野口晃菜

インクルーシブ教育、インクルーシブな社会のための研究と実践を行き来している人。博士(障害科学) noteは発信と日記のために使っています。個人としての発信であり所属する組織とは関係ありません。
    • あたし論
      あたし論
      • 41本

      インクルーシブな社会のための研究・実践をするなかで、考えたことを整理するために書きます。 ※個人の意見であり所属する組織と関係ありません。

    • 視察・学び
      視察・学び
      • 6本
    • 「私のインクルーシブ教育論」(仮)
      「私のインクルーシブ教育論」(仮)
      • 6本

      本の原稿を書いたら公開。

    • 日常のあれこれ
      日常のあれこれ
      • 19本

      日常の中の気づきなど

全ての気付かざるを得ない人たちへ

誰かの尊厳を奪うことや誰かを侮辱したり差別したりハラスメントにつながることを無邪気に無意識にに言ったりやったりしている人がいて、でもそれを見聞きしている人たちも…

無意識にインストールされている「家族至上主義」をアンインストールせよ

「家族なんだから」「親として」「血は争えない」など、聞いたことない人はいないのでは。 「素敵な家族像」や「素敵な親子像」は「たまに喧嘩もするけれど、仲良い友達み…

差別的言動をされたときの反応は自分で選んでいい

これまで差別についていろんな記事を書いてきた。 女性当事者としてジェンダーバイアスに気がついたこと。 特権を自覚していない人へどうアプローチするか。 差別的対応…

自己紹介_ver1

「何している人なの?」とよく聞かれますが、私もよくわからないので、こちらに整理してみようと思います。本当は個人のホームページを作ってそっちに載せたかったのだけど…

わたしの差別や偏見との戦い方

差別的だったりバイアスを助長する言動に違和感を持ったときに声をあげる→伝わらない、むしろ「は?なにこいつ?」的な目でみられる→だんだん違和感抱いてもなにも言わな…

多様性を前提とした社会のために自分の特権を自覚せよ

障害についてもジェンダーについても、いろんな格差についても、学べば学ぶほど、考えれば考えるほど、インクルーシブな社会の遠さに絶望していたのだが、この本を読んで少…