサイトにまたがってあなたを追跡する "ことを許可することに、あなたは "イエス "と言うでしょうか?

どちらも消費者の99%はありません。

これは実際にはアップルの天才的な動きです。マーケティング担当者は本当にIDFA機能を失うことについて動揺することはできません, 技術的にはまだ周りにあるので. Appleは、ブランドや広告主からの大量の非難を受けずに、そのプライバシーの信任状に磨きをかけることができます, なぜなら, 結局のところ, 誰が人々に個人データのより多くの権利を与えることに異議を唱えることができるのでしょうか?

そして、間違いはありません: これは、ユーザーのプライバシーのための素晴らしい動きです。

しかし、これは巨大な業界にとっては大きな問題でもあります。

AppsFlyerは、モバイルアプリのインストール費用を2020年には800億ドル近くになると予測していますが、この予測はCOVID-19がモバイルユーザー獲得スペースで最大の支出者の1つであるゲーム業界のためにモバイルをハイギアに投入する前に行われたものなので、低くなる可能性があります。また、AndroidはiOSの2倍以上のアプリインストール数を占めていますが、App Annieによると、2020年第1四半期のアプリインストール数は225億対90億となっており、プラットフォームごとの支出額ではほぼ逆になっています。

画像15

2020年第1四半期の消費者の消費額は、Androidの83億ドルに対し、iOSは150億ドルに達し、両プラットフォームとも前年比5%増となっています。

つまり、iOSユーザーは、Androidユーザーに比べて、広告主やパブリッシャーにとって2倍近くの価値があるということです。そして、ユーザー獲得に費やす約800億ドルのうち、iOSが不釣り合いな割合を占めていることを意味しています。ここでは数百億ドルの話をしていますが、そのほとんどはFacebookやGoogleが広告エコシステムに投入しています。

今、これらの数十億ドルの大部分が危険にさらされています。

広告主がまだ広告を出す必要がないわけではありません。そして、彼らは完全に停止することはありません。彼らは彼らが効果的に彼らの広告の結果を測定することができると信じていない場合、しかし、それは広告を出すことが難しくなります。

おそらく最も重要なことは、モバイルユーザー獲得のための2大プラットフォームへの支出に影響を与えることです。GoogleとFacebookです。GoogleとFacebookが広告費の収益率で常に上位に位置しているのには理由があります。それは、通常、より多くの人々に関するデータを持っているため、広告ターゲティングについてよりスマートな判断を下すことができ、さらに価値の高いコンテキストで広告を表示する機会が多いからです。

今、彼らはその特権的な位置にいくつかのリスクに直面しています。

Facebookがモバイルブランドのスマートモバイルユーザー獲得を可能にする2つの方法は、アプリイベント最適化(AEO)と価値最適化(VO)です。AEOは、定義された段階ですでにアプリ内にいる顧客と似たような新規ユーザーを探し、VOは、モバイルアプリ内で一定の金額を消費してくれる人を探します。もしAppleが人々がアプリをインストールした後、アプリ内で何をしたかをFacebookに知らせることを拒否した場合、Facebookがこれらのタイプのキャンペーンを実行するのはかなり難しくなるだろう。

例えば、Facebookのモバイルソフトウェア開発キットがアプリのコードにインストールされていれば、Facebookはそれができるかもしれません。FacebookのSDKは、現在80,000以上のiOSアプリにある, マイティシグナルによると, 地球上のトップ200最大のiOSアプリのちょうど半分以上を含む.

Appleがそれにどのように反応するかは誰の推測でもあるが、AppleがFacebookのソーシャルゲームアプリを拒否したことを考えると、すでに少なくとも5回は拒否している, それはおそらく良いことではないだろう。

同様に, Google Adsは、あなたのモバイルアプリのための新しいユーザーを見つけるために設定することができます "tROAS "に基づいて, または広告費のターゲットリターン. 広告が機能していることを知るためには、Googleは、Google Adsを介して取得したユーザーからのインストール後のデータを必要とする。Facebookのように, Googleは多くのモバイルアプリで独自のSDKを持っている - トップ200グロスのiOSアプリの69%, そして合計で11万5千以上のiOSアプリ - ので、それはそのような方法でデータを取得することができるかもしれません.

しかし、再び, これはAppleが幸せになることはありません.

そして, FacebookやGoogleが自社のSDKを多くのアプリに搭載しているからといって、それらのソフトウェアがすべてのアプリに搭載されているわけではありません...そう遠くない将来に来る洗練された現在のレベルでモバイルアプリのために自社のモバイルユーザー獲得サービスを使用するための潜在的な障壁があるのです。

Appleはちょうど完全にパドルなしで小川の上に広告主を残していません, しかしながら. 結局のところ, 同社は、独自の広告ネットワークで毎年億を作る, Apple Search Ads, 完全にiOS App Store上のモバイルユーザー獲得に焦点を当てています.

