見出し画像

似て非なる、フリーとフリーランス


「愛こそもののプロフェッショナルなれ」

を高校時代に思い知った私は、サッカーに代わる愛情の向ける先を映像にしようと、大学時代に決めていた。

新卒で就職した先は、とあるCM制作会社の企画演出部であった。

大抵の新卒は制作部、つまり撮影の進行管理、もっと言うと現場の弁当の注文などから始めるので、ディレクターを目指す者にとって企画演出部への配属は非常にラッキーなケースである。


それどころか私の名刺には早速、「ディレクター」という肩書きが付いてしまった。昨日まで大学生だった自分が、今日からディレクター。

夢のような肩書きであった。

当時、出始めたばかりのMacbookを片手に、会社やカフェで企画を考え、コンテを描き、映像を編集する毎日。

人から見れば浮ついていると思われるだろう。
そうだ、当時の自分は完全に浮ついていた。
必死に仕事をしているのだが、全く地に足が着かないのである。

当然だ。まだ何者でもないマッチ棒のような自分が、ディレクターというブカブカの服を突然着せられ歩いているのだから。

そのブカブラの服のままでクライアントと打ち合わせをし、コンテを描いては提出し、突き返される。ディレクターという肩書きは与えられているのに、自分は一向に何者にもなれない。何ものにもなれないまま、私はたったの一年で会社を辞めた。

似て非なる、フリーとフリーランス

会社を辞めた私は、フリーになった。
強調しておくが、フリーランスではない。ただのフリーだ。
世間からの需要は全くなく、ただ膨大な時間だけが手元にある。
肩書きも置いてきてしまったので、名乗る職業もない。
Macbookを小脇に抱えた、ただの暇な人だ。

暇ではあるが、「本当に好きなこと」を確かめるために辞めたのだから、やることはいっぱいある。
私は外からは見えない自分だけのアクセルを目一杯踏んで、あらゆることを学び始めた。

まずは過去の名作と呼ばれる映画を片っ端から観た。
お金がないので、当時高かったレンタル料金を節約するため、3時間100円で借りられるレンタルショップを猛ダッシュで往復した。


良かった映画は図書館で脚本を調べ、コピーを取って何が良いのかを分析した。漫画や落語にも手を伸ばし、話の構成のエッセンスを学んだ。
音楽や社会学系の本まで、興味の向くものにはあらゆる物に手を伸ばし、分析して自分の中に取り込むようにした。

この猛烈ぶりは、小中高大の16年間を総合しても追いつけないほどの学習意欲であった。一体今まで何をやっていたのか、と自分に呆れつつも、あっという間に過ぎる一日を無駄にしないよう、側からは完全に無駄と思えることに全ての時間を費やしていた。

そうこうするうちに、あっという間に2年弱の時間が経過していった。


フリーランスになる

フリーな身分を、いつ辞めるのか。
今現在フリーな人たちにとって、この問題は胸を締め付けるものだろう。
私の場合はお金が無くなったから、ではなく、私自身の中から別れのタイミングがやってきた。いきなり、猛烈に働いてみたくなったのである。


これもきっと、子供時代に端を発する「逆転野郎」の性なのだろう。
フリーを満喫してる間に周回遅れとなってしまったマラソンレースを挽回するべく、私は猛ダッシュをかけ始めた。

今度こそ自分でちゃんと、ディレクターという肩書きの名刺を作った
小さな仕事からコツコツとやらせてもらった。
ディレクターがやる仕事じゃないだろう、という類の仕事まで。
だが不思議と全ての仕事が楽しかった


会社員時代はしっかり使えなかったMacbookを駆使して、アニメーションを描いたり、撮影したり、編集したり、ナレーションを入れたり、音楽を作ったりと、映像にまつわることでやってないものはないと言い切れるぐらい、あらゆるオファーを全てやらせてもらった。

自分はこの仕事が向いていると、心から思えた時期である。


ディレクターへの違和感

有難いことに仕事が途切れることもなく、しっかりした演出コンテを提出するような仕事も多くなり、私は乗りに乗っていた。
稼ぎだって、会社員時代よりよっぽどいい。
死ぬほど忙しくはあるが、順風満帆というやつだ。

ところが、仕事をする中で小さな違和感を感じることが多くなってきた
渾身の思いで作った演出コンテが、通らないのである。
商品、クライアントのことを思い、自分のアイディアを目一杯詰め込んだつもりであるが、どう書き直して提出しても、通らない。

どこが悪いのかもわからず、とにかくムキになってがむしゃらに作り続けつつも、胸の中で違和感は大きくなっていく。

そんな違和感がパチンと弾ける日は突然にやってきた。
私は、ただの演出コンテに企画の要素まで書いてしまっていたのである。
そう思い当たった時、私は頭を殴られたような気分に襲われた。

これは青天の霹靂であった。
そうなのか、自分は自分の分をわきまえていなかったのだ。
プロジェクトにしっかり入れてもらえている代わりに、ディレクターという身分を超えて、プランナーの仕事に口出ししてしまっていたのである。

広告業界から遠い人には、プランナーとディレクターの違いなどわからないかもしれないが、両者の間にはびっくりするほどの違いがある。
いや、こう言い直した方がいいだろう。「ひと時代昔のプランナーとディレクターの間には、びっくりするほどの違いがある」と。

プランナーは商流の川上にいるが、映像ディレクターは川下に近い
言われた内容のものをいかに多くの手数で表現できるかだけが、ディレクターには求められるのである。

これに気がついた私の頭は、まるで雲が晴れたようだった。
これで余計なことに悩まず、自分の好きなもの作りだけに専念できる。
大学時代から自分が最も向いていると思ってきた、クラフトマンとして仕事ができるのだと。

しかし一方で、こうも思った。
会社員時代、いやもっと言えば学生時代からいわゆる身分、「DOの肩書き」に押し込められることに違和感を覚えてきた

「お前はこれだけをやっていればいい」と押し込められ、意見することすらできなかった高校時代の屈辱が思い起こされる。

そんな自分が自由を求めてこの職業につき、フリーランスとして胸を張って働いている。
しかしフリーランスのディレクターというのは、会社に所属していない分、かなり狭い分業システムの一部しか担うことができないのだ。

自由であることが、逆に不自由になるという気づき。
これは私の中で日増しに大きな問題意識となっていってしまった。

もっと、観る人や作る人、クライアントなど全ての人が等しく満足できるようなシステムを、自分の手で作れないものだろうか?
みんなが自分を与えられた分業の枠に押し込むことなく、良い物を生み出すために自由に発言でき、それを受け入れてもらえるような場所はないのだろうか?

また自分の殻がきつくなってきてしまった私は、再度の脱皮を試みることにした。
フリーランスという恵まれた状況を辞め、メンバーを集め会社を作ってみることにしたのである。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
映像作家→フリーランスを5年→株式会社SUGOI 設立、今年で10期目 / プロジェクションマッピング、ホログラム etc. 新しい表現の開発やブランディング を仕事に / 経営者かつクリエイターの視点 で愛とアイデアのある発見や体験をコラムを書いていこうと思います。

こちらでもピックアップされています

SUGOIのみんな
SUGOIのみんな
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。