広告効果を追跡できない広告主は、長く広告主のままではいられない。

そこでAppleは、モバイルアトリビューションのための新しいプライバシーセーフなフレームワーク - どの広告がどのような結果をもたらしたかを特定する科学 - に過去2年間取り組んできました。これはSKAdNetworkと呼ばれ、Appleはそれを更新しました。

画像16

SKAdNetworkは、広告主がどの広告が希望のアクションを起こしたかを知ることができるようにすることを約束していますが、特定のデバイスや特定の人が希望のアクションを起こしたことを明らかにすることはできません。

繰り返しになりますが、あなたはモバイルブランドでユーザーを求めています。今は2020年10月で、iOSユーザーの70%以上がiOS 14を使用しているとします。VungleやAdColony、Chartboost、あるいはFacebookやGoogleなどの広告ネットワークにアクセスして、広告キャンペーンを開始します。彼らは、潜在的な新しいモバイル顧客にあなたの広告を表示し、1つがそれをクリックしてApp Storeからあなたのアプリをダウンロードすると、Apple自身が暗号化された署名された通知を送信する処理を行います - ポストバック - 広告ネットワークに。このポストバックには、ユーザーやデバイス固有の情報は一切含まれないため、マーケティング目的でコンバージョンを検証しますが、新しいアプリユーザーの個人情報が明らかになることはありません。

GoogleとFacebookは今、他の広告ネットワークと同じようになっています:Appleからプライバシー保護の情報を少しでも得るために並んでいます。

ブランドは9月までに、この新しい方法でモバイル広告キャンペーンの結果を測定できるように準備しなければなりません。もちろん、モバイル計測ベンダーも支援を計画しています。

⑦参照URL
https://www.appsflyer.com/blog/wwdc-update-user-privacy-changes/?fbclid=IwAR0_ttQ0Plg27Cj2Lj7VVeUrBQSKSqJKURUn-DSDXHZSbkRT435k0D_eqPk

画像18

AppleはWWDC 2020の開催期間中の6月22日、今年後半のiOS14のリリースに合わせて、プライバシー関連のアップデートをいくつか発表しました。Apple Search Adsパートナーとして、Appleがユーザーフレンドリーでプライバシーを重視したモバイルエコシステムの構築に向けた取り組みを継続していくことを期待していました。今回の発表の具体的な内容はiOS14のベータ版で進化していくと予想していますが、現在の形での発表は、パートナー、顧客、そしてアプリ経済全体にとって意味のある課題を生み出すものと考えています。

AppsFlyerは、プライバシーとユーザーデータの責任あるアプリケーションへのAppleのコミットメントと完全に一致しています。また、特定の識別子がない場合でも、エンドユーザーのプライバシーを第一に考えた正確なアトリビューションソリューションをお客様に提供できるよう、技術的な準備を整えています。

AppsFlyerは、App Storeの創設という業界の大きな変化の結果、2011年に誕生しました。当時、アプリ開発者は測定とアトリビューションの課題に直面しており、ユーザーを理解したり、ユーザーの体験を向上させることができませんでした。アトリビューションは不可能だと多くの人が考えていましたが、私たちは、この問題は、私たちか他の誰かが、何らかの方法で解決しなければならないと感じていました。瞬く間に、アトリビューションと測定はエコシステムの基本的な部分となり、App Store経済全体が繁栄するためのイネーブラーとなりました。時間の経過とともに、プラットフォームや手法の複雑化、業界の大きな変化に伴い、アトリビューションはさらに困難になりました。例えば、UDIDとMACアドレスの非推奨化(どちらもAppleによる重要な動きでした)や数々のプラットフォームの変更により、プライバシーとセキュリティを考慮したアプリ開発者の成長を可能にする測定の抽象化と正確なアトリビューションデータを提供することが求められるようになりました。実際、業界が複雑になればなるほど、AppsFlyer が提供する価値は高まりました。

アトリビューションとは、顧客のライフサイクルに関する洞察を提供することで、エンドユーザーにとっての価値を測定することです。結局のところ、アプリ開発者は、アトリビューションという形でのフィードバックなしで、価値を提供することに成功したかどうかをどうやって知ることができるのでしょうか?測定せずにアプリや体験を改善するにはどうすればいいのでしょうか?アトリビューションはマーケティングの中核をなすものです。正確なアトリビューションがなければ、マーケティング担当者は「スプレーして祈る」ことになり、エンドユーザーの体験は悪化します。

iOS開発者は広告から何百億ドルもの収入を得ていますが、これらは適切な測定を行わなければ消えてしまう危険性があります。そして、この収益の一部は、新製品の改良や開発のためにエコシステムに投資されます。これが私が10年前に惚れ込んだエコシステムであり、今でも完全にコミットしています。

COVID-19で学んだことは、変化をチャンスに変え、イノベーションを起こすことができるということです。最近の変化がもたらす短期的な課題について考える一方で、私は会社として、そしてアプリ経済全体にとって、変化がもたらす機会に興奮しています。その中には、戦略的イノベーションプロジェクトという形ですでに取り組んでいるものもあれば、アプリ開発者がエンドユーザーに対してより多くの価値を生み出すのを支援するために、当社の既存製品を活用するというものもあります。

アトリビューションのグローバルリーダーとして、私たちはお客様とApp Storeエコノミーの両方に関心を持っています。Appleやその他のコミュニティと協力してこれらのソリューションに取り組むことで、アプリ開発者の繁栄と、より良いプライバシーを通じた信頼の構築を支援することに全力を尽くしています。このため、これまで専門家によるディスカッショングループをファシリテートしてきましたが、今後も数日、数週間の間に、業界の皆さんと一緒にディスカッションを続けていく予定です。アプリ開発者やマーケッター、パートナー、代理店、アトリビューション会社、プライバシーの未来とApp Store経済に対する私たちの情熱を共有する世界中のプライバシーエグゼクティブやビジネスリーダーたちです。これらの会話に参加したい方は、こちらからサインアップしてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!次回更新をお待ち下さい^^
484
実務に応用できるマーケティングのナレッジを発信します。 現職ではモバイルマーケティング全般を統括。 アニメ/プロレス/ゲームなどのエンタメマーケティングが主戦場。

こちらでもピックアップされています

マガジン2
マガジン2
  • 1424本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。